2020年09月05日

クラゲ


「クラゲ」は、

水母、
海月、
水月、

等々と当てる。「水母(すいぼ)」「海月(かいげつ)」「水月(すいげつ)」は、漢語である。

海月伴行舟(張説詩)、
水母目蝦(郭璞・江賦)、

等々とある(漢字源)。別に、

海舌(かいぜつ)、

ともいう(字源)。「水母目蝦」は、

クラゲには目がないと思った昔の人がクラゲのそばに蝦がいて、人が来てとろうとすると、エビが水中に入り、クラゲもついて沈んでしまう、

そう考えて、

水母、蝦を目とす、
とか、
水母、蝦目(カモク)を借る、

といった(たべもの語源辞典)意である。「海月」「水月」は、

海中あるいは水中の月のように見える、

という意味であるが、「水母」の謂れは不明のようである(たべもの語源辞典)。

海鏡、
石鏡、
海蛇、

も「クラゲ」の意だが、これから転じて、

海折(かいせつ)、

とも書くし、

凝月、

とも書く(仝上)。クラゲを煮ると固まるからである。

和語「クラゲ」は、

国稚(わか)く浮きし脂のごとくして、久羅下なすただよへるときに、

とある(古事記)ように、

久羅下、
久良介、

等々と当てて、古くから使われている。和名抄は、

海月、一名水母、久良介(くらげ)、貌似月在海中故名之、

とするし、天治字鏡は、「虫」扁に「竟」の字を、

久良介、

としているが、大言海は、

和製字なり、鏡虫の合字なるべし、

とし、珍しく、

語原を考へ得ず、

とした上で、こう書いている。

試みに云はば、輪笥(クルゲ)の轉にて(弦(ツル)、つら)、形に就きて名とするか、いかが。和訓栞に、海鏡とも云ふとあり、天治字鏡には、鏡虫の合字を作れり。器に見立てては、あるなり、水母(クラゲ)に目なしと云へば、暗気(クラゲ)ならむなどと云ふ説もあれど、開闢の時、然る、謎詞はあらじ、

と。この自信無げな、

輪笥(クルゲ)の轉、

説に似たのが、日本語源広辞典で、

クラ(クル輪)+げ(笥)、

で、形が丸い笥(容器)、

とする。その「クラ」から展開するのが、たべもの語源辞典で、

たよりなく海中にのらりくらりして、クルクルとかクラクラしている様子をクラゲといったのである。回転することをクラクラというが、このクラである、

と。

軽くめまいする様子の、

「クラクラ」の「クラ」であるが、

「くらくら」の「くら」は、「くるくる」の「くる」と関係があり、回転する意を表す。「目がくらむ」「立ちくらみ」の「くら」も同源である、

とある(擬音語・擬態語辞典)。「くるくる」は、

物が軽やかに回転する様子、

の意だが、平安時代から見られるとあり、奈良時代は、

くるる、

といった、とある。

緒もくるるに、其の髻(もとどり)に纏(ま)かせる……、

とある(日本書紀)。時代差が気になるところだが、「クラゲ」の「クラ」が、和語の特徴である擬態語から来た、とするのは説得力がある気がする。

目がないといわれていたところから暗(くら)ぐれ(和句解・日本釈名・滑稽雑誌所引和訓義解)、
色が黒いことから(和句解)、
クリアゲ(繰り上げ)の義(名言通)、
フラコ(振魚)の義(言元梯)、
イクラカイケ(幾何生毛)の義(日本語原学=林甕臣)、
くらがりにいる化け物のようだから(たべもの語源辞典)、

等々の諸説は、たべもの語源辞典が一蹴するように、「難しく」考え過ぎである。理屈ばった説は、大概外れである。

ただ、日本語の語源は、例によって、音韻変化から、

上代人は海面を漂うクラゲ(海月)を見て、「浮く許りの魚」と呼んだ。その省略形のウクバカリ(浮く許り)は、バの子交(子音交替)[bd]とカリ[k(ar)i]の縮約とでウクダキ・ウクダケ(浮く丈)になった。さらにウの脱落、ダの子交[dr]でクダケ・クラキ・クラゲに転音した。相模のクラキ(久良岐)郡を中世クラゲ(海月)郡と呼んだのと同様の母交(母音交替)[ie]である、

と説く。是非の判断はできないが、

クラキ→クラゲ、

は、カナシゲ、キヨゲの接尾語ゲと同じ「気」はキ→ケの転訛で説明が付くのではあるまいか。「け(気)」は、

気(き)音の転、

「げ(気)」は、

気(け)の連濁、

であり(大言海)、

他語の下に属きて、風情、気色(けしき)を云ふ、

とある(仝上)。

擬態語「くら」+気(げ)、

ではないか。なお、

水母の骨、

という言葉があり、

あるわけがないもの、
または、
きわめて珍しいもののたとえ、

として使われる。『承久記』に、上田刑部という武士が、

人の身には、命ほどの宝はなし。命あればクラゲの骨にも申すたとえの候なり(命があれば、クラゲの骨にも会うだろう)、

と言ったとされるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2。このため、民話に、

海月骨なし、

という話がある。

竜宮の乙姫が病となり、猿の生き胆を食べると治るというので、竜王の命令で、亀が猿をだまして連れてくる。ところが門番のクラゲが、猿に生き胆を取るのだと告げてしまう。肝を木に干してきたと欺いて亀に陸地へ連れて行かせる。このためクラゲは罰として骨を抜かれた、

という。類例は全国に分布し、クラゲが猿を連れに行く使者という変形もある。

クラゲを食用とするのは、日本と中国であるが、中華料理では、

海蜇(ハイチェ)、

といい、塩漬けクラゲを指す(大辞林)。

ミズクラゲの集団.jpg

(ミズクラゲの集団 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2より)

参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
山口仲美編『擬音語・擬態語辞典』(講談社学術文庫)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:13| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする