2020年05月15日

ひっちゃかめっちゃか


「ひっちゃかめっちゃか」は、

しっちゃかめっちゃか、

の訛りとされる。

混乱・散乱したさま、

をいうが、

めちゃくちゃ、

と同義である。めちゃくちゃhttp://ppnetwork.seesaa.net/article/475079100.html?1589394948と同様、擬態語と思われ、乱雑度は、

めちゃくちゃ、

よりは勝る、というニュアンスである。他に、

しっちゃぐっちゃ、
しっちゃごっちゃ、
しっちゃがめっちゃが、
しっちゃがめんちゃが、
しっちょくわっちょ、
やっちゃぐっちゃ、

といった訛もあるらしいhttp://www1.tmtv.ne.jp/~kadoya-sogo/ibaraki-si.html

「しっちゃかめっちゃか」について、触れたものはあまりないが、その語源について、

古代の弦楽器「弛衣茶伽(ちゃいか)」の弦が23本もあり、ちょっとやそっとでは演奏できない難物であったから、
不器量な女性を意味する隠語「しっちゃか面子(めんつ)」から、

https://d.hatena.ne.jp/keyword/%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%8B%E3%82%81%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%8B挙げるものがある。ただ、

弛衣茶伽(ちゃいか)、

については、はっきりわからないことと、

しっちゃかめんつ、

は、

しっちゃかめっちゃか、

があって意味を成す言葉の様に感じるので、先後が逆かもしれない。

憶説になるが、「めっちゃか」は、

めちゃ(滅茶)、

の促音化、

めっちゃ、

と関わるのではないか、という気がする。

「しっちゃか」は、まったく当たりのつく言葉がないが、江戸語大辞典に、

しっちなぐる、

という言葉があり、

引きしゃなぐる、

の転訛とし、

ひっしゃなぐる→しっしゃなぐる→しっちゃなぐる→しっちなぐる、

と訛ったとする。「引きしゃなぐる」とは、

引きちぎって取る、
掻きむしって取る、
ひったくるようにして取る、

といった意味で、

むしり取る、

という意味である。もし、この「ひったくる」含意が「しっちゃか」にあるとすると、

しっちゃかめっちゃか、

は、単に状態表現ではなく、

むしりとって滅茶滅茶にする、

という、主体の行為を表しているのかもしれない。とすると、

しっちゃかめっちゃか→ひっちゃかめっちゃか、

の転訛ではなく、

ひっちゃかめっちゃか→しっちゃかめっちゃか、

の転訛ということになる。他に、方言で、

引き裂く、

という意味で、

しっちゃぐ、
しっちゃく、

と言い、

裂ける、
破れる、

という意味で、

しっちゃげる

という言い回しもある(仝上)。そういえば、

ひっちゃぶる、
しっちゃぶる、

という言い方で、

裂く、
破る、

を強調する言い方もある。この「ひっ」は、「引く」の促音である。やはり、「ひっちゃか」「しっちゃか」は、

引く、

ということで、その動作の主体の意志を強く言い表している含意に思われる。もちろん憶説だが。

参考文献;
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 03:17| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする