2014年07月26日


「笑」の古語は,「咲」だという。

『古事記』の天の岩屋戸神話で,

八百万神共に咲ひき,

と,八百万神がアメノウズメの命の踊りに,共に笑ったという表現で使われているのは,

笑う

ではなく,

咲う

である,という。「咲」は,「笑」の古語という。

まずは,「笑う」の語源は,

ワラ(割・破る)+ふ(継続)

である。

顔の表情が割れ,それの継続・反復する状態を言う,

とある。つまり,顔の表情が割れ続ける,を指す。

では,漢字の「笑」は,と言うと,

口をすぼめて,ほほとわらう,から転じて,口を広げてわらう

とある。「笑」は,

竹+夭

と分解できるが,「夭」は,

細くしなやかな人

の意で,「笑」は,「竹+夭(ほそい)」で,もともと細い竹のこと。正字は,

口+笑

とも言う。だから,

口をすぼめてほほとわらうこと,

だったらしい。それを誤って,



と書いた,と言う。では,「咲」はと言うと,

口をすぼめてわらう

という意で,「笑」から転用されたが,日本では,

鳥鳴き花咲ふ

という慣用句から,

花がさく

意に,転用されるに至ったという。

「笑」以外には,

嗤 歯をむき出してあざわらう

哂 息を漏らして失笑する

噱 大笑い

に対して,「笑」は,

喜んで顔を解き,歯を啓く,の意となる。

しかし,



より,



の方が,笑いによってその場が変ずる様子がよく出ているように思う。さすがに,象形文字である。

表情が一変する,

というのもまた,

咲ふ

のほうがよく表現できる。文字の向こうに景色が見える。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:10| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする