2014年06月19日

どつぼ


どつぼ,

土壺ともかく。これについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163587.html

で触れたが,どつぼは,

深く落ち込んだ状態や最悪な状況を意味し,そういった状況になるという意味の「どつぼに嵌まる(はまる)」といった形で使われることが多い。どつぼはもともと関西エリアで肥溜め(肥溜めは野にあることから野壷ともいい,それが音的に崩れたものか?)のことをいうが,一般には1970年代末辺りからよく使われるようになる,

と説明される。僕のイメージでは,探し物をしている状態がそれに近い。

あったはず,というかあると思ったところになかったりすると,あとは,どこにあるかわからない。外で忘れたり落とした感覚はなく,間違いなく部屋の中にあるはずなのに,どこを探しても見つからない。だから,一度探した鞄を,再度洗いざらい探す羽目になる。そういうときは,同じところを,何度も何度も探す。要は,

堂々巡りに陥っている,

のである。それが,である。探し物だけではないかもしれないが,諦めて,出かけて帰宅すると,見たはずの所を少しずれて,あっけなく見つかったりする。死角があるらしい,というか,視野狭窄に陥っているので,そこが,

見ていても見えていない,

ということが起きる。陥っている状態から言えば,

どつぼ,

だが,ものを見る側からというと,

視野狭窄,

あるいは,

トンネルビジョン,

といっていい。どん底,切羽詰る,という心理状態に陥っているが,それは,視野狭窄に陥っているせいだと言い換えてもいい。

窮すれば即ち変じ,変ずれば即ち通ず,

とも言う。逆に言えば,変じさせればいい,ということになる。それは,ものの見方が一番手っ取り早い。

前にも書いたが,トンネルビジョンに陥っているとき,視野狭窄の自分には気づけない。自分がトンネルに入り込んでいること自体を気づかない。それに気づけるのは,その自分を別の視点から,見ることができたときだ。そのために一番いい方法は,あえて,距離を取ることだ。それには,

時間的な距離化



空間的な距離化

の二つがある。その場から離れるか,時間を置くか,だが,それを意識的にするには,

立ち止まる,

ことだと思う。探し物の例で言うなら,いったん探し続ける動作をやめる(なんか,すぐ見つかりそうなときほど,やめられないが)。そうすると,選択肢が生まれる。

このまま続けるか,

ここでいったん止めるか,

思案し続けるか,

等々。発想とは,

選択肢を生み出せること

というなら,選択肢が出たことで,自分に距離を置ける。自分に距離が置けると,存外,すぐに見つかることとが多い。

捜し続けている自分の嵌ってしまった状態,

をどつぼといっても言い。とすれば,その自分の状態,あるいは自分の心理,自分の感情に距離を置いて,

おいおい,嵌ってるぜ,

という余裕が出れば,距離が持てたのと似ている。

見方を変えることは,見え方を変える方が手っ取り早い。

見え方を変えるとは,見る位置の移動である。

大きくなるとは見る位置を近づけること,小さくなるとは遠ざけること,逆にするとはひっくり返すことだ。位置を動かせるわれわれの想像力を駆使して,見えているものを変えてみることで,見え方を変える。見え方を変えることで,いままでの自分の見方が動くはずである。

しかしそれをするためには,対象を見ている自分の位置にいる限り,それに気づきにくい。それが可能になるのは,見ている自分を見ることによってである。

つまり,見る自分を突き放して,ものと自分に固着した視点を相対化することだ。そうしなければ,他の視点があることには気づきにくい。

メタ化

である。メタ・ポジションをとる。

自分自身を含め,自分の見方,考え方,感じ方,経験,知識・スキル等々を対象化することだ。それは,

「みる」をみる

ことだ。「みる」を意識しない限り,何をみているかはわかるが,どう「み(てい)る」か,どこから「み(てい)る」か,みる自分自身は気づけないからだ。

そのためには,いったん立ち止まって,自分を,自分の位置を,自分のしていることを,自分のやり方を振り返らなくてはならない。

たとえば,言葉にする,言語化する,図解する,というのもその方法のひとつになる。

おれはどつぼにはまっている,

という独り言でもいい。

それをするためには,対象化する必要があるからだ。つまり,象徴的な言い方をすれば,

「みる」をみる,

ということになる。

さて,おのれは,いまどういう状態にあるのか,

まあ,立ち止まってみるか。しかし,ずっと立ち止まっていないか?そろそろ動いた方がいい。思案しても,事態は変わらない。。。。。



今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:48| Comment(0) | 発想 | 更新情報をチェックする