2018年09月21日

まく(負く)


「巻く」と当てる「まく」は,関連する,

巻く,
捲く,

と,

枕く,
婚く,
纏く,

は,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/461755507.html?1537386881

で触れた,「まく」に当てる,

播く,
撒く,
蒔く,

と, その他由来を異にする,

負く,
任く,
罷く,
設く,

について,続けてみたい。

播く,撒く,蒔く,と当てる「まく」は,『岩波古語辞典』に,

投げて一様に散らばらせる,

意とある。振りまく,種をまく,といった意味になる。『日本語源広辞典』の,

「マク(粉,粒を丸く散らし落す)」

では,なにやら同語反復のきらいがある。『日本語源大辞典』は,

マアク(間明)の義(名言通),
マク(間配)の義(言元梯),
マクバルの義(和句解),
バラバラという音からか。マとバは通音(国語の語根とその分類=大島正健),
マは廻囲の義(国語本義),
マヰクの義か(和句解),
マはモリ(漏)の語幹モの転か(日本古語大辞典=松岡静雄),

と,いずれもいまひとつである。僕は,「巻く」と関連するのではないか,という気がする。種をまく時,円を描くようにに播く。振りまく時も,同様である。こういう振舞の言語表現は,ひとつらなりなのではないか。

「負く」は,敗北の意と,値段を負ける,意とがある。後者は,前者を準えているので,敗北の意が先だろう。『大言海』は,両者を別項にし,敗北の意の「負く」は,

間を譲る意か,

としている。「負けさせる」意の「負く」は,「譲る」という意味のメタファとして使われたとみていい。

「負ける」の語源について,『日本語源広辞典』は,二説挙げる。

説1は,「マク(任)+ク」。相手の意のままになる意,
説2は,「マ(間)+ク」。相手に間を譲る意,

『日本語源大辞典』は,

敵に事をまかせる意で,マカスル(任)義(名言通),
任を活用したもの(国語本義),
マロカル(転軽)の義(言元梯),
アケルの転か,またマロバス(転)の義か(志不可起),
間を開いて歩を譲るの意(国語の語根とその分類=大島正健),
マケル(目消)の義(柴門和語類集),
マはメ(目),クルはクラムの義か(和句解),
真にクグマルの意(本朝辞源=宇田甘冥),
マコトの消える意(日本声母伝),

と挙げる。やはり,「任く」との関連に着目すべきだろう。「任く」は,任せる意である。『岩波古語辞典』は,

マカセ(任)と同根,

とし,「任せ」は,

「マケ(任)と同根。物事の進行を他の自由な意志・力のままにさせる」

とする。ほぼ「負け」と重なっている。

「任す」「任せる」の語源は,『日本語源広辞典』には,

「マケ(意のままにする)+ス」

とし,『日本語源大辞典』は,

マケス(任為)の義(日本語原学=林甕臣),
人を勝たせ自分を負けにして相手次第にする意から(和句解),
モタゲサス(持挙)の義(名言通),
君の目を臣に借す意で,マカス(目借)の義(柴門和語類集),

と,ほぼ,「負かす」と重なっていく。「負く」と「任く」は,同じ意味を,違う言い方で言っているだけに見える。敗北し,意に任かす,と。『大言海』は,「任く」の項で,

罷(まか)らすの約,

とするので,「罷く」ともつながっていく。「罷る」は,『岩波古語辞典』で,

マカセ(任)・マケ(任)と同根。天皇・主人など,自分を支配する者の命ずるままに,行ったりする意。自分の石に依らず相手の意志に従って動くので,相手に敬意を表することになり,後には謙譲表現になった」

とある。こうみると,先ず物理的な敗北の,

負く,

があり,次に心理的な敗北・隷属の,

任く,

があり,遂に下から見上げる隷属の目線から,謙譲の,

罷く,

となる,という変化であろうか。

「設く」は,設ける意だが,この「まく」だけは,独立のようである。「まく」は,「まうく」「もうく」と変化して用いられる。『岩波古語辞典』に,

将来の事態を見込んでそれに応じた用意をする意,

とある。この「設ける」は,「儲ける」に通じる。

マウクル(間受)の義(言元梯・国語の語根とその分類=大島正健),
マチウク(待受)の義(名言通。和訓栞・本朝辞源=宇田甘冥),
マウケ(待請)の義(柴門和語類集),

と,マチウケという含意でいいのだろう。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:12| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする