2020年12月07日

ぶっきらぼう


「ぶっきらぼう」は、

言動に愛敬がないこと、

とある(広辞苑)が、ちょっとニュアンスが違い、

不愛想、

のような気がする。大言海は、

打切坊、

とあて、

木強(きすげ)なること、木の切れ端のやうなること、質朴すぎて愛敬なきこと(東京)、

の意とする。「木強」http://ppnetwork.seesaa.net/article/476709001.htmlは、

ぼっきょう、

と訓ませ、

心が木石のように一徹なこと、
飾り気がなく、剛直なこと、
無骨、

という意であり(広辞苑)、

木強漢(ぼっきょうかん)、

と、

一本気で飾り気のない男、

の意で使う言い方もある。「木強」は、

きすぐ、

と訓ませ、副詞的に、

気性の質朴にして、飾りなき状を云ふ、

とあり(大言海)、

気健、

とも当てる(岩波古語辞典)のを、名詞化したものと見える。江戸語大辞典は、「ぶっきらぼう」を、

打切棒、

と当て、

ぶっきりぼうの転訛、

とする。「ぶっきりぼう」は、

棒状の固飴を七、八分位にぶっきりにしたもの、

で、

ぶっきり飴、

の意とする。それが転じて、

「野暮で固めし手づくねに、土気の抜けぬ宵子の小指、ぶっきり棒に釣鐘と、提灯掛けて引担ぎ」(享和元年(1801)名歌徳三舛玉垣)

というように、

無愛想、

の意となった、とする。「ぶっきり飴」とは、

固飴を引き伸ばして2センチメートル程度の長さに切ったもの、

を言う(広辞苑)。だから、「ぶっきらぼう」の語源としては、

木の切れ端(大言海)、
と、
ぶっきり飴(江戸語大辞典)、

とがあることになる。「ぶっきり」は、

打ち切り、

の、

うち→ぶち→ぶつ、

の転訛だが、「打ち切り」は、

ぶっきること、

であるが、「打ち切る」の「打(う)ち」は、

切るを強めている語、

であり、

うちきる→ぶちきる→ぶっきる、
うちとばす→ぶっとばす、
うちのめす→ぶちのめす、
うちころす→ぶちころす→ぶっころす、
うちたたく→ぶったたく、
うちあけ→ぶちあけ→ぶっちゃけ、

等々というよう、「切る」を強調しているだけだ。「ぼう」は、

坊、
とか
棒、

と当てるが、

けちんぼう(坊)、
くいしんぼう(坊)、
どろぼう(泥棒・泥坊)、

のように擬人化したり、

あめんぼう(棒)、
おさきぼう(棒)、
かたぼう(片棒)、
ごかぼう(五家宝・五荷棒)、

と、その形状に準えたりする擬物化にすぎない。だから、「ぼう(棒・坊)」には意味がなく、

ぞんざいにぶっ切った状態、

のような気質を指している、とみられる。

ぶっきり飴、

ぶっ切った木の端、

は例えにすぎない。

ぶっきり飴.jpg


参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:52| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする