2014年06月04日

遊び


遊びという言葉がふいに浮かび,『梁塵秘抄』の有名な,

遊びをせんとや生れけむ,戯れせんとや生れけん,遊ぶ子供の声きけば,我が身さえこそ動がるれ

が続いて浮き上がってきた。しかし,遊び,というのは,

遊び,遊興,なぐさみ,

の他に,

仕事や勉強の合間,

気持ちのゆとり,余裕,

機械の部品と部品の余裕,

といった意味がある。では,「遊」という字はどうか,というと,上記と重なるが,それ以外に,

楽しむ(遊学,遊山),

自説を説きまわる(遊説),

まじわり,よしみ(交遊),

ひまびと,常業なきもの(遊食,遊民),

一定の所属なきもの(遊軍,遊魂),

というのがある。日常や,定形,ルーティンから外れている,という意味がちょっと面白い。もともと遊びは,自分の文脈から切れる,

時間,

場所,

人,

を指しているように思える。

遊子,

遊侠,

遊女,

遊里,

はそんなイメージで,まさに,日常から,

遊離,

することを言っている。その,

解き放たれた,

感覚がないと,埋没して,モノが見えないからに違いない。

非日常,

とはそんな感覚なのではないか。別の言い方をすると,ハレかもしれないが,それでは,裃が付きすぎる。

祭り

が近い。まつり,には,それ以外に,

祀り,

祠り,

があるが,ともに,定まったまつりで,祭は,

いつに限らずものを供えてまつる,

とある。まあ,ちょっとその気になったらまつる,というのは,いっとき,日常から離れる。ちょっと飛躍か? 

ただ,仕事でも生活でも,ルーティン化することで,流せる。しかしそのまま流されず,そこから抜けて出る自分がいる。その違った自分の目で,改めて日常を見る。それを余裕というなら,そのことで,日常の自分の仕事や人との距離感が見える。

間合,

と呼んでいい。それが,

遊び,

なのではないか。遊びのない,密着した,というかがちがちのハンドルでは,操作しづらいに決まっている。生き方も,そういうのりしろが不可欠なのだと,つくづく思う。

子曰く,これを知る者はこれを好む者に如かず,これを好む者はこれを楽しむ者に如かず,

その通りだが…,なかなか。

参考文献;
貝塚茂樹訳注『論語』(中公文庫)



今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:55| Comment(0) | 生き方 | 更新情報をチェックする