2022年09月29日

らふたく


女臈の容儀、美しいともいはんかたなくらうたきが、髪はながながと押下げ、眉太うはかせ、数々の衣装、七つ八つ引きかさね給ひ、てぶり(=てぶら 素手)の手をさしのべ(義殘後覚)、

とある、

らうたき、

は、

上品、優美なさま、

とある(高田衛編・校注『江戸怪談集』)。因みに、「手ぶり」は、

手振り、

と当て、この訛りが、

てぶら、

つまり、

素手、

の意である。文語で、

らふたく、

は、現代語では、

ろうたける、

となり、

臈(﨟)長く、
臈(﨟)闌く、

と当てる(岩波古語辞典)。「臈」は、

﨟、

と同じで、異体字、

臘、

が正字とあり(字源)、

﨟、
臈、

は俗字とあり(仝上・https://ja.wiktionary.org/wiki/%E8%87%88)、現代中国の簡体字では、

腊、

と書く(仝上)。

唐代、7、8世紀の『干禄字書(かんろくじしょ)』に、

臘、俗作﨟、

とある。「臘」は、古代中国の、

冬至後、第三戌の日の祭、転じて年の意となる、

とある(大言海)。それを、

臘祭(蜡祭)、

といい、

その年に生じた百物を並べまつって年を送る祭、

とあり、

臘月(ろうげつ)、

と、

臘祭は年末に行ふ、故に陰暦十二月の異名、

でもある(漢字源)。また「臈」は、

年の意、

に転じたこともあり、

我生五十有七矣、僧臘方十二(太平廣紀)、

とあるように、

僧臘(そうろう)、
法臘(ほうろう)、
夏臘(げろう)、
戒臘(かいろう)、

などと、

僧の得度以後の年数を数ふる、

にも云ふ(字源・漢字源・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%98)。

出家する者、髪を剃り受戒してより、一夏九旬の閒、安居(あんご)勤行(ごんぎょう)の経るを云ふ、これを、年﨟、法﨟、僧﨟、戒﨟などといふ、僧の位は受戒後の﨟の數に因りて次第す、之を﨟次(らふじ)と云ふ(僧の歳を記するに、俗年幾許、法臘幾許と云ふ、臘は安居の功(安居の功は、陰暦4月16日から7月15日までの3か月間の修行、この期間を一夏(いちげ)という)より數ふ)、又、在俗の人にも、年功を積むことに称ふ。極﨟(きょくろう・ごくろう)、上﨟、中﨟、下﨟と云ふは、上位、中位、下位と云ふが如し、

とあり(大言海・デジタル大辞泉)、そこから、身分の高きを、

上﨟、

といい、さらに、転じて、

女房の通称、

として、

二位、三位の典侍、

といい、公卿の女を、

小上﨟、

と云ふ(大言海)とある。「女房」は、

「房」は部屋、

の意で、

宮中・院中に仕える女官の賜っている部屋、

の意味から、

一房を賜っている高位の女官、

で、

上﨟・中﨟・下﨟の三階級、

がある。その意味で、「﨟」は、年功を積んで得た、

序列、
階級、
地位、

の意味に転じ、

すぐれた御﨟どもに、かやうの事はたへぬにやありむむ(源氏物語)、

と、

年功のある人、

の意でも使う(広辞苑・岩波古語辞典)。

「ろうたく」の「たく」は、「たけ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/461350623.htmlで触れたように、「たく(長く・闌く)」は、

タカ(高)の動詞化、

で、

高くなる、

意であり(岩波古語辞典)、単に物理的な長さ、高さだけではなく、時間的な長さ、高まりも指し、「たけなわ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/456786254.htmlで触れたように、

長く(タク)は、高さがいっぱいになることの意で使います。時間的にいっぱいになる意のタケナワも、根元は同じではないかと思います。春がタケルも、同じです。わざ、技量などいっぱいになる意で、剣道にタケルなどともいいます、

という意も持つ(日本語源広辞典)。だから、

タカ(高)と同根。高い所の意、

である、

たけ(岳・嶽)、

ともほぼ重なる。その意味では、「たけ(茸)」http://ppnetwork.seesaa.net/article/461300903.html?1535312164とも、「たけ(竹)」http://ppnetwork.seesaa.net/article/461199145.htmlとも重なって、長さ、髙さ、という含意を込めていたのではないか、と思える。だから、

たける(たく)、

は、

高くなる、
盛りになる、

という意味をメタファに、

坂東育ちの者にて、武勇の道にたけて候へ(保元物語)、

と、

(一つのことに)長ずる、

という意になり(岩波古語辞典)、

西大寺の静然上人、腰かがまり眉白く、まことに徳たけたる有りさまにて(徒然草)、

と、

円熟する、
熟達する、

意でも使う(広辞苑)。

そうみると、

ろうたく(ろうたける)、

は、直接的には、「臘」の、

僧侶が受戒した後に安居の功+積んだ年数(たけた)、

となり(日本語源広辞典)、

らふたけて来ておいらんの苦労なり(誹風柳多留)、

と、

年功を積む、経験を重ねる、

意(広辞苑)だけでなく、

この薄の歌は、すけまさが「なびく」「まねく」と言ひたるわたり、らふたけたるやうなり(源順集)、

と、

年功を積み、物事に巧みになる、

という意(岩波古語辞典)になる。それが、女性に転用されると、

いか程にもらふたけて劫いりたるやうにみえて(風姿花伝)、

と、

洗練されて上品である、

意で使われる(仝上)

「臈」 漢字.gif

(「臈」 https://kakijun.jp/page/E464200.htmlより)


「﨟」 漢字.gif

(「﨟」 https://kakijun.jp/page/EE59200.htmlより)


「臘」 漢字.gif

(「臘」 https://kakijun.jp/page/E463200.htmlより)

「臈(﨟・臘)」(ロウ)は、

会意兼形声。巤は、動物のむらがりはえた頭上の毛の総称で、多く集まる意を含む。臘はそれを音符とし、肉を添えた字で、百物を集めてまつる感謝祭である、

とある(漢字源)。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
樹藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:16| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする