2020年01月19日

ちょんぼ


「ちょんぼ」は、

うっかりして犯した失敗やミス、

とあるが、どこか、

ズルをする、

という含意があるような気がする。大辞林には、

麻雀用語。あがりの牌を間違えること、

とあり、

マージャンのツォーホー(錯和)から、

ともあり(精選版 日本国語大辞典)、

故意ではなく、杜撰さ、

を指しているように見える。僕は麻雀を知らないので、よくわからないが、「錯和」は、こういうことらしい。麻雀は、

「文字や柄の描かれた牌を集め、牌の特定の組み合わせによって『役』を作ることで勝敗を付けるゲームです。この『役』が完成された状態を「和了」(あがり)といい、「和了」で一旦勝敗が決します。ところが「役」が揃っていないのに誤って『和了』を宣言してしまうことを『錯和』あるいは『冲和』(ちょんぼ)と言います。『錯』は『錯覚』の『錯』、『冲』は『冲虚』という言葉もありますが『虚』と同じように『むなしい』という意味です。間違って『和了』したから『錯和』、成立しない『和了』ということで『冲和』です。」

とあるのがわかりやすいhttps://www.alc.co.jp/jpn/article/faq/04/120.html。これが転じて誤って何かをすることを「ちょんぼ」というようになったようである。なお、

「『錯和』は中国語で「ツァホウ:cuohuo」、『冲和』は「チョンフォウ:chonghuo]ですから『ちょんぼ』はより音の近い『冲和』のなまったものである」

と推測している(仝上)。

因みに、列子に

冲和之気(ちゅうわのき)、

という言葉がある。

沖和之気、

とも当てる(沖と冲は同義)。「冲」は虚しい意もあるが、柔らかいという意もあり、

天地の間にある調和されて穏やかな気のこと。「沖和」はやすらかなこと、
陰と陽が交わるところにあるものとされ、人間そのものを言い表す言葉、

とあるhttps://yoji.jitenon.jp/yojig/3068.html

元へ戻すと、麻雀の反則行為では、麻雀におけるルール違反、いわゆる、

チョンボ、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E9%9B%80%E3%81%AE%E5%8F%8D%E5%89%87%E8%A1%8C%E7%82%BA。あくまで、ミスであり、牌を隠す・すりかえるなど、故意の重大なルール違反は反則行為ではなく、

不正行為(イカサマ)、

と区別する(仝上)、ともある。

麻雀で反則行為を行った場合には罰則(ペナルティ)を科される。「罰符(ばっぷ)」というのは、

「重大な反則に対して科せられる罰則で、反則者が対戦相手3人に対して罰符と呼ばれる一定の点数を支払ったうえで、通常は元の局をやり直す。主として局の続行が不可能となるような反則に対して適用される。このような重大な反則を特にチョンボという」

とある(仝上)。チョンボがあった場合、

「チョンボした者が罰符の支払い(多くは満貫払い)をしたあと、『ノーゲーム・ノーカウントとしてその局をやりなおす』のが一般的である。その局に出されたリーチ棒などの供託点は出した者に戻り、積み棒は積まずに局をやり直す。親も移動しない」

とある(仝上)。僕は麻雀をやらないので、よくわかっていないが、

「発覚せずに次の局に移行した場合は、後で発覚したとしても罰則を適用しないのが一般的である」
「和了(あがり)と同時に発生した場合は和了が優先となり、チョンボは不問となる」

ともある(仝上)。故意か単なるミスかは、微妙なところがある気がする。

「ちょんぼ」は、元来、上記のように、

「『間違った和了』の意味であり、和了の条件を満たしていないにも関わらず和了を宣言したような場合(誤ロンあるいは誤ツモ)をチョンボと呼んだ」

が(仝上)、罰符が適用される反則行為にとどまらず、麻雀における反則行為全般についてチョンボと呼ぶ場合があり、それが転じて、

不注意による失敗をチョンボ、

というようになった、とみられる(仝上)。1970年代後期に、うっかりミスや間違いのことを「ちょんぼ」というようになり、また一部では万引きという意味でも使われる(日本語俗語辞典)、という。意味が、故意にシフトしたようである。もともと微妙にそんな含意があったのかもしれない。

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:ちょんぼ
posted by Toshi at 05:31| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする