2018年12月25日

ムカつく


「むかつく」は,

胸がむかむかする,

という状態表現だが,

「ムカつく」と表記すると,

癪にさわって腹が立つ,

という感情を表す価値表現へと轉ずる。

向かっ腹,

の意である(「向かっ腹」はhttp://ppnetwork.seesaa.net/article/424241083.htmlで触れた)。

『大言海』には,

癪にさわる,

の意も載り,「京阪にて」という但し書きが付く。他にも,

「『ムカつく』は、『胃腸がむかつく』という言い方がされるように、昔から吐き気や胸焼けが起きていることを指して使われてきた言葉だ。そこから転じて、関西では江戸時代になって『癪に障る・腹が立つ』という現在見られる用法で用いられるようになった(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52134)。

「むかつくとは『胃がむかつく』に見られるように、胸焼けや吐き気をもよおすことだが、関西などエリアによっては江戸時代から『癪に障る・腹が立つ』という意味でも使われる。」(http://zokugo-dict.com/33mu/mukatuku.htm

等々とあるので,関西方面から,意味が転じてきたというのは確かのようである。

「むかつく」という言い方に,とっさに,「むかむか」との関係が思いつく。「むかむか」は,『岩波古語辞典』には,

「はげしい感情が急激におこるさま。特に,急に腹が立ってくるさま」

とある(「むかつく」は載らない)。さらに,「むかむか」は,

「古くは『さる程に任(じん)氏はむかむかと楽しうなったぞ』(史記抄)のようにプラスの感情が込み上げてくる様子についても使われた」

とある(『擬音語・擬態語辞典』)。「むかむか」は,「むかっ」という擬態語とつながる。「むかっ」は,

急に怒りが込み上げてくる様子,
急に吐き気が込み上げてくる様子,

の意で,「向かっ腹」の「向かっ」とつながる気がする。「むかっ」は古くは「むか」で,「むかと腹が立つ」という言い方をしていたし,「向かっ腹」も「むか腹(ばら)」であったのだから,

「ムカムカ(擬態語)+パラ(腹が立つ)」

もおかしくはない(『日本語源広辞典』)。とすれば,「むかつく」も,

むかむか→むかつく,

の変化は,考えられる。『日本語源広辞典』は,

「ムカ(擬態語ムカムカ)+ツク(動詞化)」

とする。「ムカ」は,「むかむか」の「ムカ」ではなく,「むか(っ)」の「ムカ」でもあり得る。しかし,

「『むかつく』は、平安時代後期には既にあった言葉で、『胸がむかむかする。吐き気がする』という意味で使われていました。その点は現在もほとんど変わりませんね。ただ、『腹が立つ。頭に来る」という意味で使われるようになったのは、江戸時代以降のようです。昔は『むかづく』と濁って使われることもあったようです。『つく』は『付く』ではないでしょうか。
語源的には、『むかむか』を考えたくなりますが、文献を見る限り、『むかむか』が感情の高まり
を表す語として用いられた例は、室町時代(15世紀後半)までないようです。つまり、文献の範囲では、『むかむか→むかつく』ではなく、むしろ『むかつく→むかむか』という変化の方が可能性が高い、といえます。」

と否定している。ただ,日本語の特徴は,文脈依存度が高く,ということは,口頭で使われる言葉が,文字を介して,抽象度を上げていく傾向がある,と見ている。その意味では,擬態語・擬音語から動詞化の方が,考えられる気がする。逆の,なえる→なえなえ,と言うように,動詞から擬態語・擬音語もなくはないが。

やはり,

むかむか→むかつく,

というより,古形の「むか」の,

むか→むかつく→むか腹,

の変化と見ていいのではないか。

『日本語俗語辞典』(http://zokugo-dict.com/33mu/mukatuku.htm)は,江戸時代以降として,

「1970年代後半のツッパリブーム時には不良が教師や親、警察、敵対する人・グループといった自分たちの自由や思惑の邪魔になる者を対象に、後者の意味で全国的に使うようになる。1980年代に入ると世代・エリアを超え、こちらの意味でも広く浸透。また、1998年に栃木県で起きた教師刺殺事件で犯人の中学生の発言に使われ話題となった。マンガなどではムカつくという表記も使われる。」

と,現在への変化を示しているし,『笑える国語辞典』

https://www.fleapedia.com/%E4%BA%94%E5%8D%81%E9%9F%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/%E3%82%80/%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B/

は,

「ムカつくとは、吐き気がするとか胸が焼けるという意味だが、主に『吐き気がするほど腹が立つ、相手に嫌悪感を感じる』などといいたいときに用いる言葉。最近の心優しい若者たちは、めったに腹を立てたり、相手を嫌悪したりすることがないせいか、その種の語彙が非常に少なく、たまにそのような状況におちいると、バカの一つおぼえのように『ムカつく』という。」

と,揶揄する。確かに,「ムカつく」という言い回しには,「ヤバい」と同様,言語表現力の稚拙さを感じさせ,退化を感じるのは,老人の僻事か。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:ムカつく
posted by Toshi at 05:27| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする