2020年04月07日

セリ


四辻善成が、「源氏物語」の注釈書「河海抄(かかいしょう)」の中で、平安時代の「若菜まいる」の中で、

薺(なずな)、繁縷(はこへら)、芹(せり)、菁(すずな)、御形(ごぎょう)、須々代(すずしろ)、佛座(ほとけのざ)、

の七種の野菜・野草を挙げたのが、七種の嚆矢とされているhttp://chusan.info/kobore3/46nanakusa.htm。その一つである。

春の七草については、「七草粥」http://ppnetwork.seesaa.net/article/474392568.html?1585940926で触れたし、

「ごぎょう」http://ppnetwork.seesaa.net/article/474409213.html?1586027625
「すずしろ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/465194822.html
「すずな」http://ppnetwork.seesaa.net/article/465179244.html
「ほとけのざ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/464898986.html
「なずな」http://ppnetwork.seesaa.net/article/464883576.html
「はこべ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/464851193.html

でも触れた。

「セリ」は、異名、

根白草、
つみまし草、
シリバ、
エグ、
エグナ、
カワナグサ、

とある(たべもの語源辞典)。「セリ」に、

芹、
芹子、
水芹、

と当てる(広辞苑)。

水中に生じるものを水芹、川にある物を川芹、田に植えるものを田芹、根の賞すべきを根芹、陸に生ずるものを畠芹または野芹、水田にある茎葉ともに赤みを帯びたものを赤芹と称し、茎の白いものを白芹という。赤芹(田芹)が香りもよい、

とある(たべもの語源辞典、大言海)。「セリ」の漢名は、

水芹、
水斳、
苦斳、
水芹菜、
水菜、
水英、
芹菜、
紫芹、
楚葵(ソキ)、

とある(仝上)。

中国薬物名としては6 -7月ころに刈り取って乾燥した全草を水芹(すいきん)と称している、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AA

セリ.jpg



セリ特有の香り成分は、

フタル酸ジエチルエステルなどの精油成分で、根の香りはポリアセチレン化合物に由来する[8]。これらの香り成分は、口内の味覚神経を刺激して、胃液の分泌を促すとともに、人間の体温を上げて発汗作用を促す効果があり、風邪による冷えなどに有効とされる。また、栄養成分にβ-カロテン、ビタミンB1・B2・C、カルシウム、鉄分、クエルセチンなどの栄養素を主に含み、胃や肝機能を整えたり、利尿効果を高めて[8]、血液中の老廃物やコレステロールを排出して浄化する効果が高い食材といわれる、

とある(仝上)。「セリ」は、古く出雲風土記に、

稲河(とうが)に芹出づ、

と載るし、万葉集にも

大夫(ますらを)と思へるものを大刀佩きてかにはの田居に芹子(せり)そ摘みける(薜妙観命婦)

等々セリ(芹子/世理)摘みの歌がいくつか知られているし、「セリ」の異名から見ると、

君がため山田の沢に恵具(えぐ)摘むと雪消(ゆきげ)の水に 裳(も)の裾(すそ)濡れぬ(作者未詳)

の「えぐ」もセリとみなし得る、されるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AA

さて、「セリ」の語源は、

一所にセリ(競)あって生えるところからか(古今要覧稿・和訓栞・大言海・たべもの語源抄=坂部甲次郎・日本語源広辞典)、
一所にセマリ(迫)あって生えるところから、マが略されてセリとなった(日本釈名・滑稽雑談・名言通・日本語源=賀茂百樹)、

が多数派であるが、

競り合うように生えている植物は多く、セリよりも密集して生える植物も多い、

という(語源由来辞典)ように、少し疑問が残る。しかし、

シゲレリの反(名語記)、
シゲリ(茂)の義(言元梯)、

と、その生え方に由来するとする説は多い。他は、

セセラギヰ(浅流藺)の義(日本語原学=林甕臣)、
煮て食べるとセリセリと音がするところから(本朝辞源=宇田甘冥)、
河の瀬にあるところから(和句解)、
アイヌ語のseriは日本語からの借用語と考えられているが、またはアイヌ語が日本語に入ったものか(語源辞典・植物篇=吉田金彦)、

等々、決め手はない。たべもの語源辞典は、セリ(競)説、セマリ(迫)説、セリセリ擬音説、河の瀬説を一蹴し、

結局、ひとつ所に迫(せ)りあって生えるところからセリの名はできたものと考えられる、

と微調整した説を採っている。「せる(迫)」は、

セメ(迫・攻・責)と同根、

で、

間隔を詰める、

意ではある(岩波古語辞典)が、「競う」意ではなく、

一所にセマリ(迫)あって生える、

と同じ説ということになる。落ち着けどころかもしれない。

ところで、今は使われないが、

芹を摘む、

という言い回しは、

願いが叶わない怨みにいうことがある、

とある(岩波古語辞典)。それは、

宮中の庭掃除男が、セリを食べている后を垣間見て恋心を起こし、后のためにセリを摘んで御簾のあたりへ置いたのに、思いが遂げられず死んでしまったという伝承が俊頼口伝にある、

からという(仝上)。俊頼口伝は、

俊頼髄脳、

ともいう源俊頼によって書かれた歌論書である。

参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:水芹 芹子 セリ
posted by Toshi at 04:10| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする