2013年05月19日

修羅場体験



修羅場は,ふつう「しゅらば」と読むが,辞書によると,「しゅらじょう」とある。そして,「阿修羅王が帝釈天と闘う場所」とある。そこから転じて,血なまぐさい戦乱,激しい闘争の場所の意味になる。

しかしここで言う意味は,自分自身の限界との戦いの意味だ。

最近自分のキーワードになっていて,それを切り口にして,いろいろ考える傾向がある。

僕のイメージでは,自分の限界を超えないと対処できない事態にどれだけ,意識的に対応し,クリアしてきたかということだ。自分の知識と経験,スキルでは到底切り抜けられないような事態に,正面からぶつかって,それを潜り抜けたか,ということだ。そういうシチュエーションを経ていない人は,どこかに,

事態を甘く見るというか,
自分のキャパを甘く見るというか,
人の苦労がわからないというか,
自分の役割が見えないというか,
そこで自分のなすべき何かがみえないというか,
一緒にやるには何かが足りないというか,

人として信の置けない感じがある。

修羅場というシチュエーションで起きているのは,自分というものの限界線,境界線,あるいは閾値を超えていく,というか超えない突破できないところに置かれているということだ。あるいは,それは自分の伸び白一杯一杯まで引っ張りに引っ張って,なんとかかんとか自分を拡大しきらなければ,その事態を乗り切れない。出来るとか,出来ないなどを,口にもできないし,そんなことを言い訳にもできない事態という意味でもある。言い方は大袈裟だが,不安と恐怖で,悪夢にうなされ,はっと目覚める。そんなことを繰り返し,長いトンネルの向こうに,自力で抜けられる,光明が見える。その時,一つステージが上がっているはずだ。

必死で自分の容量以上のタスクをこなすためには,自分の知らないことを必死でインプットしなくてはならない。知らない,出来ないことを,人に聞きながら,教えを乞いながらでも,やらなくてはならない。だってそれが自分のやらなくてはならないことだからだ。それを天命と呼ぶか,役割と呼ぶか,使命と呼ぶか,タスクと呼ぶか,役目と呼ぶかはどうでもいい。それを逃げられない自分の仕事と思い定めたら,やりきるしかない。それを,責任を取るというのだと思う。

そこでは,
自分との格闘がある。
自分の心との格闘がある。
自分の技量との格闘がある。
自分の器量との格闘がある。
自分の技術との格闘がある。
自分の無知との格闘がある。
自分の生き方との格闘がある。
自分の思想との格闘がある。
自分の弱さとの格闘がある。
自分の根性との格闘がある。
自分の気力との格闘がある。

アップアップ状態でも,そこから逃げ出せず,そこに踏みとどまり,為すべきことを必死でする,そういうことだ。

その経験を経ていないと,自分の資質のままにこなしてきたので,自分の限界というものがわからない。だから,

それが自分の能力の限界なのか
それが自分の経験不足なのか,
それが自分のスキル不足なのか,
それが自分の知識不足なのか,

という見方をする。そうではない。自分自身のトータルの限界なのだ。だが,そこで耐えてそれを何とかしようとはしないで,やり直します,出直します,という。そうではない,いま,そのできない状態の自分のまま,限界までやりきってしまわなければ,同じことを繰り返すということが,わからない。

だから,他責(これはおれには合わない)となるか自責(おれはだめだ)になる。そのどっちでもない。言い方は酷だが,今まで何も自分を酷使しなかった「つけ」だということだ。

大口をただけるほど,修羅場をくぐったと言えるかどうかわからないが,そのつど必死で自分の限界を超えてきたことは事実だ。その瞬間の格闘を過ぎると,いつの間にか次のステージに立っている。その時見える世界が変わる,そういう体験を何度かした。

振り返ると,そのプロセスは,フロー体験に近い。気づくと何時間もたっている,ということが何度もあった。それは決して楽しいばかりの時間ではない。修羅場体験にとっては,楽しいかどうかは,どうでもいい価値観に思える。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm



#修羅場
#のびしろ
#自分との格闘
#自責
#他責
#オリジナリティ


posted by Toshi at 06:00| Comment(1) | 学ぶ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
剛毅朴訥仁に近し: 修羅場体験 citizen-journal.net/lovely/ http://citizen-journal.net/lovely/
Posted by citizen-journal.net/lovely/ at 2013年07月27日 09:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください