2022年03月19日

あだし心


世は皆夢の幻(うつつ)とこそ思ひ捨つる事なるに、こはそも何事のあだし心ぞや(太平記)、

の、

あだし心、

は、

徒し心、

と当てたりする(岩波古語辞典)が、

浮ついた心、

とある(兵藤裕己校注『太平記』)。ただ、あだし、

には、

徒し、

のほか、

空し、
敵し、
仇し、
他し、
異し、

等々とも当て、意味を異にする。いずれも、古くは、

あたし、

であった(広辞苑・岩波古語辞典)。

君に逢へる夜霍公鳥(ほととぎす)他(あたし)時ゆ今こそ鳴かめ(万葉集)、

と、

他し、
異し、

と当てる意は、

異なっている、
別である、

になる。類聚名義抄(11~12世紀)に、

他、アタシ、

とある(広辞苑・岩波古語辞典)。

殿の御前の御聲は、あまたにまじらせたまはず、徒しう聞こえたり(栄花物語)
の、

徒し、
空し、

と当てる意は、

空しい、
不実である、

になり(仝上)、

徒を活用せしむ語(眞(まこと)しき、大人しき)、あだし契、あだし世、などと云ふは、終止形を名詞に接しむる用法にて、厳(いか)し矛(ほこ)、空し車、同例なり、

とあり(大言海)、

意味上はアダ(不実)の形容詞形と考えられるが、常に名詞と複合した形で使われる。アダシ(他)とアダ(不実)との意味と形の近似による混交の結果生じた語であろう。中世以後の例が多い、

とある(岩波古語辞典)。「あだし心」はその典型例になる。

王は外道に党(かたちは)へり(味方した)。それ敵(あだ)すべけむや(大唐西域記)、

と、

仇し、
敵し、

と当てる意は、

敵対する、
はむかう、

になり(広辞苑・岩波古語辞典)、類聚名義抄(11~12世紀)には、

敵、アタル、カタキ、アタ、

とある。だから、

アタは仇、

とある(仝上)。

「あだ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/456168855.htmlで触れたことだが、

徒し、
空し、
敵し、
仇し、
他し、
異し、

とあてる「あだし」の語幹「あだ」は、いずれも古くは、

あた、

と、清音だが、

徒・空、
他・異、
仇・敵、

の三通りがある。「徒」は、

無用の意を言うアヒダ(閒)の約(大言海・名言通)、
アダシ(他し)の語根(大言海)、
アナタ(彼方)の約言(和訓集説・萍(うきくさ)の跡)、

など諸説あるが、「他」との関係について、「他」は、

徒(あだ)の、実なき意の、我ならぬ意に移りたる語にもあるか、

と、

他(異)し、

徒(空)し、

を繋げている(大言海)。有名な、

君をおきてあだし心をわが持たば末の松山波も越えなむ(古今集)、

を、

徒し、

ではなく、

他し、

と当てている(岩波古語辞典)のを、

アダシ(他)とアダ(不実)との意味と形の近似による混交の結果生じた語であろう。中世以後の例が多い、

とする(仝上)のは、意味の近さからではないか。

他し心、

は、

他に心を移している、

意であり、

徒し心、

は、それゆえの、

不実な心、

ということになる。もともと「あだし心」は、

異なる、他のものに心を移す、

という状態表現にすぎなかったが、そのこと自体に意味を持たせた価値表現へと転じ、

徒し心、

へとシフトしたのかもしれない。

「仇し」については、「あだ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/456168855.htmlで触れたように、

語源についてはいまだ確定的なものはない。『万葉集』の表記に始まって平安朝の古辞書における訓、中世のキリシタン資料の表記はすべてアタと清音になっており、江戸中期の文献あたりでは、いまだ清音表記が主流である。二葉亭四迷の『浮雲』を始め近代の作品ではアダと濁音化しているので、江戸後期から明治にかけて濁音化が進んだとみられる、

とあり(日本語源大辞典)、

當(あた)るの語根、名義抄「敵、アタル、カタキ、アタ」、日本釈名(元禄)「アタは、當る也、我と相當る也、敵當の意なり」(大言海)、
「アタ(当たるの語幹)の変化」です。アタンスル(寇にする)が方言に残っています。アダと濁音になったのは憎む意の加わったものです(日本語源広辞典)、

と、「仇きに同じ」として、

憎むに因りて濁らするか(浅〔あさ〕む、あざむ。淡〔あは〕む、あばむ)、

と、その意味から濁点化したとみている(大言海)。もともと、

びたりと向き合って敵対するものの意、

と(岩波古語辞典)いう状態表現であったものが、「憎む」価値表現を加味したということかもしれない。

「徒」 漢字.gif

(「徒」 https://kakijun.jp/page/1067200.htmlより)

「徒」(漢音ト、呉音ズ・ド)は、

形成。「止(あし)+彳(いく)+音符土」で、陸地を一歩一歩とあゆむことで、ポーズをおいて、一つ一つ進む意を含む、

とある(漢字源)が、別に、

「辵」と「土」を合わせた漢字。「辵」は歩くことを意味し、「土」は地面、同時に音(ト)を示す。「徒」は地面を踏みしめ歩くことである、

ともhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%BE%92

会意兼形声文字です(彳+土+止)。「十字路の左半分」の象形(「道を行く」の意味)と「土地の神を祭る為に柱状に固めた土」の象形(「土」の意味)と「立ち止まる足」の象形(「足」の意味)から、道を行く時に乗物に乗らず、土を踏んで「あるく」を意味する「徒」という漢字が成り立ちました、

ともあるhttps://okjiten.jp/kanji593.html

参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:あだし心 徒し心
posted by Toshi at 04:21| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする