2020年01月06日

よもすがら


「よもすがら」は、

夜もすがら、
終夜、

等々と当てる。

日暮れから夜明けまで、
夜通し、

の意味である。

夢ぢにも露やおくらむよもすがらかよへる袖のひちてかわかぬ、

という歌もある(古今集)。

「夜」http://ppnetwork.seesaa.net/article/442052834.htmlで触れたように、上代には、昼を中心にした時間の言い方と、夜を中心とした時間の言い方とがあり、

昼を中心にした時間の区分、アサ→ヒル→ユフ、
夜を中心にした時間の区分、ユフベ→ヨヒ→ヨナカ→アカツキ→アシタ、

と、呼び方が分けられている(岩波古語辞典)。前者がヒル、後者がヨル、ということになる。つまり、夜の時間区分は、

ユフベ→ヨヒ→ヨナカ→アカツキ→アシタ、

となる。

「夜もすがら」の「すがら」は、「しな、すがり、すがら」http://ppnetwork.seesaa.net/article/420311540.htmlで触れたように、道すがら、の「すがら」、

途切れることなくずっと、

という時間経過を示していて、

名月や池をめぐりと夜もすがら、

で、それが空間的に転用されと、

道すがら、

になったと、考えられる、大言海は、「よもすがら」を、

夜も盡(すがら)の意、ひねもすの対、

とする。「ひねもす」は、「ひねもす」http://ppnetwork.seesaa.net/article/445249637.htmlで触れたように、

終日、

と当て、

朝から晩まで、
一日中、

という意味で、

ひもすがら、

とも言う。まさに、

アサ→ヒル→ユフ、

の昼間を指す。日本語の語源は、

「ヨモスガラ(夜も過がら。終夜)に対してヒルモスガラ(昼も過がら。終日)といった。その省略形のヒルモス(昼も過)は、『ル』が子音交替(rn)をとげてヒヌモスになり、さらに母音交替(ue)をとげてヒネモス(終日)になった。〈ヒネモスに見ともあくべき浦にあらなくに(見あきるような海ではない)〉(万葉)。
 ヒネモスはさらに『ネ』が子音交替(um)をとげてヒメモス(終日)になった。〈中門のわきに、ヒメモスにかがみゐたりつる〉(宇治拾遺)。」

と解している。

「ひもすがら」「よもすがら」の「すがら」は、副詞と接尾語の二用があり、岩波古語辞典は、副詞は、

「スギ(過)と同根」

として、

途切れることなくずっと、

という意味とし、接尾語は、

「時間的連続が空間的にも使われるようになったもの」

として、

…の間中ずっと、
…の途中で、

という意味とする(岩波古語辞典)。しかし大言海は、「すがら」を、語源を異にする二項を別々に立て、いずれも接尾語として、ひとつは、

「スガは、盡(すぐ)るより転ず」

とし、意味は、

盡(すぎ)るるまで、通して、

とし、いまひとつは、

「直従(すぐから)の約か」

として、

ながら、ついでに、そのままに、

の意味とする。これだと、「よもすがら」は、

夜通し、

ではなく、

夜のついでに、

の意味になる。デジタル大辞泉は、

[名](多く「に」を伴って副詞的に用いる)始めから終わりまでとぎれることがないこと。
[接尾]名詞などに付く。
1 始めから終わりまで、…の間ずっと、などの意を表す。「夜もすがら」
2 何かをするその途中で、…のついでに、などの意を表す。「道すがら」
3 そのものだけで、ほかに付属しているものがないという意を表す。…のまま。「身すがら」

とし、広辞苑が同じ解釈である。

「一説に、スガは『過ぐ』と同源、ラは状態を表す接尾語という」

と注記して、名詞として、

(多く『に』をともなって、副詞的に用いる)始めから終わりまで、途切れることなく通すこと、

接尾語として、

(名詞につく)始めから終わりまでの意を表す(「夜すがら虫の音をのみぞ鳴く」)、
ついでにの意を表す(「みちすがら遊びものども参る」)、
そのままの意を表す(「親もなし叔父持たず、身すがらの太兵衛と名をとった男」)、

と挙げる。どうやら、「過ぎ」が原意とすると、時間経過の、

通して、

の意味と同時に、動作の並行の意味を含み、

…しながら、

という意味があり、それは、

ついでに、

の意味にずれやすい。しかし、

身すがら、

は、『大言海』の言うように、「過ぎ」ではなく、由来の違う、

直従(すぐから)の約、

なのではないか。その意味は、だから、『大言海』が、両方載せるように、

ながら、

の意味と、

ついでに、

の意味と、

そのままに、

の意味が重なり、ダブってしまった。

「すがら」の意味の幅は、上記のようだが、「よもすがら」は、用例から見ても、

夜通し、

の、

途切れることなくずっと、

の意味とみられる。語源も、

夜も+スガラ(過ら)で、夜の間ずっとの意(日本語源広辞典)、
ヨモスグサラ(夜亦直更)の義(日本語原学=林甕臣)、
ヨモツギアル(夜次有)の義(名言通)、
ヨモスカラ(夜過間)の義(言元梯)、
夜の去り果てるの義(名語記)、

等々と、夜通しの含意とみられる。しかし、「すがら」の意味の幅から見れば、

時間的な流れ、

の意と共に、

夜もすがら一人み山の真木の葉にくもるもすめる有明の月(新古今和歌集)

と、

通して、

の意味と同時に、動作の並行の意味を含み、

…しながら、

の含意があるとみると、意味が深みを増す気がするのは、気のせいだろうか。

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
田井信之『日本語の語源』(角川書店)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 05:40| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする