2014年05月17日

捌く


てきぱきと手際よく物事を捌く,というのは,傍から見ていて気持ちがいい。手際とは,要するに,

もの事を処理する腕前,

ということになる。手際とは,

手+キワ(処理を極める)

だから,手並み,腕前となる。

捌くは,

サ+分く

で,入り組んだ物事をきちんと処理する意味である。だから,捌くの意味は,

①入り乱れたりからんだりしているものを解きほぐす
②鳥・魚などを切り分ける。解体する
③扱いにくいものをうまく扱う。また,道具などを使いこなす
④錯綜した物事を手際よく処理する
⑤物事を解き明かす
⑥商品を売りこなす
⑦目立つように振る舞う
⑧ふるまう,おこなう
⑨理非を裁断する

と多様に,ものごとを処理する意味がある。

確かに,捌くには,前捌き,売り捌く,荷捌き,手捌き,太刀捌き,といった腕前に絡むことがおおい。では,

こなす(熟す),

のとどう違うのか。

こなすは,

コ(小・細)+なす(為す)

で,細かく砕くが本義。それから,消化のこなれるにもつながる。意味的には,

①食べた物を消化する
②かたまっているものを細かく砕く
③技術などを習って、それを思うままに使う。また、身につけた技術でうまく扱う
④与えられた仕事などをうまく処理する
⑤売りさばく
⑥見下げる。けなす
⑦動詞の連用形に付いて、自分の思いのままにする意を表す。うまく…する。完全に…する

等々。使いこなす,乗りこなす,読みこなす等々。こなすだと分かりにくいが,

こなれる,

だと,状態を示して,

細かくなる,砕けて粉になる,
熟して味がよくなる
物事に馴れる。世情につうじて角が取れる,
巧みになる

等々とよりはっきりしてくる。捌くは,動作面で見ており,こなすは,主体側で見る,つまり,捌くは,仕事や物事側,こなすは,スキル側とみれば,なんとなく,区別がつく。なんとなく,こなすには,小手先という感じがしてしまう。気のせいか。

しかし,こなすには,どこか,

やってのける
やり終える
まっとうする
やり遂げる
まっとうする

というニュアンスが付きまとう。やっとこさっとこ,必死でやり繰りしたというような。因みに,やり繰りは,

遣り+繰り

で,不十分なものを,あれこれ算段する工夫をさす。そんなニュアンスがある。

しかし,捌くには,

つかいこなす

というか,どこか軽やかな,

手綱捌き
太刀捌き
鑓捌き
前捌き
腕捌き
手捌き
足捌き

等々と,颯爽感がある気がするのは,思い過ごしだろうか。

身のこなし

身の捌き

と比較すると,こなしの方が軽く,捌きが重厚な気がする。しかし,

捌けた(人),

こなれた(人),

と,状態で表現すると,結局あまり差が無くなってしまうように見える。けれども,ニュアンス差はいくらか残り,

こなれた

というと,やっぱりスキルチックな軽さがある気がするのは,ぼくだけか。

こなれた人,

と言われるよりは,

捌けた人,

と呼ばれた方が,人としては,上に感じてしまう。錯覚かもしれないが,捌きに長けたものの方が,こなしに長けたものよりも,人としての重みが違うような…。

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 04:37| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする