2023年11月07日

五つの須弥


眉の間の白毫は、五つの須彌(しみ)をぞ集めたる、眼(まなこ)の間の青蓮は、四大海(しだいかい)をぞ湛へたる(梁塵秘抄)、

の、

白毫(びゃくごう)、

は、既にふれたように、

仏三十二相の一で、眉間の白毫(白い毛)は右旋して光明を発する、

といい(中島悦次校注『宇治拾遺物語』)、

眉間白毫相(みけんびゃくごうそう)、

と呼び(広辞苑)、

世閒眉閒有白毫相、右旋柔軟、如覩羅綿(兜羅綿)、鮮白光浄踰珂雪等(大般若経)、

と、

眉間にある右旋りの白い毛のかたまり、

であって、

眉間の白毫は、右に旋(めぐ)りて婉転して五須弥山の如し(眉間白毫、右旋婉転、如五須弥山)、

とあり(観無量寿経https://www.otani.ac.jp/yomu_page/b_yougo/nab3mq0000000reb.html)、

普段は巻き毛であり、伸ばすと1丈5尺(約4.5メートル)ある、

とされhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E7%99%BD%E6%AF%AB

釈迦牟尼佛、放大人相肉髻(にっけい)光明、及放眉間白毫相光、徧照東方八萬億那由他(なゆた)恆河沙(ごうがしゃ)等諸佛世界(法華経)、

と、

説法の前などに、仏はそこから一条の光を放ち、あまねく世界を照らす、

というhttps://www.otani.ac.jp/yomu_page/b_yougo/nab3mq0000000reb.html。また、

白毫者、表理顕明称白、教無繊隠為毫(嘉祥法華義疏)、

と、仏の眉間にある白い毛は、仏の教化を視覚的に表象したものとされ、

仏像では水晶などをはめてこれを表す、

とある(広辞苑)。初期の仏陀像にすでに、

小さい円形が眉間に浮彫りされている、

とある(日本大百科全書)。冒頭に、

五つの須彌(しみ)をぞ集めたる、

とあるのは、観無量寿経に、

間白毫、右旋婉転、如五須弥山、

にあるのに依る。

東大寺盧舎那仏像.jpg


この白毫の光明を観ずることで、

無量億劫(おっこう)の生死の罪が滅せられる、

と説かれるhttp://jodoshuzensho.jp/daijiten/index.php/%E7%99%BD%E6%AF%ABとある。仏教美術では、「白毫」は、

如来と菩薩、

に付け、

明王、天部、童子、

などには付けないhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%AF%ABとされ、仏画では、

白い丸や渦巻き、

で表され、仏像では、

丸い膨らみ、

や、

水晶・真珠、

等々の宝石がはめ込まれる(仝上・広辞苑)。

冒頭の、

眼の間の青蓮、

とある、

青蓮(しょうれん)、

は、

眼晴青蓮あざやかに、面門頻婆うるはしく(「浄業和讚(995~1335)」)、

と使われ、

五茎の青蓮華を五百の金銭をもて買取して(「正法眼蔵(1231~53)」)、
菩薩目、如廣大青蓮華様(法華経)、

とある、

青蓮華(しょうれんげ)、

の略かと思われるが、

青色の蓮華、

の意だが、

仏・菩薩の目、

にたとえる(精選版日本国語大辞典)とある。

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:59| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする