2018年09月30日

まるで


「まるで」は,

丸で,

と当てる。「丸で夢のよう」という使い方をする,

ちょうど,あたかも,さながら,

という意味と,下に否定語を伴って,「丸で駄目だ」という使い方をする,

全く,まるっきり,全然,

という意味とがある。

「丸で」と当てるように,当然「まる」と関わることが推測される。『日本語源広辞典』は,

「マル(丸・円)+で」

とし,

「すべての点から見て,欠かさないで,そのままの意」

とする。当然,

丸っきり,

も同じで,

「マル(丸・全部)+キリ(限り)」

で,

すっかり,すべて,

の意となる。このことは,「まる」の意に,

完全なこと,
丸のまま,

の意があることからも納得がいく。「まるまる」で,

すべて,
すっかり,

という意で使うし,「まろ(丸)げ」「丸める」

全てひとまとめにする,

という意味になることにもつながる。それを否定に使って,

まるっきり(ダメ),

というのも意味のつながりとして理解できる。しかし,

まるで~みたい,

と喩えるのに使うのはどこから来たのか。面白いのは,『江戸語大辞典』の「まる」の,

芝居者用語,土間桟敷の借り切り,
丸札の略,

意味に続いて,「まるで」の項があり,

本物そっくりに,実物同然に(「丸でやる気か」天保五年春色辰巳園),
あたかも,さながら(天保八年「宛然(さながら)湯でたての蛸のやだね」娘太平記),
残らず(天保八年「さっぱりまるでむきだして言って聞かせてくれなねへ」春告鳥),
全く(文政十年「全然(まるで)干上がって居る」藪の鶯),

の意味が載る。「まるに」という言葉もあり,

まるっきり,全然,

という意味が載る。「宛然」を「まるで」と訓ませたり,「全然」を「まるで」と訓ませたり,とルビから始まったもののようだ。どうやら,「全然」が今日否定を伴わない言葉として使われるように,「まるで」は,この時期意味を転じたらしい。「まるで」はまだ認知されていなかったのか,『岩波古語辞典』『大言海』には,「まるで」は載らない。

『語源由来辞典』(http://gogen-allguide.com/ma/marude.html)は,「丸で(まるで)」について,

「まるでは漢字で『丸で』と書くように、円を表す『丸』に由来する。丸は、欠けたところが 無いことから、『完全』『全部』の意味を表すようになった。江戸中期から、完全に似て いるさまを表した『まるで』の形があらわれ、『あたかも』の意味が生じた。『まるで違う』『まるで駄目だ』といった、下に否定的な意味の語を伴い、まさしくその状態である事を表す『まるで』は明治時代にはいってからである。」

とある。この変化の機微はわからない。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:丸で まるで
posted by Toshi at 05:03| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする