2020年12月05日

ニンジン


「ニンジン」は、

人参、

と当てる。「ニンジン」(人参)は、

オタネニンジン(御種人参)、

を指し、

朝鮮人参、

を言う(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3・大言海)。または、

高麗人参、

とも言い、

ウコギ科の多年草。

いわゆる「ニンジン」の漢名は、

胡蘿蔔(こらふ・こらふく)、

という。現在でも中国では胡蘿蔔と記述している(仝上)。「胡蘿蔔」とは、

「すずしろ」(ダイコンの異名)のことであり、「胡」は外来であることを示している。(胡麻=ゴマ・胡椒=コショウ・胡桃=クルミ・胡瓜=キュウリなども同様)、

とある(仝上)。この「ニンジン」は、

セリ科、

で、

セリ(芹)ニンジン、
ハタ(畠)ニンジン、
ナ(菜)ニンジン、
八百屋ニンジン、

等々という(広辞苑・仝上)。大言海は、「ニンジン」を、

人参、

と当てるものと、

胡蘿蔔、

と当てるものとに項を分けて記載する見識を示している。前者は、いわゆる、

朝鮮人参、

で、

根に頭、足手、面目ありて人の如きを最上として名あり、

とし、別名、

カノニケグサ、
熊膽(クマノイ)、

とし、こう記す。

オタネニンジン.jpg


一茎直上し、梢に三枝を分かち、枝ごとに五葉を生ず、うこぎ(五加)の葉の如し、皆鋸葉あり、年久しきは、数枝、数葉に至る。枝の中に一茎を生じ、其梢に細小花、簇り生ず、五弁にして淡緑色なり。中に白蕊あり、亦うこぎの花に似たり。花後に、実を結ぶ。形圓くして緑に、秋冬に至り、紅に熟す。根を薬用とす、

と。10世紀前半成立の『和名類聚抄』では、和名を、

加乃仁介久佐(カノニケ草)、

と表記しているhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3。これを、

御種人蔘、

というのは、

八代将軍徳川吉宗が対馬藩に命じて朝鮮半島で種と苗を入手させ、試植と栽培・結実の後で各地の大名に種子を分け与えて栽培を奨励し、これを敬って「御種人参」とよぶようになったといわれる、

とある(仝上・大言海)。

今日の「ニンジン」は、

東洋系ニンジンと西洋系ニンジンに大きく分けられ、東洋系は細長く、西洋系は太く短いが、ともに古くから薬や食用としての栽培が行われてきた、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3。「ニンジン」は中央アジアの原産で、

西洋系ニンジンの原産地は小アジア、
東洋系ニンジンの原産地は中央アジア、

といわれ、原産地のアフガニスタン周辺で東西に分岐し、世界各地に伝播した、とされる(仝上)。東洋系ニンジンは、

中国元の時代(1271~1368)に西方から伝わり、

胡蘿蔔、

と呼ばれ、日本伝来はそれ以降で、寛永年間(1624~44)の『清良記』(1628)、『多識編』(1631)に記載されているところから、1600年頃と推定される(日本語源大辞典・たべもの語源辞典)。「多識編」には、

胡蘿蔔、今案世利仁牟志牟、

とあり(仝上)、当初その葉が芹に似ていることから、

セリニンジン、

と呼ばれた(仝上)。日本に伝わると、短い期間で全国に広まり、江戸時代の農書に、

菜園に欠くべからず、

とあるほどになるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3。江戸時代に栽培されていた品種は東洋系が主流だったが、江戸時代後期に西洋系ニンジンが伝わり、明治期に入ると欧米品種が次々と導入され、東洋系ニンジンは栽培の難しさから生産量が減少し、戦後は西洋系品種が主流になっている、とある(仝上)。

人参.jpg


参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:58| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする