2020年11月02日

伝法


「伝法」は、

デンポウ、
デンボウ、

と訓ませる。

仏法を師から弟子に伝える、

という意味(広辞苑)がある(だから「伝法院」の名がある)が、ここでは、

伝法な、

といった言い回しをする、

無銭で、芝居や見世物を見物すること、またその人、

の意であったり、そこから広がって、

悪ずれして乱暴な言行をすること、またその人、

の意で使う「伝法」である。

無頼漢、
ならず者、

と同義で使われたりする(仝上)。さらには、

勇み肌、

という意にもなっていく。

「いなせ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/414618915.htmlで触れたことがあるが、「伝法」は、

江戸浅草伝法院の下男などが、寺の威光を頼んで無無法なふるまいをしたからいう、

とある(仝上)。大言海は、「でんばう」は、

錢の出ぬ坊の義、

とし、

江戸、浅草寺別當、観音院を、寛永三年より智楽院と称せしを、同七年以降、七世の別當昂公然より、傳法院と改称したり。其院の仲間ども、寺の威を藉りて、観音境内の見世物を、無銭にて観たるより起こりし語。一説に、傳法院の奴輩の亡状より起こりて、仮名はでんぼうなりとも云ふ、

とある。原意は、

芝居、見世物に、木戸銭を払はず、入りてみること、

を指す。たしかに、「いなせ」や「だて」や「鉄火肌」と似た意味になっているが、どちらかといえば、かなり「しょぼい」連中である(なお「しょぼい」http://ppnetwork.seesaa.net/article/473190057.htmlは触れたことがある)。

江戸語大辞典をみると、そうした無銭で感激する連中を、芝居者の隠語で、

伝法、

といったらしい。たとえば、

茶屋のかくしことばが大がいでんぼうとは、むかし油虫といひたる事(享和三年(1803)「三座例遺誌」)、
でんぼうとは、只見る見物のこと(伝奇作書後集)、

等々とある。それを指す、

伝法見物(でんぼうけんぶつ)、

という言葉もある。それが、

小言、苦情、

の意に転じ、

よつぴてでんぼうをいいの(芝居でぶうぶういふ通言也)、今はねやした(寛政初年(1789)「玉の幉」)、

と使われ、当然、

悪ずれして、粗暴な言動をなす者、

の意となり、

江戸ででんぼう、上方で、もうろくなどといふあばづれがあれど(文化十年(1813)「浮世風呂」)、

と使われ、それを、囃すものがいるから、

勇み肌、いなせ風を好むこと、またその人、

の意となり、この意で使うようになって、勇み肌の意の意で、

伝法肌(でんぼうはだ)、

と使われたり、それを好むものを、

伝法(でかぼう)好き、

等々といい(江戸語大辞典)、「伝法」を、

でんぽう、

と訓ませるようになり、

浮虚者(うはきもの)めは、でんぽうの方へ、ころげ込むテ(こころいきがいさみでいいといふから、これにて閉口さ)(文化十一年(1814)「素人狂言紋切形」)、

さらには、

虚言、うそ、

の意でも使われる(仝上)。

でんぼう、虚言を云、武蔵忍あたりの俗言なり(俚言集覧)、

これは、無銭の意に戻った感じである。

伝法院.jpg


参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:伝法 伝法な
posted by Toshi at 04:44| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする