2019年11月05日


「洲」は、

州、

とも当てる。「州」(シュウ)は、

「象形文字。川の中になかすのできたさまを描いたもので、砂地の周囲を、水が取り巻くことを示す。欠け目なく取り巻く意を含む」

とあり、「砂がたまって水面に出た陸地」「す」の意味であり、「洲」(シュウ)は、

「会意兼形声。州は、川の流れの中のなかすを描いた象形文字。洲は『水+音符州』」

とあり、「川の中の小島」「なかす」の意である(漢字源)。ただ、

「本来は州が中州を意味したが、州が行政区画も意味するようになったので、さんずいを加えて中州の意味を明らかにした字が洲である。しかし、古くから互いに通用できる」

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9E

中州.jpg



「洲」は、

水流に運ばれた土砂が堆積して、河川・湖・海の水面に現れたところ、

であり(広辞苑)、

「河口付近などの比較的浅い場所にできる」

とある(デジタル大辞泉)。

砂洲、
とか
中の島、
とか
中洲、

と言ったりする。和名抄に、

「洲、水中可居者曰洲…四方皆有水也、須」

とある(岩波古語辞典)。

大言海は、「洲」を、

「巣、栖と通ず、人の住む所を云ふと云ふ。或いは云ふ、清(スガ)の義。沙に汚泥無きを云ふと、或いは云ふ、洲(シウ)の音の約なりと」

と並べて、確言していない。「巣」http://ppnetwork.seesaa.net/article/471317902.html?1572723897で触れたように、「巣」の「ス」と、「住む」の「ス」と、「澄む」の「ス」、「済む」の「ス」は同根で、「すむ」は、

住む、
棲む、
栖む、

と当て、

「スム(澄む)と同根。あちこち動き回るものが、一つ所に落ち着き、定着する意」

であり(岩波古語辞典)、「すむ(澄)」は、

清む、
済む、

と当て、

「スム(住)と同根。浮遊物が全体として沈んで静止し、気体や液体が透明になる意。濁るの対」

である(仝上)。で、「住む」は、「巣」とかかわり、

「『巣』『住む(棲む)』『据う』、さらに…『澄む』の語幹スには、『ひと所に落ち着く』といった共通の意を読み取ることが可能である」

とし(日本語源大辞典)、そこから、

落ちつく意の語幹スから出た語(国語の語根とその分類=大島正健)、

という説にも通じ、その「落ちつく」は、

「『終わる』『かたづく』ことであるとも考えられるから、『すむ(済む)』の語幹ともなった」

と考えられる、としている(仝上)。その意味で、「洲」も、流れ来った砂が、

ひと所に落ち着く、

と共通する意味が読み取れなくもない。

巣の義か(本朝辞源=宇田甘冥)、
動くものの落ちつくさまを示す語根スから(国語の語根とその分類=大島正健)、

も同じ説を採る。もちろん異説も、

「洲」の音シウの反(名言通・和訓栞・言葉の根しらべの=鈴木潔子)、
砂に汚泥が無いところからスガ(清)の義(箋注和名抄)、
清くて、気がスイとするものであるところから(本朝辞源=宇田甘冥)、
スナ(砂)の義(言元梯)、
スヒヂ(沙土)・スナゴ(砂子)などスと同源、砂と通じる意を持つ(角川古語大辞典)、
スヱ(末)の義か(和句解)、
水が浅く蘆が生えたところをいうアセフ(涸生)の義(日本語原学=林甕臣)、

等々あるが、「巣」の「ス」と、「住む」の「ス」と、「澄む」の「ス」、「済む」の「ス」と意味の共通する外延の中の、

ひと所に落ち着く、

意の「ス」のつながりに、「洲」もあるとみるのが妥当ではあるまいか。

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:
posted by Toshi at 04:48| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする