2020年01月03日


「雁」は、

カリ、

と訓ませて、和語である。

ガン、

と訓ませると、漢音である。

鴈、

とも当て、略して

厂、

とも書す(大言海)、とある。

「上代には『カリ』と呼ばれていたが、室町時代頃から『ガン』が現れた。次第に一般名として扱われるようになり、現代では『ガン』が正式名、『カリ』が異名という扱いをされるようになった」

とある(語源由来辞典)。実際、「雁」は、

「カモ目カモ科ガン亜科の水鳥のうち、カモより大きくハクチョウより小さい一群の総称」

とありhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%81、日本ではマガン、カリガネ、ヒシクイなどが生息している(仝上)。

ヒシクイ(菱喰)は、鳥綱カモ目カモ科マガン属に分類され、

ヒシクイ.jpg



カリガネ(雁金)は、鳥綱カモ目カモ科マガン属に分類され、

カリガネ.jpg



マガン(真雁)は、鳥綱カモ目カモ科マガン属に分類される。

マガン.jpg



「雁」(漢音ガン、呉音ゲン)は、

「会意兼形声。厂(ガン)は、かぎ形、直角になったことをあらわす。雁は『隹(とり)+音符厂』。きちんと直角に並んで飛ぶ鳥で、規則正しいことから、人間の礼物に用いられる」

とある(漢字源)。雁行という言葉があるように、カギ型の列を組んで飛ぶ。

古くは、「かり」と訓んでいたが、これは、

「カは、鳴く声、リは添えたる辞」

とある(大言海)。さらに、接尾「り」について、

「ラ、レ、ロに通ず。語の末につけて云ふ助辞」

としている。同類として、「からす(鴉)」は、

「カは鳴く声、ラは添えたる語、」

とし(「からす」http://ppnetwork.seesaa.net/article/459343657.htmlで触れたように、必ずしも鳴き声説ではないが)、「けり(鳧)」もまた、鳴き声+「ら」とする(大言海)。で、

「万葉集『すばたまの 夜渡る雁は おぼほしく 幾夜を歴てか 己が名を告(の)る』、風俗歌、彼乃行(かのゆく)『彼の行くば、加利か鵠(くぐひ)か、加利ならば、名告(なのり)ぞせまし』、後撰集…雁『ゆきかへり、ここもかしこも旅なれや、來る秋ごとに、かりかりと鳴く』」

と、鳴き声とする例を挙げる。「かり」の異名、

かりがね、

は、

雁之音(ね)の義、音(ね)は声なり、

とするように、「かりがね」は、鳴き声から採られている。それが転じて、

雁の異名、

となっている。だから、

「雁の声は寂しいもの。聞くと悲しく感じるものと考えられた。『かりがね』が後に雁の異名となったのは、鳴き声が雁を象徴するほど特徴があるものだったからであろう」

ということになる(日本語源大辞典)。実際、大言海以外、岩波古語辞典も採り、

カリカリと鳴く声から(滑稽雑誌所引和訓義解・可成三註・風俗歌考・類聚名物考・雅語音声考・擁書漫筆・俚言集覧・言元梯・名言通・松屋筆記・和訓栞・言葉の根しらべの=鈴木潔子・国語溯原=大矢徹)、

と多くが、声説である。しかし、日本語源広辞典は、

中国語「雁」(ガン、カン)が、kanがkariに変化、

とするし、

ガンの転呼(日本古語大辞典=松岡静雄・日本語の発想=白石大二)、

と、「ガンの転訛」とする説がある(日本語源大辞典)。そのほか、

カヘリの中略。春は北へ帰るところから(日本釈名・東雅・柴門和語類集・本朝辞源=宇田甘冥)、
秋来て春帰るので、仮に宿ることからカリ(仮)の義(和句解)、
カは水に棲む鳥を呼ぶ語(東雅)
軽く飛ぶということからカロシ(軽)の意か(万葉代匠記・円珠庵雑記)、

等々「かり」という音に合わせてたてられた説もある。しかし、

「『かへり』の説は上略や下略ではなく中略で、鳴き声の説に比べると説得力に欠け、『カ』を水に棲む鳥とするせつはカリの『り』について触れていない。『ガン』の転呼とする説も上代に『雁』を『ガン』と訓んだ例はなく、『カリ』が一般的であったことが考慮されていないことから、鳴き声の説が妥当と考えられる」

というところ(語源由来辞典)が妥当なのではあるまいか。また、「ガン」の転訛も、

「上代には『カリ』と呼ばれていたが、室町時代頃から『ガン』が現れた。次第に一般名として扱われるようになり、現代では『ガン』が正式名、『カリ』が異名という扱いをされるようになった」

ということ(仝上)から、

ガン→カリ→ガン、

では不自然である。「ガン」という訓み方が広まったのは、

「語勢を強くするために漢語『雁』の勢力が増したとする説と、鳴き声からとする説があるが、漢語『雁』の説が有力とされる。ただし、『カリ』の語源はカリガネの鳴き声に由来し、そのカリガネが減少し、『ガンガン』と鳴くマガンやヒシクイの増加によって、和語内でガンの鳴き声を受けたとの見方もある」

とある(仝上)。「ガン」も鳴き声に由来するとするのは、

「声ならむ。朝鮮語に、キロオギと云ふ」

とする大言海がある。「カリ」が鳴き声なら、「ガン」も鳴き声から由来したと見た方がいいように思える。

マガンの鳴き声https://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/1491.html

を聞いても、正直はっきりわからない。ただし、

「万葉集では60余首と多く詠まれているが、数多くの群れで生活し、その鳴き声や飛ぶ姿(雁行)に特徴があり、よく目立つところから、身近な鳥として見られていたのだろう。(中略)かりがねと詠っているのが多いが、これは今のカリガネではなく、雁の鳴き声のことを言っているようだ」

とあるhttp://okamoto-n.sakura.ne.jp/manyohkatyoh/tori/magan/magan.htmlし、

「日本ではガンは古くから狩猟の対象とされ、食用として賞味されるほか、文学作品のなかにも多く現れて親しまれているが、雁(がん)とあるのはかならずしも限られた鳥の名称ではなく、鴨(かも)類としての総括的な名称であったらしい。「かり」とも「かりがね」ともよぶが、これは空を渡る際の声が印象的であったことから、「雁(かり)が音」が転じて雁そのものの名称になったと思われる」

ともある(日本大百科全書)ので、「そのカリガネが減少し、『ガンガン』と鳴くマガンやヒシクイの増加によって、和語内でガンの鳴き声を受けたとの見方もある」というのは、穿ちすぎかもしれない。

伊藤若冲『芦雁図』 18世紀。.jpg

(伊藤若冲『芦雁図』 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%81より)


参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:
posted by Toshi at 05:39| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする