2018年02月26日

げに


「げに」は,

実に,

とあてる。

まことに,いかにもそのように,
現実に,実際に,

という意味である。前者の意味なら,

実(じつ)に,

というのと同じだし,後者の意味なら,

現(げん)に,

というのと変わらない。『広辞苑』には載らないが,『デジタル大辞泉』は,

「『げん(現)に』の音変化という」

とする。その説明がわかりやすい。

1 ある事柄に対する自分の評価・判断を肯定して、さらに強調する気持ちを表す。本当に。実に。全く。
2 他人の評価・判断に接して、納得し、賛同する気持ちを表す。なるほど。いかにも。

「むべ」の項,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/457150199.html?1519504865

で触れたように,『岩波古語辞典』は,「うべ」の項では,

「ウは承諾の意のウに同じ。ベはアヘ(合)の転か。承知する意。事情を受け入れ,納得・肯定する意。類義語ゲニは,諸説の真実性を現実に照らして認める意。」

とある。「むべ(うべ)」は,個人としての同意を表現しているのに対して,「げに」には,その現実性と,実際度を同意している,という含意の差ということになる。

http://manapedia.jp/text/4121

は,その意味を,

意味1 (他人の言葉や前述の内容をうけて) なるほど、いかにも。
[出典]:枕草子 清少納言
「あはれなることなど、人のいひ出で、うち泣きなどするに、げにいとあはれなりなど聞きながら、涙のつと出で来ぬ、いとはしたなし。」

意味2(ある事象を現実だと認めて) 本当に。
[出典]:発心集
「このこと、げにとおぼえず。」

意味3(文意を強調して) 実に、まったく。

[出典]:源氏物語 紫式部
「...いと恥づかしうなむ」とて、げにえ堪ふまじく泣いたまふ。 」

と,整理しているのが,わかりやすい。

さて,語源であるが,やはり,『岩波古語辞典』も『大言海』も,

「現にの転」
「現にの約」

としている。『大言海』は,さらに,

「見参(げんざん),げざん。菊の宴,きくのえ」

と,「ん」を約める用例を挙げる。『日本語源広辞典』も,

「『ゲン(現)に』から,nが脱落した語」

としている。『日本語源大辞典』も,

ゲン(現)ニの約(名語記・和句解・雅言集覧・大言海),
「顕」の字音からか(和訓栞),
ヨゲ(善気)ニ,アリゲ(有気)ニなどの上略のゲ(気)が独立した語か(国語の語根とその分類=大島正健),

と載せる。ゲ(気)説は,用例での「げに」とは意味が少し違いすぎる気がする。

で,「現に」が語源として,「現に」はどこから来たのか。「現に」は,

まのあたりに,実際に,

という意味だが,それなら,和語で言うなら「うつつ」のはずである。「げん」と訓むのは,漢字「現」から来ているということになる。『日本語源広辞典』は,「げん(現)」は,

「中国語の『王(玉)+見(あらわれる)』が語源」

とする。「現」は,『広辞苑』に,

あらわれること,姿・形・内容をあらわすこと,
(仏)現世または現在の略,
今この世にあること,まのあたりにしていること,実際にあること,

と意味が載る。「現」の字は,

「『玉+音符見』で,玉が見えることを示す。見は『みる』『みえる』を意味したが,特に『みえる』の意味を表すため,現の字がつくられた」

とある。

あらわれる,今まで見えなかったものがみえるようになる(古典では見で代用する),
(ゲンニ)副詞,実際に形をとって,目に見えて,
今の,現在の,
「現在」とは,そこに見えて存在することから,転じていまの意,

という意味は,上記『広辞苑』の「現」の意味と重なる。とすると,

げに,

は,中国由来の「現に」から来たのだとして,なぜ,「げに」に,

現に,

を当てず,

実に,

と当てたのだろうか。考えられるのは,

げんに→げに,

と転訛した後,その意味から「実」を当てはめたのではないか。「現に」は,

いま目の前に明らかになっている,

という意味なのに,「げに」は,必ずしも「現実」というよりは,主観的に「もっとも」と言っているに過ぎない意味に変化している。「實(実)」の字は,

「『宀(屋根)+周(一杯)+貝(たから)』で,家の中に財宝をいっぱい満たす意を示す。中身がいっぱいで,欠け目がないこと。また,真(眞)(中身が詰まる)は,その語尾がnに転じたことば」

で,

まことに,
ほんとうに,

の意味で使われる。「げんに→げに」と意味が主観的な返事へと変ったところでは,「実」は適切な当て字なのかもしれない。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1

スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8

ラベル:げに 実に 現に
posted by Toshi at 05:00| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする