2017年12月08日

すかたん


「すかたん」は,

すことん,
すかまた,

とも言うらしいが,「すこたん」は,人をののしる,あるいは揶揄する含意があるが,『広辞苑』には,

あてのはずれること,だまされること,また,まちがい,見当違いのことをした人をののしって言うのにも用いる,

とある。しかし

当て外れ→だまされること→間違い,

間では意味の外延がつながるが,その状態表現と,

見当違いのことをした人をののしって言うのにも用いる,

という価値表現への転化とは,少し乖離があるように感じる。

実は,「すか」だけで,『広辞苑』には,

あてがはずれる,見当違い,へま,すかまた,

という意味が載るので,「すかたん」の「たん」は「すか」に付けた接尾語とみえる。

『大言海』には,「すかたん」の項に,

「賺(すか)されたる意」

とあり,

くひちがふこと,欺くこと,待ちぼうけること,すかを喰はすこと(だしぬく),

とある。「食い違い」が原意に見える。つまり,「食い違い」が思惑の違いなら,「当て外れ」になるし,意図的なら,「だまされる」となる。さらに,何らかの基準に外れるなら,「間違い」になる。それを人に当てはめれば,「当て外れ」は期待外れ,になり,「へま」「すか」にも転ずる。この「すか」は,はずれくじやはずれ馬券などに使う「すか」でもある。それを人に当てはめれば,罵りに転ずるはずである。しかし,どこか,罵倒にはならないのは,天に唾するようなもので,期待した自分に返ってくるからである。

そして,『大言海』は,『名言通』を引く。

「鶍〔いすか〕,(鳥名)行過ぐるなり,行過ぐるは,その嘴の上下,嚙(く)ひ差ふを云ふ。俗,スコタンなど云ふ。スコも同じ。スコタン或は,スカタンとも云ふ。又,スヤスとも,ソヤスと云ふ。皆,轉なり」

「賺す」とは,

だましいざなう,おだてあげる,機嫌を取る,

という意で,「なだめすかす」という言い方をする。『大言海』は,

「他の用心に,透(すき)あらしむる意か」

とあり,

他の心に,隙を生ぜしむ,

とある。『岩波古語辞典』には,

「好きと同根。気持ちが傾くようにさせる意」

とある。おだてるのも,なおだてるのも,機嫌を取るのも,まさに「心に隙を生じさせる」とは言い得て妙である。「賺す」は,「透かす」とつながる。「透かす」は,「透く」の他動詞で,『大言海』には,

透くようになす,まびく,透す,

と載るが,『広辞苑』は,

透かす,
空かす,

と当てて,

すきまをこしらえる,
物を通して,その向こうを見る,
減らす,

の意味が載る。どうやらこの「すかす」は,「すかすか」という擬態語ともつながるのではないか。『擬音語・擬態語辞典』には,「すかすか」について,空間的な隙間を指すが,室町末期の『日葡辞典』に,「矢で的を射損なう様」の意が載り,今日の「すか」の意味のはしりと見られる。「すかたん」の意味の奥行は,どうやら,ここまで行くようだ。

「すかたん」は,『岩波古語辞典』にも載り,

当てのはずれること,また失敗すること,

とあり,江戸時代からの用例が載る。『江戸語大辞典』には,

「(たんは接尾語)すか②に同じ」

とある。「すか」の項には,

「(動詞『すかす』の語幹)①すきま,②あてはずれ,肩空かし」

と載る。『日本語源広辞典』は,「すかたん」について,

「スカ(透かすの語幹)+タン(人)」

とするが,『日本語俗語辞典』

http://zokugo-dict.com/13su/sukatan.htm

に,「江戸時代~」として,こう説明が載るのは,妥当だろう。

「すかたんとは古く江戸時代から使われる言葉で、当てが外れること、騙されること、間違いや見当違いを意味する。また、間違いや見当違い、間抜けなことをした人を罵る言葉としても使われる。ちなみにすかたんのスカは透かす、スカを食うのスカで、これだけでも基本的意味は同じだが、人を罵る際は語調を整えたり、語感を荒くする接尾語『タン』を付けた形が使われる。」

今日では,

https://www.x-memory.jp/glossary/every/evr204.html

の言うように,

「日常的には、『すかたんを食わされる』や『このすかたんが』、『スカタン野郎』、『めっちゃすかたん』というように使われます。」

という状態である。

なお,接尾語「たん」については,

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%82%93_(%E6%8E%A5%E5%B0%BE%E8%AA%9E)

に詳しい。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
山口仲美編『擬音語・擬態語辞典』(講談社学術文庫)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm

posted by Toshi at 05:22| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする