2014年01月26日

メタファー


ふいに,

山のあなたの空遠く

という文句が,泡のように,意識の下層から浮かび上がってきた。

どうも,ある年代以上のひとにとっては,三遊亭歌奴が新作落語『授業中(山のあな)』でネタにしてしまったために,どうも印象がお笑い色になってしまっているが,

山のあなたの空遠く
「幸」住むと人のいふ。
噫,われひとゝ尋(と)めゆきて,
涙さしぐみ,かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
「幸」住むと人のいふ(カール・ブッセ「やまのあなた」上田敏訳)

という詩句は,どうもセンチメンタルな響きと,なんとなく,胸に残るしこりのような重みとがある。原文ではつかみようがないので,英訳を探してみると,

Over the mountains, far to travel,
people say, Happiness dwells.
Alas, and I went in the crowd of the others,
and returned with a tear-stained face.
Over the mountains, far to travel,
people say, Happiness dwells.

こんな感じだ。上田敏の訳が出色なのが,よく分かる。

でもって思い出したのは,

巷に雨の降るごとく
われの心に涙ふる。
かくも心ににじみ入る
この悲しみは何やらん?
(ヴェルレーヌ「巷に雨の降るごとく」)

という一節だ。これは,堀口大學訳。詩のことは門外漢なので,両者のことは知らないが,松岡正剛が,「千夜千冊」で,堀口大學の「月下の一群」について,こんなことを言っているのを見つけた。

これほど一冊の翻訳書が昭和の日本人の感覚を変えるとは,堀口大學自身も想定していなかったろうとおもう。
しかし上田敏の『海潮音』が明治の文芸感覚を一新させていったように,大學の『月下の一群』は昭和の芸術感覚の全般を一新していった。たとえば,こんなふうに。

両者は,言語感覚において,時代の先端にいた,ということなのだ。それは,今も色あせていない。

たとえば,堀口大學の,

秋の日の
ヴィオロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲し。(ポオル・ヴェルレエヌ「落葉」)

あるいは,

わたしの耳は
貝の殻
海の響きを懐かしむ
(ジャン・コクトー「わたしの耳は貝の殻」)

これは,メタファー(隠喩)の効果といっていい。

http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/view26.htm

でも触れたが,隠喩は,あるものを別の“何か”の類似性で喩えて表現するものだが,直喩と異なり,媒介する「ようだ」といった指標をもたない(そこで,直喩の明喩に対して,隠喩を暗喩と呼ぶ)。したがって,対比するAとBは,直喩のように,類比されるだけではなく,対立する二項は,別の全体の関係の中に包括される,と考えられる。

この隠喩は,日本的には,「見立て」(あるいは(~として見なす)と言うことができる。こうすることで,ある意味を別の言葉で表現するという隠喩の構造は,単なる言語の意味表現の技術(レトリック)だけでなく,広くわれわれのモノを見る姿勢として,「ある現実を別の現実を通して見る見方」(ラマニシャイン)とみることができる。

それは,AとBという別々のものの中に対立を包含する別の視点をもつことと見なすことができる。これが,アナロジーをどう使うかのヒントでもある。即ち,何か別のモノ・コトをもってくることは,問題としている対象を“新たな構成”から見る視点を手に入れることになる。

とまあ,固く言えば,こうなる。しかし,これは,視点を喩えたものの側に移せば,たとえ話や逸話,童話,果ては物語へと転じていく。

喩えたことで,別のモノが,別の世界が見えてくる,というと大袈裟か。

四人の僧侶
庭園をそぞろ歩き
ときに黒い布を巻きあげる
棒のカタチ
憎しみもなしに
若い女を叩く
こうもりが叫ぶまで
一人は食事をつくる
一人は罪人を探しにゆく
一人は自瀆
一人は女に殺される(吉岡実{僧侶})

最近の詩は知らないので,記憶に残る詩を例示に。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#吉岡実
#僧侶
#カール・ブッセ
#やまのあなた
#上田敏
#ポオル・ヴェルレエヌ
#落葉
#巷に雨の降るごとく
#ジャン・コクトー
#わたしの耳は貝の殻
posted by Toshi at 07:29| Comment(0) | 表現 | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

絶滅


フレッド・グテル『人類が滅亡する6つのシナリオ』を読む。

正直言って,大変読みにくい。自分で,いくつかの学説を整理して,シミュレーションした世界を,それぞれについて描いてもらった方が,危機感は,イメージしやすい。正確を期すためか,個々の学者の考えをいくつも,フォローしていくために,肝心の危機が,伝わりにくいのが難点。よほど科学の個々の学説の違いに興味ある人以外は,ついていくのが大変だろうと感じる。

人類の滅亡と地球の滅亡とは別なので,本書はあくまで,地球が存続するが,人類が滅亡の危機に瀕するシナリオということになる。

著者は言う。

私は以前,プリンストン大学教授のスティーヴン・バカラに「カナダやアラスカ,シベリアの永久凍土が解け,地中に閉じ込められていたメタンや炭素が大気中に放出されたらどういうことになるか」と尋ねたことがある。彼の答えは「あらゆる種類の怪物が姿を現す」だった。
この本は,その「怪物」について書いた本だ。

切り口は,6つ。

スーパーウイルス
大量絶滅
気候変動
生態系
バイオテロ
コンピュータ(サイバーテロ)

これですべてかどうかはわからない。ただ,いずれも,人類に起因する。一番重要なのは,

気候変動,

と著者は言う。

そして,大量絶滅と気候変動と生態系は,リンクしている。そのキーワードは,

ティッピングポイント,

つまり,ゆっくりと予測可能な変化をしていたシステムが,突如急激な予測外の変化を始める時点のこと。たとえば,

すでに思い荷物を背負ったラクダは,ワラを一歩乗せただけで背骨が折れる,

という,その瞬間のことらしい。そして,その瞬間を過ぎてしまったら,

最早戻す方法は全くない,

というのである。まるで,経営や組織について言われる,湯でカエル現象,

カエルを熱湯に入れるとすぐに飛び出すが,冷たい水にいれて徐々に水温を上げていくと,温度の変化に気づかず,やがて暑い湯の中で死んでいく。緩やかな変化に気づかず,いつしか手遅れなることのたとえ,

そのもののようだ。しかも,地球規模の変化には,何十年,何百年,何千年とかかるはず,というのが常識だとすると,もっと短いという説がある。

恐竜の絶滅などの大きな出来事も,数日や数週間といった,…短い期間で起きていた可能性がある,

と。ティッピングポイントの目安は,氷河である。例えば,

グリーンランドには,もしすべて解けて海に放出されれば海水面を6メートル以上押し上げる,

(南極大陸の氷床がすべて解けると)海水面を約80メートル押し上げる,

と言われる。いまのままのペースで解けていくとすると,300年という。しかし,ティッピングポイントを超えたとすると,もはや取り返しがつかないのである。

24億年前,藻類が放出した大量の酸素によって,当時繁栄していた嫌気性バクテリアが一気に滅びた,

とされる。そして,

酸素濃度の変化自体はゆっくりと進行したのだが,状態移行は急激だったのではないか…。ブレーカーが落ちるのに似ている。酸素が少しずつ増えても,ある時点までは何も変化がないように見えるが,突然スイッチが入ったように様相が激変するのだ。

そのスピードが速すぎれば,変化に対応するいとまがない。いま,そのティッピングポイントに近づいていないという保証はない。では我々はどうすればいいのか。

ティッピングポイントへの到達を未然に察知し,防止できるようにする,

しかない,のである。それにしても,国家にもそれはある。いま,わが国は,その,

ティッピングポイント,

に差し掛かりつつある気がしてならない。これは,自分たちでコントロールできるはずなのだが…!

参考文献;
フレッド・グテル『人類が滅亡する6つのシナリオ』(河出書房新社)

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm


#フレッド・グテル
#人類が滅亡する6つのシナリオ
#ティッピングポイント

posted by Toshi at 05:39| Comment(0) | 書評 | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

未来



未来は出現するものなのか,

未来は到達するものなのか,

という問いがふと出てきた。あるいは,未来は,

ひらめくものなのか,

見えてくるものなのか,

といってもいい。あるいは,

未来は,未来からやってくるものなのか,

未来は,過去からやってくるものなのか,

と言い換えてもいい。あるいは,

未来は,線形か,

未来は,非線形か,

と問い直してもいい。

普通に考えると,

過去の選択がいまを呼び寄せ,

いまの選択が未来を呼び寄せる,

と言えるはずだ。しかし,

人との出会い,

出来事との出会い,

を通して,自分の選択といえなくもないかもしれないが,それによって,ふいに,思ってもいなかった,

未来が出現する,

ということがある。その時,そう感ずることもあるし,後になって思い当ることもある。そこでは,不意に未来が,屹立したイメージだ。あるいは,不意に舞台のホリゾントが破れて,向こうに世界が開けた感じといってもいい。

しかし,普通は,横井小楠が言うように,

人は三段階あると知るべし。天は太古から今日に至るまで不易の一天である。人は天中の一小天で、我より以上の前人、我以後の後人とこの三段の人を合わせて一天の全体をなす。故に我より前人は我前生の天工を享けて我に譲れり。我これを継いで我後人に譲る。後人これを継いでそのまた後人に譲る。前生今生後生の三段あれども皆我天中の子にしてこの三人あって天帝の命を果たすものだ。孔子は堯舜を祖述し、周公などの前聖を継いで、後世のための学を開く。しかしこれを孔子のみにとどめてはならない。人と生まれては、人々皆天に事(つか)える職分である。身形は我一生の仮託、身形は変々生々してこの道は往古以来今日まで一致している,

と,過去を引き継いで,過去の偉人の肩に乗って,

はるかな未来が見えてくる,

という感じではないか。そのとき,未来は,歩一歩,ステップをたどって登っていく先に開けてくる。

しかし,その場合も,未来は,出現の機会を待っている,

と言ってもいいのかもしれない。信仰で言えば,親鸞が,絶対他力で,第十八願,

至心に,心の底から阿弥陀仏を信じて名号を称えれば,必ず浄土へ行ける,

を信じきることで,浄土から光が差す,という。これはね神人によって,未来が出現するもといっていい。

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11414351.html

でも触れたように,清澤満之は,これを,

天命を安んじて人事尽くす,

と言った。それを引き受ける,ことで,未来が出現する。

だから,確かに,未来は,過去の生み出すものでもあるが,しかし,同時に,自分が,

いま,何を引き受けるか,

によって,未来は,そこに道となって開く,とも言える。

清水博さんが,

場は,未来からくる,

と言われたのも,あるいは,自分の姿勢,ありようを,さしている,といっていい。

だから,言い換えなくてはならない,

未来は,出現させる,

ものだと。そのための,覚悟と,意思がいる。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm



#未来
#線形
#非線形
#出現
#横井小楠

posted by Toshi at 06:44| Comment(0) | 生き方 | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

落ち込む



ときどき落ち込む。めげる。

本当に,情けなくて,涙が出る…!

寝入りばなか,目覚めた直後か,ちょっとぼんやりしている時か,緊張感の解けた,一瞬に,自分がくだらない人間に見えてくる。

きっかけは些細なことだ(だけでもないが)。ちょっと行き違いがあった,しくじった,トラぶった,躓いた,ころんだ等々。

そこから,自分のマイナス面が,ふつふつと泡のように吹き上がってくる。

情義に薄い,

浅薄,

狭量

偏屈

上っ調子,

中身が空っぽ,

浮気性,

知ったかぶり,

短気,

癇性,

根性なし,

何かに根を詰めて取り組んだことがないと思い始めると,

道に聴きて塗(みち)に説くは,徳をこれ棄つるなり,

と,孔子の言葉が耳に痛い。

選択理論ではないが,落ち込むという自分の状態を,無意識で自分が選んでいる。思うに,落ち込むことで,たぶんバランスを取っているのだ,と思う。

何とバランスを取っているのだろう。

それ以上に突っ込むと,自分のやばい部分が見えてくるので,気分としての落ち込みのレベルでとどめておくために,

あるいは,

ときどきふんぞり返る自己満足の自分を牽制するために,

あるいは,

落ち込んでいる自分というものがいることに満足するために,

あるいは,

あほやなあ,と思いつつ,自分をあほと思っている自分を,どこかで良しとしている,

あるいは,

…もうないか。

ともかく,落ち込んでいることは事実なのだ。そして,落ち込んでいるとき,自分が情けなく,アホに見えてくる。そういう自分に耐えられず,気分として滅入る。

残念だが,そういう状態に居続けられない。

まあ,いいか,

といつもの能天気が顔を出す。そこでも,一つコトに拘泥出来ぬ,移り気なおのれが顔を出す。いつの間にか,オセロゲームのように,一気に黒が白にひっくり返る。

事態が動いたのではなく,気分が動いただけだ。

かなんなあ,こんな調子で,一生の幕が下りるのは…!

今日はめげっぱなしで,終ろう。

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm


#落ち込む
#めげる


posted by Toshi at 06:28| Comment(0) | 選択理論 | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

原発



内藤克人『日本の原発,どこで間違えたか』を読む。

本書は,1984年刊の『日本エネルギー戦争の現場』その文庫版『原発への警鐘』(1986年)の部分復刻である。

ある意味安全神話という塗装メッキがすでに,30年も前に剥がされていたのである。

序で,著者はこう書く。

巨大複合災害に打たれてそのとき,私たちの社会はなおも「原発122基構想」(2030年時点の達成計画)へ向けて疾駆する途次にあったのである。

安倍政権は,その構想の復活を図っている,と言ってもいい。また中断した構想を継続しようとしている。

一度決定すると,容易に変更できない体質は,戦前と変わっていないと著者は言う。そう,もはや大鑑巨砲時代が終了したのがわかっていたのに,戦艦大和を作り続け,特攻としてしか使い道のないしろものでしかなかった。著者は,戦史研究家の,戦争突入についての,

意思決定が遅く,一度決定すると容易に変更できない。なんとなれば,変更にはまた(決定までと)同じプロセスを必要とするからだ。つまり状況の変化が万人の目に明らかになって,初めて決定を変更する…,

を引用するが,僕はそうは思わない。それは,そうすることで利益を得,得をするものがいる利権構造だからではないのか。万人の目に変化が明らかになっていても,その変化を見ず,再稼働,新規建設に邁進するのは,そういうこととしか思えない。

著者は,冒頭で,三点を指摘する。

第一は,「この国においては,人びとの未来を決める致命的な国家命題に関してさえも,『国民的合意』の形成に努めようとする試みも,政治的意思さえもほとんど見受けられることはなかった。国の存亡にかかわるエネルギー政策が,原発一辺倒に激しく傾斜していった過程をどれだけの国民が認知し同意していたであろうか」。
第二に,これまで原発一極傾斜大政を推し進めてきた原動力のひとつに,あくなき利益追求の経済構造が存在していたことだ。原発は建設は重電から造船,エレクトロニクス,鉄鋼,土木建築,セメント…ありとあらゆる産業にとって大きなビックチャンスであった。
第三に,これは著者の個人的感想にすぎないにしても,…ひとたび原発が立地した地域社会には特有の「暗さ」が感じられたことだ。そうした地域では原発が立地するまでは活発であった賛否の声は消え,地方議会においても反対派はほぼ淘汰の憂き目に逢っていた。地域の住民たちは雇用の機会を得たことの代償に,あるいは迷惑施設料(「電源三法交付金」)など「原発マネーフロー」の僅かな余恵と引き換えに,原発については「黙して語らない」を信条と強いているかのようであった。

原著の序で,著者はこう警告していた。

音もなく,臭いもなく,色もなく,そして何よりも,人の死に関してもたらされるものが“スローデス(緩やかな晩発性の死)”である。十年,二十年かけてゆっくりとやってくる。“見えざる死”にたいして,ひとは無防備で,弱い,

と。それはいま福島で,日々人体実験が行われつつある。

原発の絶対安全神話は,仮定で成り立っている。T65Dと呼ばれる推定値である(1986年に DS86に,2003年新しい線量推定方式としてDS02になっているが)。これは,広島長崎での被爆者の発病率から推定された暫定値だが,その十分の一以下でも人定に影響がある,という説が出ていたが,このT65Dが独り歩きをして権威性を帯びていく。ICRP(国際放射線防護委員会)勧告の年間5レムという数値は,この推定値から割り出されたものだ。これが間違っていれば,すべてが崩れる。いずれにしても,仮説にすぎない。仮説にすぎないものにすがって,安全が神話化されている。

マンクーゾ博士は,闇に葬られた「マンクーゾ報告」で,

原子力発電所で働く作業者の被爆線量は年間,0.1レム以下に抑えるべき,

と。実にICRPの50分の一と指摘していたのだ。彼は言う,

放射線被ばくというのは,時間をかけて徐々に表れてくるものです。(中略)二十年も三十年も結果が出るまで時間がかかるんです。

そしていう。

スローデスを招くんです。死は徐々にゆっくりやってくるんです,

と。そういえば,第五福竜丸に乗っていたマグロはガイガー計数管でも測れるほど高い放射能をもっていたのに,サンプルの海水は低い数値して示さなかった。

自然にある放射能と人口のそれとの違いは,生体内に蓄積されていく,ということなのだ。そして,その体内被曝は物理的には測れない。

つまり結果が異常となって体に現れるまでわからない,ということなのだ。しかも,それは,十年,二十年とかかる。

いま福島,だけではない,日本全体が生体実験の真っ最中なのだ。これだけの危機を,国民的な合意もないまま,招きながら,そして,いま福島第一原発で,正確に何が起きているかもわからないまま,汚染がまき散らし続けられ,再度原発を稼働させようとしている。

これはエネルギー問題ではない。国のあるいは,国民のあり方,将来にかかわる問題なのである,とつくづく思う。

参考文献;
内藤克人『日本の原発,どこで間違えたか』(朝日新聞出版)

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm



#内藤克人
#日本エネルギー戦争の現場
#原発への警鐘
#日本の原発,どこで間違えたか
#T65D
#DS86
#DS02

posted by Toshi at 05:18| Comment(0) | 書評 | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

手紙



考えれば,手紙というのは,そこにわずかでも,手書きの部分があれば,その人柄がしのばれる。宛名や差出人名すら,本文がワープロであっても,わずかな手書きの手筋で,その人の状態や心理が窺える気がする。

ちょっとネットで別のコトを調べていたら,長田弘「すべてきみに宛てた手紙」に,こんな文章があることを知った。

書くというのは,二人称をつくりだす試みです。書くことは,そこにいない人にむかって書くという行為です。文字をつかって書くことは,目の前にいない人を,じぶんにとって無くてはならぬ存在に変えてゆくことです,

と。しかし考えれば,書くという行為は,書いた瞬間に,自分にとっても情報として入ってくる。その時,暗黙のうちに,自分は読み手となり,無意識で読み手となっている誰かを想定しているところがある。

かつて,日記を何十年も書いていた時,頭の中で思っているだけと,それを文章にして紡ぎ出したものとは,微妙な齟齬があった。描いた瞬間に,書きながら,書き手自身がそれを読み,暗黙のうちに,前後の辻褄を合わせようとしている。それが虚実皮膜のはじまりである,と思ったものだ。

そのとき,ただきちんと書こうとしているというだけではない意識が働いていた気がしないでもない。

思い出すと,日記でも,メモでも,それが込み入ったことであればあるほど,その経緯がわかるように書こうとしているところがあった。もともと書くということは,思いや意識を整理しようという意志が働いているせいもあるが,なんとなく後から読んでもわかるように,という意識が働いている。

そのとき,無意識で,対象として,

誰か読者を想定している,

というのと,

いまひとつ,

自分自身を読み手として想定している,

というのがあるような気がする。

誰が,と特定できるわけではないが,いまでも覚えているが,自分が死後,誰かがそれを読んだとしたら,ということが,ちらりと頭をよぎった気がする。そう考えて,描写に抑制が働いたのと,きちんと書こうとする志向が働いたのを覚えている。

もうひとつは,書きながら,思い描いていたのは,後から自分が読むということだ。すごく極端な言い方をすると,その自分は,それを考えていたちょっと後の自分であるのではないか。それを目にする自分にとっては,すでに,過去の自分なのである。その過去と瞬間のいまの自分との対話,といってもいい。

考えてみたら,書いた瞬間,思っていた自分とはタイムラグがある。その前の想いと,書かれたものとの間の微妙な齟齬は,そこにもある。

そのキャッチボールが,文章を文章として独立させ,頭の中のもやもやしていた思いが,整理された面がある半面,少しずつずれていく,という感覚がある。

もちろん長田弘の言っているのは,上述の後段で,

いずれも,目の前にいない「きみ」に宛てた言葉として書かれました。手紙というかたちがそなえる親しみをもった言葉のあり方を,あらためて「きみ」とわたしのあいだにとりもどしたいというのがその動機でした。これらの言葉の宛て先である「きみ」が,あなたであればうれしいと思います。

と,本当の読者を想定しているのではあるが,書いているときに,暗黙に,誰かが想定されなければ,書き出しの動機にはならないのかもしれない。

とすると,手紙は,すでに,その相手に向かって,直線的に,暗黙のリンクをつなげようとする意志そのものといってもいい。

それがラブレターでも年賀状でも儀礼的な礼状でも,結果として,思いの多寡はあるにしても,その思いのワイヤー(レスも含め)をつなげることだ。

その意味で,メールよりもちろんだが,電話よりも,太い意思に思える。

なぜなら,ただ印刷されたものであっても,宛名が書かれた瞬間には,それがつながるのであり,ましてそこにわずか一行が手書きで書き加えられれば,それはもっと強い。

なんとなく,ふとそんなことを思っているうちに,

あゝおとうとよ,君を泣く
君死にたまふことなかれ
末に生まれし君なれば
親のなさけはまさりしも
親は刃をにぎらせて
人を殺せとをしへしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや

という与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」を思い出した。これもまた直接的なものだが,しかし,すべての作品は,手紙以上に読み手を意識しているはずだ。それが,特定の誰かであるほど,その作品の持つメッセージ性が強くはなるにはちがいないにしても。

上記の長田弘の文章がもうひとつ。

ひとの人生は,やめたこと,やめざるをえなかったこと,やめなければならなかったこと,わすれてしまったことでできています。わたしはついでに,やめたこと,わすれたことを後悔するということも,やめてしまいました。煙草は,二十五年喫みつづけて,やめた。結局,やめなかったことが,わたしの人生の仕事になりました。―読むこと。聴くこと。そして,書くこと。物事のはじまりは,いつでも瓦礫のなかにあります。やめたこと,やめざるえをえなかったこと,やめなければならなかったこと,わすれてしまっとことの,そのあとに,それでもそこに,なおのこるもののなかに。

これは,誰に向けたものなのか,僕には,自分自身に向けたメッセージに思えてならない。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#長田弘
#すべてきみに宛てた手紙
#与謝野晶子
#君死にたまふことなかれ
#虚実皮膜
posted by Toshi at 04:57| Comment(2) | 表現 | 更新情報をチェックする