2019年02月18日

つわもの


「つわもの」は,

兵,

と当てる。

武具,武器,

の意であり(『岩波古語辞典』『広辞苑第5版』),

それが転じて,

武器をとり戦争に加わる人,兵士,

武士,

の意に転じ(『広辞苑第5版』),

武士,

の意となった(『岩波古語辞典』),と見ることが出来る。武器庫を,

つはものぐら(兵庫),

と呼ぶのはかなり古い。

つはもののつかさ(兵司),

とも言う。律令制下の八省の一つ,

兵部省,

を,

もののふのつかさ,
つわもののつかさ,

と呼ぶ(和名抄には「都波毛乃乃都加佐」)のは,

軍政(国防)を司る行政機関,

であり,武器の意味よりは,軍隊の意に転じていると見ていい。因みに,八省とは,

中務省・式部省・治部省・民部省(左弁官局管掌),
兵部省・刑部省・大蔵省・宮内省(右弁官局管掌),

である。「つわもの」に,

強者,

とあてるのは,後の当て字である。

Sengoku_period_battle.jpg

(川中島の戦い https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%ABより)


『大言海』には。「つはもの」を,

「鐔物(つみはもの)の略にて,兵器,特に鐔(つば)あれば云ふとぞ」

とある。字類抄には,

「兵,ツハモノ,兵仗劒戟也,物名也」

とある,とか。「兵仗」は,兵器,「劒戟」はつるぎとほこ,の意。「鐔(つば)」の呼名は,「ツミハ(ツミバ)」といい,

「刀劒の金具。扁(ひらた)くしてアナり,形,方,圓,種々なり。刀心(こみ)を貫きて刅(み)と柄との間に挿(は)めて,縁,四方へ余り出ヅ。握る手の防ぎとするなり」

とあるので,まさに「鍔」である。

『日本語源広辞典』は,

「ツワ(固い・強い)+者」

で,強い兵士の意とするが,

強者,

と当てた後の「強者」からの解釈に思える。『日本語源大辞典』の,

「古くは兵よりも武器そのものをさす…場合が多かった。兵をさす場合は,類義語『もののふ』が『もののけ』に通う霊的な存在感を持つのに対して,物的な力としての兵を意味していたらしい」

というように,「力」としての「つわもの」が始源であったとみていい。その意味で,

ツハモノ(器物)の略(日本釈名・草蘆漫筆・和訓考・語簏・ことばの事典=日置昌一),
ツミハモノ(鐔物)の略(古事記伝・俗語考・大言海),
ツはト(鋭)の転,ハモノは刃物の義(日本古語大辞典=松岡静雄),
打刃物の義(雅言考),

と,武器系の語源説に軍配だろう。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル: 強者 つわもの
posted by Toshi at 05:08| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする