2013年05月14日

コツコツ習慣


先日,ある交流会で,「目標を実現するための“コツコツ習慣”のススメ」という佐藤公和さん(マイケル・ボルダック認定プロコーチ)の講演を聴く機会があった。一方的な講演というよりも,少人数のせいもあってか,ほとんどワーク中心の,ワークショップに近いスタイルであった。

要は,やりたいことをやり遂げようとする時,そこで障壁として出てくるのは,やらなくてはならないことの数々だ。それを,「コツコツ習慣化」することで,ひとつひとつクリアしていこう,ということだ。


このやりたいこととやらなくてはならないことについては,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11184445.html

で触れた。結局,夢という思いを,現実に達成していくのは,手足のちから,脚力なのだ。

いかなるビジョンもまがいものの実践では,ユメを実現できない,

という。その通りだ。そのキーになるリソース,経験を自分はどのくらい持っているのか,そこを明確にするワークであった。

コツコツ習慣のポイントは3つ。

①振り返り
②応用
③実践しながらの習慣化

それをワークシートに記述しながら,自分の中で具体化していった。

ワーク①は続けようとしていることについて不安の具体化。

僕はたまたまその前日からツイッターを始めたため,その持続について,不安というより,めんどくささを感じていた。

ワーク②は,過去にどうやってやるべきことを乗り越えたかの経験を洗い出す。

ひとつは,以前やっていた,庭の松の剪定。仕方なくやっていたが,そこで気づいたことがある。ひとつひとつの葉っぱを間引いていく,気の遠くなるような作業だが,全体を見ながら,コツコツ積み上げていくと,必ずいつかは終わる。その時間は,一回ごとの確実さによる。手抜きをすると,手戻りが起こる。

いまひとつは,最初の本を書いたとき,編集者に一蹴されて,全くゼロから書き直した。この時ほど集中して,言いたいことを書いた記憶はない。この経験から,リセットして,ゼロから別バージョンを書き直すのは,存外平気で,最大10回書き直したことがある。

98からホームページを開設し,ほぼこれだけで食べてきたが,いつの間にか,検索エンジンのトップページ,トップにさえランクされるページが出た。これも丹念に日々更新し,増築し続けた成果だと思っている。

ワーク③過去の経験から鑑みて,自分が乗り越えていく条件(コツコツポイント)は何か。

自分独自の考え方のポイントやアイデア,オリジナリティの根拠のようなものが明確になると,エネルギーが上がり,やる気スイッチが入り,集中出来る。自分なりのオリジナルポイントをどう見つけるかがカギになる。

ワーク④今やらなくてはならないことは何か

これは,ツイッターで,つぶやくことだが,毎日習慣化していくためには,何かがいる,と感じている。

ワーク⑤今やらなくてはならないことにコツコツポイントを当てはめてみる。

はっきりしているのは,自分独自のツイッターの位置づけと,ツイッターの書く方針を見つけることだ。始めたその日,ドトールでの経験を書いたが,それがいきなりリツィートされた。そこから考えると,自分独自のものの見方お,現実の切り取り方が大事なのだと思う。

一応,ツイッターの位置づけは,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11185729.html

に書いた。これを自分流儀に書き換えていく必要がある。

ワーク⑥まず今日から何をコツコツ始めるか

これは,独自のツイッターのつぶやきにするには,独自の物の見方や考え方を語らなくてはならない。日々観察眼を鋭く,ブログとリンクさせながら,オリジナルなつぶやきを見つけて行かなくてはならない。

以上が,ワークしたことだが,やらなくてはならないことをやらなければ,一歩も前へは出られない。その習慣化
のポイントは,

①無理のない続けられるペースを決める
②できないときどうするか決めておく
③完璧主義にならない

ということだ。当たり前のようだが,淡々と,日々諦めず,こなし続けていくことは,そうたやすいことではない。ブログの毎日更新と同時に,毎日独自の観察を続けたい。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm



#佐藤公和
#マイケル・ボルダック認定プロコーチ
#コツコツ習慣
#ツイッター
#リツィート
#ツィート
#ワークショップ
#オリジナリティ
#観察眼
#完璧主義

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:25| ワークショップ | 更新情報をチェックする