2014年07月24日

仕事




という字を調べていて,

侍ろう

から来ており,その連用形,

サブラヒ→サムライ

と音韻変化した,という。高位の人,目上の人の,側近くに仕える人を言う。後,北面の武士ではないが,

武士

を指すようになった,という。つまりは,ただ役割を指しているにすぎない。



は,成人男子を指すが,周代だと,

諸侯―大夫―士

の三層に分かれたし,春秋・戦国時代以降は,

広く,学問や知識によって,身を立てる人

を指す。論語で言う,

士は以て弘毅ならざるべからず。任重くして道遠し。仁以て己が任となす。亦重からずや。死して後己む。亦遠からずや

という,あの士である。

この士の字を,中国語源では,

仕事をする場所の目印

とある。つまり,

一(目印)+|(杭)+一(地面)

と分解できるという。そして,事は,

旗を立てる,立つ

と同系,仕とも同系とある。

では,ついでに,

侍という字は,というと,

貴人のそばで仕事をする人,またその仕事

で,

人+寺(仕事)

と分解できる。ついでに,仕事の「事」はどうかというと,

つかえる,

という意味だが,この字は,

計算に用いる竹のくじ+手

で,役人が,竹棒を筒の中に立てるさまを示し,

そこから転じて,所定の仕事や役目の意になったという。

では,「仕」は,というと,同じく,

つかえる

という意味だが,

真っ直ぐに立つ男(身分の高い人の側にまっすぐ立つ侍従)のこと,

という。

事君(君につかふ)と仕君(君につかふ)とは同じこと,

とある。

仕事という言葉自体は,語源的には,

シ(為る)+事

で,すること,しなければならないこと,の意。平安期では用例がなく,中世になって初めて現れる言葉らしい。明治期以降,物理用語として訳されて,

物体が外力で移動する

意らしい。

「侍」は結局のところ,始源的には,その立っている位置というか,立場を示しているだけに過ぎず,大事なのは,どういう「事」に仕えるか,ではないか。

事とは,旗である。旗とは,

「旗」の字のつくりの「其」を除いた部分(風になびくハタの意)+其(合図)

の意味という。旗幟鮮明の「旗」である。「はた」には,

旛(旗幅の下に垂れ下がるしるしばた),旂(鈴のある旗),旃(曲り柄の旗),旆(種々の色の帛でつくった旗),旄(毛で造った旗飾り),旌(あざやかな色の鳥の羽をつけた旗印),旐(亀谷蛇を描いた旗),旒(はたあし,旌旗の垂れ下がるもの),旟(隼を描いた旗)。

等々があるが,なぜ「旗」が,ハタの総称かというと,

龍虎を描く大将の立てるもの

だからである。

自分の旗を立てる,あるいは,仕事に旗を立てる,ということについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163010.html

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163049.html

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163175.html

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163553.html

等々で何度も書いたが,自分の旗を立てるとは,自分が何を仕事にしているか,あるいは,自分は何をするためにここにいるか,を明示するということに通じる,と改めて感じた次第…とは,我田引水が過ぎたか。

しかし,所詮,士とは,役割にしか過ぎない。大事なのは,

死してのち已む

という志というか,心映えがあるかどうかということなのではないか。それが,

事に当たる

の「事」であり,事は,すなわち,

おのれの旗

である。結局,その旗に,仕えることを,

仕事

という。旗なきを,

労働を

何と言うのだろうか。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)



今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
ラベル:仕事
posted by Toshi at 05:08| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする