2019年06月17日

ながれる


「ながれる」は,

流れる,

と当てる。「流」(リュウ)の字は,

「会意兼形声。右側は『子の逆形+水』の会意文字で,出産の際羊水の流れ出るさま。流はそれを音符とし,水を加えた字で,その原義をさらに明白にしたもの。分散して長くのび広がる意を含む」

とある(漢字源)。

「流れ」は,

「ナガシ(長),ナゲ(投)と同根。ナガは主に平面上を,線条的に伸びていくさま」

とある(岩波古語辞典)。「ナゲ(投)」をみると,

「ナガ(長)を活用させた語。ナガレ(流)と同根」

とある。「なが(長)」は,

長しの語根,

で,

長雨,
長秋,
長月,
長生,
長歌,
長唄,
長柄,
長刀,
長年,
長持,

等々「長い」意を持たせる言葉として使われる。この延長と考えると,

流れる,

は,

長を活用す,

という(大言海)のいう意味的にもつながる。日本語源広辞典も,

長+ル,

と同趣である。ほぼ大勢も,ナガと関わり

ナガ(長)から(和句解・日本釈名),
ナガアル(長在)の義(名言通・日本語源=賀茂百樹),
水などが長く下り行くところから(国語の語根とその分類=大島正健・国語溯原=大矢徹),
ナガアル(長生)の義(国語本義),
ナガル(永)の義(言元梯),

とある。

ナガの活用,

で良さそうである。「投げる」を見ると,

「ナガ(長)nagaの音韻変化,nagu投ぐ」

と(日本語源広辞典),ナガ(長)と同根と通じる。

物を長くほうり出す意であるところから,

ナグル(長)の義(国語溯原=大矢徹・日本語源=賀茂百樹),

も同趣である。

あるいは,確かに,

長在,

のように,「長」を付けた言葉の変化の可能性もあるが,「流れる」の文語,

流る,

を考えれば,

長+る,

であり,それが転じて,

nagaru→nagu,

はあり得るのである。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:流れる ながれる
posted by Toshi at 03:49| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする