2018年12月03日

あらし


「あらし」は,

嵐,

と当て,

荒く吹く風,もとは山間に吹く風をいうことが多く,のち一般に暴風・烈風ををいう,
さらに広く,暴風雨,台風,
(比喩的に)激しく平安を乱すもの,

の意で用いるが,『広辞苑第5版』には,

「『嵐』の字は,中国では,山に立ちこめるもや,または山のけはいの意」

とある。「嵐」(ラン)の字は,

「会意兼形声。『山+音符風』で,空気がぶるぶると震え動くこと」

で,

山の清らかな風や,空気,山気,もや,

の意である。当初「山間の風」の意で使っていたのは,漢字の原義に近いのかもしれない。

暁嵐(ギョウラン 朝の爽やかな山の風),
靑嵐(セイラン 澄み切った山の空気),
嵐氣(ランキ むし潤へる山の気),
嵐光(ランコウ 山気の蒸して光あるさま),
嵐翠(ランスイ 山の気の緑色なるさま),

等々という用語もある。

『大言海』は,「のろし」の項で,

「ノロは,野(のら)の転,シは気なり。風雨(あらし),虹(にじ)のシと同義。宋の陸佃の埤雅に『古之烽火,用狼糞,取其煙直而聚,雖風吹之不斜』と」

とするが,「あらし」の項では,

「荒(あら)を活用せしむ」

とする。「シは気なり」として,「あら」は,『大言海』は,

「あら(荒) (嗟(あら)にて見て驚嘆する声にもあるか)①剛(こわ)き(柔き,和(にご)きに対剛も柔の意),②激しき,猛(たけ)き」

「あら(荒涼) (暴(あら)しより,ものすごきに移りたるものにあらむか)人気疎き,ものすごき,すさまじき」

どちらも接頭語であるが,後者は,

「荒野」「荒山「あら草(荒野の意)」「あら路(荒山の意)」

とあるので,後者の動詞化,という意図なのだと思われる。『日本語源広辞典』は,

「アラ(荒)+シ(風)」

とするので,「シ」の解釈は別に,「アラ」説と思われる。ただ,『岩波古語辞典』は「し」を,

息,
風,

と当て,

「複合語になった例だけに見える」

とし,

息,
風,

の意とする。転じて,

方角,

の意となる,とする。例えば,西風(にし)。『大言海』も「し」で,

風の古名,

とし(「荒風(あらし)」「廻風(つむじ)」「風巻(しまき)」),転じて,

ち,
て,

とし,「東風(こち)」「速風(はやち)」「疾風(はやて)」の例を挙げる。前述の「風雨(あらし)」の「シは気なり」は「息」のことなのかもしれない。

『日本語源大辞典』には,

アラシ(荒風)。シは風の意(箋注和名抄・雅言考・和訓栞・大言海),
アラはアライキ(荒気),シはイキ(息氣)の意(松屋棟梁集・柴門和語類集),
形容詞アラシ(荒)から(和訓栞・滑稽雑誌所引和訓義解・名言通),
アラ(荒)ク-フ(吹)キシキル義(桑家漢語抄),
悪魔の別音a-siに諧調のラ行音を挿んだ語。悪魔の義(日本語原学=与謝野寛),

等々を上げるが,

「語源として,『アラ(荒)+シ(風)』と見るのが通説であるが,アクセントから『おろし』との関係を考える説もある」

とする。『語源由来辞典』(http://gogen-allguide.com/a/arashi.html)も,

「嵐は、『あらし(荒風)』と考えられる。形容詞『荒し』が名詞化とも考えられるが、『かぜ( 風)』の『ぜ』と同じく『シ』は『風』の意味であろう。古くは、山から吹きおろしてくる風を『あらし』と呼んでおり、『万葉集』などでは、『山風』『下風』『山下』などの漢字が当てられている。山から吹き下ろす風を『あらし』と言い、アクセントも『おろし(颪)』じであることから、『おろし』との関係も考えられる。」

とする。古く,

もとは山間に吹く風をいうことが多い,

からこそ,「暴風」の意ではない漢字「嵐」を当てたのだと思われる。僕には,「おろし」は単純に,

下ろし,

ではないか,と思う。「下ろす」には,

吹き下ろす,

意があり,

みむろ山下ろす嵐のさびしきにさびしきに妻呼ぶ鹿の声たぐふなり(千載集)

という歌もある。

で,区別するために,国字,

颪,

を作字したのではあるまいか。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:あらし
posted by Toshi at 05:19| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする