2013年04月18日

待つことについて


ずっと何かを待っている,ということはないか。ゴドーを待ちながら,というのを観た時,自分が待っているのが,神でも人でもなく,単なる僥倖のような気がして,待つのをやめようと思った記憶がある。

爾来,というかもともとというべきか,待つのが嫌いである。並ぶことも嫌いである。むしろ,並んでいるような店は避ける。評判や世評に乗せられるのを潔しとしない。それは,自分の判断の放棄である。そういう好奇心は,他力の好奇心である。自分の感覚と感性で,失敗しながら,探っていく。

意味なく行列をつくる。意味なく,待つ。診察を待つ,ラーメン屋で待つ。入場を待つ。有名店で並ぶ。死ぬのを待つ。その間も時間は過ぎていく。

確か秋元康は,人生は,電話に差し込んだままのテレフォンカードと同じだと言った。話をしようとしまいと,度数はどんどん減っていく。定められた寿命がどのくらいなのか,確か落語の『死神』で,自分のろうそくを見るというのがあった。ネットで見ると,こう紹介されている。


何かにつけて金に縁が無く、子供に名前をつける費用すら事欠いている主人公がふと「俺についてるのは貧乏神じゃなくて死神だ」と言うと、何と本物の死神が現れてしまう。仰天する男に死神は「お前に死神の姿が見えるようになる呪いをかけてやる。もし、死神が病人の枕元に座っていたらそいつは駄目。反対に足元に座っていたら助かるから、呪文を唱えて追い払え」と言い、医者になるようアドバイスを与えて消えた。

ある良家の跡取り娘の病を治したことで、医者として有名になった男だが『悪銭身に付かず』ですぐ貧乏に逆戻り。おまけに病人を見れば死神はいつも枕元に・・・とあっという間に以前と変わらぬ状況になってしまう。困っているとさる大店からご隠居の治療を頼まれた。行ってみると死神は枕元にいるが、三千両の現金に目がくらんだ男は死神が居眠りしている間に布団を半回転させ、死神が足元に来たところで呪文を唱えてたたき出してしまう。

大金をもらい、大喜びで家路を急ぐ男は途中で死神に捕まり大量のロウソクが揺らめく洞窟へと案内された。訊くとみんな人間の寿命だという。「じゃあ俺は?」と訊く男に、死神は今にも消えそうなろうそくを指差した。曰く「お前は金に目がくらみ、自分の寿命をご隠居に売り渡したんだ」。ろうそくが消えればその人は死ぬ、パニックになった男は死神から渡されたロウソクを寿命に継ぎ足そうとするが……。


ろうそくの火は,燃え続けている。休む間もなく,限界まで燃え続けて,いずれ消える。その間,無駄に何かを待つなら,それはテレフォンカードと同じことだ。まずは,自分から迎えに行かなくてはならない。何を?未来の自分を,だろう。あるいは,ジョセフ・ジャウォースキーの「出現する未来」に倣うなら,出現する自分と言ってもいい。

いまの自分を,いま,ここに置き残して,一刻一刻と前へ出る。自分を時に刻み付けて,ひとつらなりに流れとなって,次の自分にたどり着く。あるいは,ヤドカリが自分の将来の住み処を,大きめの貝殻に託すように,大きめの自分にたどり着く。

一期にして
ついに会わず
膝を置き
手を置き
目礼して ついに
会わざるもの(「一期」)

とは,ひょっとすると,相手との邂逅ではなく,自分との邂逅なのかもしれない。自分に出会い,そこから,また別れて,新たな自分に出会う。エンカウンターとは,自分と仮設の時間と空間で出会う。しかし,その場を難れると,元の木阿弥になるのは,それが自分の姿勢にまで,マインドセット化されていないからだ。

私は私に耐えない
それゆえ私を置き去りに
する
私は 私に耐えない それゆえ
瞬間へ私を置き去りにする
だが私を置きすてる
その背後で
ひっそりと面をあげる
その面を(「置き去り」)

これは,逃げただけだ。その自分も含めて,自分として受け入れなければ,たぶん背後霊のように付きまとわれるだろう。そこには前進はなく,一歩前進二歩後退が続くだけだ。

生きるとは,そうやって,自分の位置を変えていくことだ。

生きるとは 位置を見つけること あるいは 位置を踏み出すこと そして 位置をつくりだすこと 出なくてはならない。

だからこそ,最後にどういう位置にいて,どこに立つかが問われる。

かぎりなく
はこびつづけてきた
位置のようなものを
ふかい吐息のように
そこへおろした
石が 当然
置かれねばならぬ(「墓」)

最後にどういう位置にいるのかも,自分で決めなくてはならない。自分の物語のエンディングをどうするか,それがHappy ending にしろ,Sad endingかBad endingかは知らないが,それは自分で決められる。そこから,また新しい物語が始まる。

私はほとんどうかつであった
生の終わりがそのままに
死のはじまりであることに
死もまた持続する
過程であることに
死もまた
未来をもつことに(「はじまる」)

だから,待つのはやめる。並ぶのもやめる。それは他力にゆだねることだ。自分の時間をいつも自分のコントロールできるところに置いておこう!

参考文献;
石原吉郎『石原吉郎全詩集』(花神社)
ジョセフ・ジャウォースキー『源泉』(英治出版)

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm





#石原吉郎
#石原吉郎全詩集
#ジョセフ・ジャウォースキー
#源泉
#死神
#落語
【関連する記事】
posted by Toshi at 06:06| Comment(4) | 自由 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パジャマ メンズ
Posted by kate spade stevie at 2013年09月03日 01:20
剛毅朴訥仁に近し: 待つことについて Christian Louboutin Sale UK ifznlvlvt Nike Air Max 90 bhkbpb Nike Free Run kasghq Hogan Sito Ufficiale ahznlfsnw
Nike Free Run Australia http://www.newlifeculpeper.com/
Posted by Nike Free Run Australia at 2013年09月04日 23:42
靴のサイズ
Posted by ファッション 通販 at 2013年09月24日 17:23
ugg クラシックミニ
Posted by ファッション 通販 at 2013年09月24日 17:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください