2018年11月27日

バックシャン


「バックハャン」は,もう死語だろうか。

後ろから見た姿がかっこいい・魅力的であること,

というより,あるいは,

「後ろ姿の美しい女性。特に、後ろ姿だけが美しい女性を俗にいう語」(『大辞林 第三版』)

というよりも,

「昭和初期には、後ろ姿は美しいが前から見ると失望するような場合に多く用いられた。」

という(『デジタル大辞泉』)落胆の方に意味の陰翳があるように思う。

「後姿が美しい女性を指して用いる語。後から見ると美人だと期待できるが、前から見ると美人ではない場合に皮肉を込めて用いられることが多い。」

という説明が正確かもしれない(『実用日本語表現辞典』)。これは,

英 back+ドイツ schön,

と,英語で背中をあらわすバックとドイツ語で美しいという意味のシャンを合わせてできた,和製語らしい。

シャン,

は,

「(ドイツ)schön(美しい、の意)から)美しいこと。また、美人。もと、旧制高等学校生の学生語」

というので,由来は古いが,昨今,こんな形容詞はしない。

『日本語俗語辞典』(http://zokugo-dict.com/26ha/back-schon.htm)は,

昭和初期(大正時代?),

のものとして,

「バックシャンとは後ろ・背中(背部)といった意味の英語"back(バック)"と、美しいという意味のドイツ語"schoen(シャン:左記は英語表記。独語表記ではschön の合成で、後ろ姿が美しい女性を意味する。ただし、後姿だけが美人(後姿で期待したほど顔は良くない)といったニュアンスが強く、褒め言葉として使われたものではない(当時、正面から見ても美人という意味の対語:トイメンシャンという言葉もあった)。しかし、シャンという言葉自体が使われなくなり、バックシャンも死語となっている。)

とある。「といめん(対面)」から来た,

トイメンシャン,

の方が,もはや何の意味が分からなくなっている。

死語を集めた「死語の世界」(http://www6.shizuokanet.ne.jp/kirameki/hougen/sigo.htm)にも,「バックシャン」は,

「後姿だけが美人」

と,ストレートな書き方をしている。ただ,「バックシャン」は,当時はともかく,別に女性のみを指しているのではないので,そう他人を評している男性自身もまた,評されるのは当たり前である。

死語のはずの「バックシャン」は,でも,

「今年の夏は後ろ姿も美人に見せて!バックシャンコーデを紹介します!」

というキャッチコピーを見つけた(https://trilltrill.jp/articles/710323)ので,まだ生きている(?)のかもしれない。

「バックシャン」は,

後ろ美人,

というらしいが,あまり粋な表現とは言い難い。

うしろつきのしおらしき,

という言い回しが西鶴の『世間胸算用』にあるそうだが,この言い回しの方が,いい。

320px-Beauty_looking_back.jpg

(見返り美人図 菱川師宣筆。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%B1%E5%B7%9D%E5%B8%AB%E5%AE%A3より)

菱川師宣の「見返り美人図」も,どちらかと言うと,

うしろつきのしおらしき,

かもしれない。

小股が切れ上がった,

という表現も,僕には後姿に見える。『江戸語大辞典』には,「小股(こまた)」とは,

「(小は接頭語)また,足」

とあり,「小股が切れ上がる」とは,

「足がすらりと長く,姿態の小意気な形容」

とある。

「其容首少しぬき出,胴短く裾長に,腰細く小股切れ上り,背は少しこごみめにて,腰より末ハ反りたる様に見ゆる也」(安永四年・当世女風俗通),

と引く。『日本語源広辞典』には,「小股」は,

「小(歩幅が小さい)+股」

で,「股を狭くも小さく開いて歩く姿」とする。それはそうだろう。大股拡げて歩く着物姿は見られたものではない。『岩波古語辞典』には,

「女の股が長く,すらりとして,粋なさまの形」

とある。「小股の切れ上がった」とは,すらりとした姿の状態表現が,価値表現へと転じた語だというのがよくわかる。

『大言海』は,「小股の切れ上がった」を,

「背のすらりと髙きを云ふ」

と,完全に後姿のすらりとしているさまとなっている。まさに,「バックシャン」である。

参考文献;
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 05:25| Comment(0) | 書評 | 更新情報をチェックする