2020年12月18日

ことわり


「ことわり」は、

断、
理、

と当てる。「断」とあてる「「ことわり」は、

物事の理非を分かち定めること、判断、判定(源氏「中将はこのことわりを聞きはてんと」)、
申し訳、言い訳(源氏「いみじうことわりして聞こゆとも、いとしかるべいわざぞ」)、
前もって理由を告げること(浄瑠璃・淀鯉出世滝徳「きつう酔うて御座んす故、ことわりいうて内からお駕籠に召させます」)、

の意があり、「理」とあてる「ことわり」は、

道理、条理(万葉集「父母を見れば貴し妻子(めこ)見ればめぐし愛(うつく)し世間(よのなか)はかくぞ道理(ことわり)」山上憶良)、
格式、礼儀に適っていること(欣明紀「新羅ことわり無し」)、
理由、わけ(源氏「そのことわりをあらはにえ承り給はじ」)、
当然のこと、もっともなこと(源氏「人の御心を尽し給ふも、げにことわりと見えたり」)、
(副詞的に)もちろん、無論(枕草子「わが得たらむはことわり、人の許なるさへ憎くこそあれ」)、

の意がある(広辞苑)が、どうも両者に差があるとは思えない。

「断(斷)」(漢音タン、呉音ダン)は、

会意。「糸四つ+それをきるしるし+斤(おの)」で、ずばりと糸の束を断ち切ることを示す、

とあり(漢字源)、「上から下へズバリと断ち切る」意で、「決断」「切断」「断乎」である。

断は、ものを二つにたちきること。または物の中たえたることにも用ふ。断碑、斷橋、斷雲の如し。転じて、決断の義に用ふ。斷獄の如し、

とあり(字源)、「断」には、

ことわる、ことわり、理由を説明して相手の要求を退ける、訳を述べて許可を得る、又はその許可、

といった意味はない(仝上)。「理」(リ)は、

会意兼形声。里は「田+土」からなり、すじめをつけた土地。理は「玉+音符里」で、宝石の表面にすけてみえるすじめ。動詞としては、すじをつけること、

で(漢字源)、「物事のすじめ」「ことわり」の意で、「道理」「論理」と使い、

理は、玉を治むる義。筋道をただしてをさむるなり、

とあり(字源)、むしろこの「理」のほうが、和語「ことわり」に当てるのに適っている。

岩波古語辞典をみると、

話の筋道をつける、筋道を立てて説明する

筋ありとする、道理ありとする、

(理非・正邪の)判断を下す、

前もって事の次第を知らせる、予告する、

拒絶する、

という意味の流れが見え、

筋道が通っている、

道理、

判断、

が主たる意味の流れで、だから、

拒絶する、



もちろん、

という意はこの意味の流れから当然帰結するし、敢えて言えば、

前もって知らせる、

のが、

筋通に通じる、

とも言える。

大言海は、「理」と「断」を分ける。「理」は、

筋道、
礼儀、

の意であり、「断」は、

告げおくこと、
過去の過ちを詫びること、
拒むこと、

とする。つまり、

話の筋道をつける、筋道を立てて説明する

筋ありとする、道理ありとする、

は「理」を当て、

(理非・正邪の)判断を下す、

前もって事の次第を知らせる、予告する、

拒絶する、

は、「断」を当てるとする。「理」の用例は古く、神代紀に、

於義(ことはり)不可、

とある(大言海)。用例を見ると、「断」は、近世以降に見える。

一般に、「ことわり」は、

動詞「ことわる」の連用形の名詞化、

とされ、「ことわる」は、

事割る(広辞苑)、
言割る(大言海)、

のいずれかとされる。「言霊」http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba2.htm#%E8%A8%80%E9%9C%8Aで触れたように、一般的に、「事」と「言」は同じ語だったというのが通説である。あるいは、正確な言い方をすると、

こと

というやまとことばには、





が、使い分けてあてはめられていたが、古代の文献に見える『こと』の用例には、『言』と『事』のどちらにも解釈できるものが少なくなく、それらは両義が未分化の状態のものだとみることができる、とある(佐佐木隆『言霊とは何か』)。

「ことわり」は、

物事の筋道を見つけたり、つくり出したりする意、

で(岩波古語辞典)使われたのがはじめと見える。そして、

「万葉集」や「竹取物語」などの中古前後の和文資料には、動詞コトワルの例がみられず、中古中期などでも名詞、形容動詞の例に比べ、動詞例はごくわずかであるところから、

ことわり(名詞)→ことわる(動詞)、

という転化ではないか、と見る説がある(日本語源大辞典)。大言海は、動詞も、「断る」と「理る」を区別している。

言い別く、裁断す、判断す、
言い訳する、

を「断る」「理る」と当て、この転として、

告げおく、報告する、
理(ことわり)を云ひて押し戻す、
拒む、

を「断る」と当て、

常に断の字を当てるも(「断る」「理る」より)移れなり、

と。江戸語大辞典は、

断る、

と当て、

告げる、
訴える、
届ける、
抗議する、

意を載せる。

「理」の意味が、

筋道、

の意味から、主体の、

(理非・正邪の)判断を下す、

前もって事の次第を知らせる、予告する、

拒絶する、判断する、

といった言動にシフトした時が、動詞化のきっかけであり、「理」と「断」の分化につながったのではないか、と推測する。

参考文献;
佐佐木隆『言霊とは何か』(中公新書)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:ことわり
posted by Toshi at 04:47| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする