2012年11月19日

ボディサイコセラピーと身体のトレーニング~身体の意識と無意識



JCAK主催の「カッコよく・ラクに歩ける・実践的な歩き方第二弾」に参加し,プロフェッショナル・ランニング・コーチの小田英男さんに,ウォーキングとランニングの指導を受けたが,それと前後して,贄川治樹さんのボディサイコセラピーにも,「ボディサイコセラピー入門」の第三回と第四回,産業カウンセラー協会東京支部での「ノンバーバル・コミュニケーションをカウンセリングに活かす方法」と計三回参加したので,無理やりこじつけることになるが,両者から学んだことをまとめてみたい。

歩くということは,赤ん坊の時立ち上がってから,何十年もの間に出来上がった癖があり,その癖が楽だと思っていたが,足の運びではなく,上半身を,極端に言うと前に引っ張りだすことで,片足がで,そこに重みをかけることで,次の足が,すっと前へ流れる。うまく説明できないが,イメージは,急斜面をスキーで滑降する時,腰を引いたら滑れない。思い切って谷側へ頭を飛び込ませるようにすると,うまくはないが,なんとなく滑れた感覚があり,それと似た感じを持った。それは,足で歩くというのではなく,足を運ばせるという感覚なのだろうか。上半身をうまく使うことで,歩きのイメージが変わった。少なくとも,猫背や前のめりの格好ではなく,胸を張り,腰を軸に歩く感じになる。

これが,先日のウォーキングの場で学んだことだ。その前に,いくつか全身をほぐしたり,身体のゆがみの確認をしたが,それは,ある意味で,自分の中の凝りを確認することでもある。使っていない部分があるのはよくわかっていたが,同じことを,先日口の動かしを,ボディサイコセラピーの中でやった時,「口は唯一,自分でコントロールできる」箇所にもかかわらず,口の周りの筋肉は,使っていないところが,いっぱいあり,口の表情を極端に作っているうちに,口の周りが疲れてきた。唯一自分でコントロールできるにもかかわらず,自分のリソースに気づいてもいないし,使ってもいない,ということなのだ,というのはいまさらながらの気づきだ。口は言葉を吐くが,同時に,表情の要の気がする。

ボディサイコセラピーでは,身体のエネルギー(フロイト流のリビドー)の流れと滞りを大事にする,と受け止めたが,それは,身体の脈動であり,拡大と収縮によってエネルギーが流れるという感じだ。だからリズムということにつながる,というのを納得した。人には,人の微妙なリズム,例えば,歩き方,しゃべり方,感情の起伏,気分の振幅,脈拍もそうだし,呼気排気もそうだ。屈曲と伸展,開と閉,吸引と排出,押し出すと引っ込む,動と静等々。だから,アクセル(交感神経)とブレーキ(副交感神経)が偏れば,自律神経に凝りが出るのだろう。先般のトレーニングで,いくつかのウォーミングアップをしたが,多くは,屈伸であり,伸縮で,コリとは,使っていないという意味だが,逆に言うと,エネルギーが滞っている,ということだ。そこに,意味がある気がする。

ライヒは,無意識は身体の中にある,と言ったそうだが,心の中の抵抗は身体に出る。だから,言葉のメッセージと身体のメッセージの齟齬,ということはカウンセリングで再三言われた。大丈夫と言いながら,両手のこぶしが握りしめられている等々というのは,わかりやすい。

先日の「ノンバーバル・コミュニケーションをカウンセリングに活かす方法」では,自分がしゃべっているときの身体の動き,手ぶり,身振りを,いくつかフィードバックするというワークをやったが,組んだお互い,初めてそこで指摘されて気づいたことだらけであった。例えば,自分は,何かを強調する時,あるいは,話頭を転ずるきっかけに,首を左に振るらしい。「実はね」「それでね」等々。首を振った時,その瞬間に,「何が起きてるんですか?」と問われれば, その一瞬の心や感情に立ち止まれるかもしれない。特に繰り返す動作には,本人の無意識の反応がある。どうしても言葉に注目するが,河合先生もそんな趣旨のことを言っておられた記憶があるが,僕の師匠の80歳のカウンセラーは,相手の話をぼんやり聞き流し,その流れの中の微妙な変化や語尾にふと立ち止まって,返してくる。丁度水面に小さな気泡が上がったように。なんだろう,たとえが悪いが,レム睡眠のさなか,起されていま見ていた夢を確認される感じだ。

ボディサイコセラピーでは,「眼は魂の窓である」といい,眼はコンタクトの器官とも言って,「目が合うと身体の物理的接触の感覚が生ずる」と,アイコンタクトの重要性を学んだが,小田コーチのトレーニングでも,アイスブレークで,ボール投げの三種類,自分の名前を言って相手に投げる,相手の名前を言って相手に投げる,次の投げる人の名前を言って相手に投げる,を同時にやって,混乱し,笑い転げたが,この鍵は,アイコンタクトにある,と感じた。そういえ思い出したが,ボイストレーニングを受けた時,インストラクターは,腹式呼吸とかを教えず,相手の目を見て,その人に声を届けるようにと思って声を出す,ということを教わったことがある。アイコンタクトは,結構強力なのではないか。

ちょっと取り留めなくなってしまったが,「ノンバーバル・コミュニケーションをカウンセリングに活かす方法」の中で,意外に面白かったのは,無意味語会話だ。ただ,相手が,「むしむろへへのみみ」としゃべったら,相手の動作や表情を見ながら,こちらも,「ぎろぎろ,ははのげ,やまり」と返す。この時,両者の間で,起きているのは,言葉ではなく,気持ちや感情の交流だ。もし相手とのアイコンタクトがなく,互いの表情の交差がなければ,独り言を言い合っているだけだ。しかしそこで,表情と感情のシンクロが起きた。相手が大袈裟に身振りをすると,こちらの声のトーンも上がり,相手は,それに合わせて表情豊かに無意味語を返す。二人は,たぶん,心情的には同じ土俵にいて,同じ気分を共有できていたはずだ。

究極のセラピーで重要なのは,相手の中に起きていること,起きるはずなのに起きないことが,会話ではなく,身体から発せられているものから感じ取ることなのだろう。その先にはいろいろのアプローチがあるが,ブリーフセラピーでも,その見立ての部分は変わらないはずだ,という気がした。

最近身体を壊してから,以前に増して身体からの異常信号が増えてきた。「身体をもたなければ自分の本質は存在できない」という言葉が,身に染みる。

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#ボディサイコセラピー
#ライヒ
#フロイト
#ノンバーバル・コミュニケーション
#贄川治樹
#小田英男

【関連する記事】
posted by Toshi at 10:49| トレーニング | 更新情報をチェックする