2019年03月09日

ゆらぐ


「ゆらぐ」は,

揺らぐ,

と当てる。「揺(搖)」(ヨウ)の字は,

「形声。䍃は『肉+缶(ほとぎ)』の会意文字で,肉をこねる器。ここでは音をあらわす。搖は,ゆらゆらと固定せず動くこと。游(ユウ ゆらゆら)と非常に近い。」

とある。

「ゆらぐ」は,上代,

ゆらく,

と清音だったらしい。

ゆれる,
ぐらつく,

という意味だが,

玉などが触れ合っ音をたてる,

という意で,

手に取るからにゆらく玉の緒,

という万葉集の用例が載る(『広辞苑第5版』)。語源と関わるのかもしれない。

『岩波古語辞典』には,「揺らぎ」の項で,

「ユラは擬音語。キは擬音語をうけて動詞化する接尾語」

とある。つまり,擬態語ではなく,

音を立てる,

意なのである。「ゆらき」を他動詞化した,

ゆらかす,

も,

鳴らす,

意である。

『大言海』は,「ゆらぐ」に,

搖鳴,

と当てて,

ゆるぎ鳴る意,

とする。

鏘鏘(ゆらゆら)と鳴り響くゆらゆらとして音す,ゆらめく,ゆるぐ,

の意とする。「ゆら」は,

玉などが触れ合った鳴るさま(足玉も手玉(ただま)もゆらに織る機を(万葉集)),

の意と,それを擬態化した,

ゆるやかなさま(大君の心をゆらみ臣の子の八重の柴垣入り立たずあり(記紀歌謡)),

の意がある(『岩波古語辞典』)。

ゆらに,

と副詞化した場合も,

緒に貫ける玉の相触れて鳴り響(ゆら)ぐ音に云ふ語。ゆららに,モを冠らせてモユラニとも云へり,

とある(『大言海』)。つまり,「ゆら」は,

擬音語,

であった。だから「ゆらく」と濁らなかった。しかし,「ゆらぐ」

動ぐ,

と当てる頃には,

ゆるやかなさま,

の擬態語に転じ,

ゆらゆら,
ゆらら,
ゆらりと,

は,

「髪は扇をひろげたるやにユラユラとして」(源氏)

として揺れる擬態語として使われている。


参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:ゆらぐ 揺らぐ
posted by Toshi at 05:05| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする