2018年05月18日

ほとり


「ほとり」は,

辺,
畔,

と当てる。しかし,「辺」は,

あたり,

とも訓ませる。「あたり」と「ほとり」の違いが気になった。「邊(辺)」の字は,

「邊の右側の字(臱 ヘン・メン)は,『自(鼻)+両側にわかれる印+方(両側に張り出る)』の会意文字で,鼻の両わきに出た鼻ぶたのはしを表す。邊はそれを音符とし,辶(歩く)を加えた字で,いきづまる果てまで歩いて行ったその端を表す。辺は宋・元の頃以来の略字。」

とある。「辺」の含意は,果て,らしい。

「ほとり」は,『広辞苑』によれば,

ほど近い所,
水際,岸,
都から遠く離れた所,かたいなか,

とある。この意味の幅はかなり主観的だ。『岩波古語辞典』は「ほとり」の項で,

「ホトはハタ(端)の母音交替形。リは方向をいう接尾語」

とある。「はた(端)」は,

「内側に物・水などを入れてたたえているものの外側。へり」

とある。「ほとり」意味は,

涯,辺際,
境目の所,
そばにいる人,
縁故あるもののはしくれ,

とある。後者二つは,「はて」「際」からのメタファと見ると,

何かの端,

を指している,と見ることができる。ある場合は,「水辺」のように,

水の端,

であり,ある場合は,「都の涯」というように,

片田舎,

になる。あくまで,その人にとっての境界域の縁,ということになる。『大言海』には,

「端(はた)と通じるか」

として,

程近き処,
あたり,
そば,

という意味しか載せない。では,「あたり」はどうか。『広辞苑』には,

基準または着目する物に近い範囲,
およその目安をあげて所・時・数量,時には事物を示す語,

とある。『岩波古語辞典』には,

「動詞アタリ(当)と同根。見当をつけた場所の意。上代には,自分の家,妻の家などを遠くから見当をつけていう場合に多く使う。平安時代には,人を婉曲に指すのにも使う。類義語ヘ(辺)は,はずれた所,はしの所の意。ホトリは山や水のそばをいい,ワタリは『六条わたり』など,地名を承けて漠然と広い地域を言う」

とある。『大言海』も,

「其処に当たりの義。当所の義」

とある。どうやら,主体にとって,自分の家のように明確な一ヵ所を,外から「あたり」というのに対して,「ほとり」は,逆に内(主体)から外に向かって,何かを指す,という感じのようである。「あたり」は点なのに対して,「ほとり」は面を指している,という含意もある。『日本語源大辞典』が,

「『あたり』が,基準となる場所も含めて付近一帯を指すのに対して,『ほとり』は,基準になるもののはずれ,ないし,その近辺を指している。」

とするのも,近い語感である。これは,「あたり」の語源と関わっていると思う。

『日本語源広辞典』は,「あたり」は,

「空間的な『当り』です。おおよその目あてとする場所」

とし,『日本語源大辞典』も,

アタリ(当)と同根(小学館古語大辞典・岩波古語辞典),
ソコ(其処)ニ-アタリ(当)の意。当所の意(花鳥余情・和訓栞・大言海),

と,当該の目標がはっきりしている含意が強い。『日本語源大辞典』に,

「平安時代までは『わたり』とほぼ同じ意味に使われている」

とするが,「六条わたり」と地名につく,という意味で,目標ポイントが狭く限定されていることをよく示す。

それに対して,「ほとり」は,『日本語源広辞典』は,

「ホト(ハタ・端・辺・傍・側)+リ(接尾語)」

とし,『日本語源大辞典』は,

ホトはハタ(端)の転か(国語の語根とその分類=大島正健),
ホカトホリ(外通)の義(名言通),
ヘワタリの略転(松屋筆記),

と,主体から距離を示している感じが強い。逆に言うと,「ほとり」は客観的な縁ではなく,あくまで主観的な縁感覚ということだが。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)


ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:ほとり
posted by Toshi at 05:05| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする