2013年06月25日

無意識なシグナル


人と人との相互作用を,ソシオメーターをつかって,一度に何百人の行動を正確に測定できるらしい。それを装着した人の行動を分析することによって,どれだけ対面していたか,発話の特性から非言語の社会的シグナルを測定する,人と人との物理的距離を測る等々を知ることができる。『正直シグナル』(アレックス(サンディ)・ペントランド)はそうしたデータに基づいて,人の非言語コミュニケーションの特徴を検証した報告でもある。

人間には,言葉ではなく社会的な関係を軸とする第二のコミュニケーションのチャンネルがある。この社会的なチャンネルには互いに誰も気づいていないにもかかわらず,私たちが下す大切な決定はこのチャンネルに大きく左右される。

それが本書のテーマである。それは,

人間の行動のタイプには,生物学的基礎をもつ正直シグナリング行動から,かなり確実に予測できることが多いことがわかった。

という。本書は,人の相互作用は,

話し手の態度あるいは意図が,韻律と身振りの大きさや頻度の変化のような無意識の行動を通じて伝わる。

それわ,動物コミュニケーションや社会心理学に基づく,「非言語的な無意識のシグナル」に重点を置いた「正直シグナル」と名付けたものから明らかにしようとする。

そこでは,「対話の内容でなく,人間のあいだの関係」に着目するので,

なじみのない外国語での会話を観察していても,誰かが会話の主導権を握っていたり,友好的な相互関係を築いていたりするのが「わかる」ときに,知覚しているもの,

と同じなのだ,という。これは,カウンセリングやコーチングで,クライアントの言葉の中身や意味ではなく,その振る舞いやしぐさから見ようとしている姿勢と同じといっていい。

本書では,そういう正直シグナルを,

●影響力 社会的相互作用のなかで,各自が別の人に与える影響の大きさ。相手の行動をコントロールできる度合い,相手の言葉にかぶせるように話しあっているときはどちらの影響力も大きい。不規則な会話の中断があると,影響力は小さい。一方が質問しているときは,一方的な影響力が見られる等々。
●ミミクリ 会話の間,人がほかの人を反射的になぞること。無意識に相互で微笑んだり,相槌をうったり,頷いたりする。人が相手の行動をまねたり,なぞったりしているときは共感を示している,他人の行動の無意識なミミクリは社会的適応機能を果たしている。
●活動レベル レベルが上がるのは,関心を持ったり興奮したときだ。発話時間は関心のレベルや外向性と相関がある。
●一貫性 発話の韻律や身ぶり,手振りの変動の量,声の大きさやリズムの変動,身振りや手振りの大きさ速さで測る。協調やタイミングの一貫性は精神が集中しているシグナルで,逆に変動性は,感情的になっているしるしであることが多い。変動性は他人からのインプットに対する寛容性,それを受け入れる用意があると伝えるシグナルになる。

こうしたシグナルは,脳の構造や生物学的仕組みに根差している。

影響力は,注意や低位の神経系,感覚情報をまとめて,人に目を向けたり,音に反応したりする,定位反応を引き起こす,ミミクリはミラーニューロン,ほかの人の行動に反応しまねるフィードバック経路を提供する,活動レベルは自律神経系,闘争か逃避かを迫られたり,性的興奮状態にある時,神経エネルギーを提供する行動に現れる,一貫性は小脳,大脳基底核,大脳皮質に投射している神経経路の働きが表面化したもの,等々と考えている。

このシグナルは,人類の進化の古い遺産といえる。人類のシグナルは,類人猿のシグナルに似ているし,幅広い動物界のシグナルにも近い。例の飼い主の心を読んだ「賢いハンス」という馬の例や飼い主の心を読む犬の例は,無数にある。

面白いのは,このシグナルを意識的にでっち上げて,偽って伝えようとすることは難しい,ということだ。例外は,特定の社会的役割に完全に没入する「スタニスラフスキー方式」で,これは,うまくいくという。

ではそうしたシグナルは,どう社会的役割を伝えているのか。ここでは,それを,打診,傾聴,協調,主導にわけ,それらはいくつかの心の働きの組み合わせを仮定している。

たとえば,影響力は注意を,ミミクリは共感的な理解を,活動レベルは関心を,一貫性のある協調は精神的集中と決意を伝えると解釈すると,相手との関係を深める可能性を探りたい打診という社会的役割は,関心と影響力に対する寛容性(つまり受け入れる用意)のシグナルになる。

傾聴という役割は,注意と関心と新しい考えへの寛容性の組み合わせによって相手に示される。活動レベルは抑制される。

協調の役割は,注意と,共感的理解,集中した思考と目的という組み合わせの表出になる。強い影響力,ミミクリ,一貫した協調とのリズムが見られる。

主導の役割は,注意と関心,とても集中した思考と目的を示す。

しかも無意識で独立したこのコミュニケーションのチャンネルから,客観的行動と主観的な社会的印象をかなり正確に予想できるらしい。つまり,意識的に抑えようとしても,無意識はその覊絆を脱して,意図を表面化させてしまう。例えば,ポーカーフェイスを競うカードゲームでもパーティや会議でも,ソシオメーターを使うと,80%の精度で,行動が予測できた,という。

もともとわれわれは他人の心を即座に読み取って反応できる,「ネットワーキング・ハードウエア」をもっている。この鍵になるのがミラーニューロンで,相手の影響力やミミクリ活動レベル,一貫した強調などが伝える正直シグナルを読み取るための直接の神経経路をもっているので,相手の関心,決意,共感などのレベルを無意識に読み取っている。

それは,個人にとどまらず,社会的ネットワークを作り上げている人々とのつながりを通じて広まり,集団全体にも影響を及ぼす。人々の間のシグナリングのパターンによって形づくられる社会的回路もある。例えば,典型的なのは,気分の伝染だ。いまの「好景気感」という気分もそうだが,興奮した一人がいるだけでチーム全体のエネルギーレベルが上がったりする。それが自分にフィードバックされて,無意識のうちに興奮する。

意識的な言語と違うのは,シグナリングが当事者双方を変えることだ。たとえば,

だれかがあなたのまねをすると,あなたも相手の真似をしはじめる傾向がとても強い。その結果,ある種の社会的回路が生まれ,それが自己強化するようなかたちになり,二人はますます盛んに相手のまねに取り組み,それぞれ相手のことをますます好ましく思うようになる。

いわば,「自発的洗脳」という効果は,たとえば実験で,売り込みに,ともかく首を上下に振るように求めると,その売込みが気にいるようになる。脳は,怖いから鳥肌立つのではなく,鳥肌立っているから怖いと感じる,というのと同じで,首を振っていることから,気にいっている,と感じてしまう。

では,さらに突っ込んで,集団内の社会的役割では,正直シグナルはどう機能するのか。

社会学的には,チームのメンバーを,グループロール(攻撃者・主唱者・支援者・中立者)と任務としての役割であるタスクロール(授与者・探究者・中立者・先導者)という観点で分析している。

ソシオメーターを使った実験で,無意識の社会的シグナリングを分析することで,人がどんなグループロールとタスクロールを演じているかが,正確に読み取れ,参加者がグループロールやタスクロールを変えるたびに,無意識の社会的シグナリングも役割に応じて必ず変えている。

たとえば主唱者の役割を果たしているひとは,…(社会的役割の)打診のシグナリングをみせ,支援者の役割にある人は,…協調のシグナリングを見せ,中立者は,能動的傾聴のシグナルを発し…,攻撃者の役割を担ったときは,強い主導のシグナルを発した。

しかもグループロールとタスクロールは,リンクしていて,「どのタスクをしているかに応じて,特定のグループロールを演じていた」という。つまり,「無意識の社会的シグナリングのパターンを観察するだけで,その集団のダイナミックスについて」わかり,「各人のグループロールとタスクロールを正確に見きわめられる」ということだ。

しかし,単にそうした心理的葛藤やダイナミクスだけが見きわめられるだけなのか。本書では,新たなインテリジェンスのあり方を提案する。それは,集団のもつ声を見きわめる,ということに近い。つまり,

個人の知性が,脳内の多数の特化した中枢を神経回路を通して調整することから生まれるのとちょうど同じように,行動の選択が,多数の個人の心を社会的回路を通して調整することから生まれるという考え方だ。

という。そして,

人間の集団を,言語によって結びついた,個々の知性の集まりとして見ることから,太古のシグナリング・メカニズムによって結びついたネットワーク・インテリジェンスとして見ることへの移行は,必要不可欠だ。

と。ピラミッド型からネットワーク型のインテリジェンスへと移りつつある今の時代の中で考えれば,暗黙知と言われるものも,幅広く言えば,ここに加えてもいい。つまり,意識が判断する以上のことを,無意識,あるいは意識下では判断している,と。しかし,監訳者も指摘したように,この「声」が正しいとは限らない。衆愚という言葉があるように,日本が,第二次世界大戦へと突き進んでいったのは,国民自身の「夜郎自大」な「声」だったことも否めない。

その意味では,無意識にただ従うのではなく,無意識と意識の相互のフィードバックのあり方こそが,必要で,その意味で,暗黙知一辺倒ではだめなのと同じなのではないか。


参考文献;
アレックス(サンディ)・ペントランド『正直シグナル』(みすず書房)

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

#アレックス(サンディ)・ペントランド
#正直シグナル
#暗黙知
#影響力
#ミミクリ
#活動レベル
#一貫性
#シグナリング
#社会的役割
#打診
#傾聴
#協調
#主導
#グループロール
#攻撃者
#主唱者
#支援者
#中立者
#タスクロール
#授与者
#探究者
#中立者
#先導者
#ネットワーク・インテリジェンス




posted by Toshi at 05:37| Comment(13) | 書評 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。とても良い記事ですね。
Posted by フェラガモ 靴 at 2013年07月26日 10:35
Today, while I was at work, my cousin stole my apple ipad and tested to see if it can survive a 30 foot drop, just so she can be a youtube sensation. My apple ipad is now destroyed and she has 83 views. I know this is entirely off topic but I had to share it with someone!
Posted by ナイキシューズ at 2013年09月14日 11:52
キャスケット ニューエラ キャップ http://www.wwwvy.com/
Posted by ニューエラ キャップ at 2013年10月15日 12:08
チャンルー ブレスレット
Posted by メンズ アンクレット at 2013年10月29日 11:30
ラルフローレンのシャツ
Posted by ラルフローレン ボクサーパンツ at 2013年10月30日 12:56
シャネル時計スーパーコピー
Posted by トートバッグ メンズ ランキング at 2013年11月13日 16:43
nike レディース スニーカー
Posted by nike スニーカー at 2013年11月14日 12:46
nike ブーツ
Posted by スニーカー レディース ランキング at 2013年11月14日 12:46
金利ロサンゼルスAfgoyeを取っ数日後には、宣伝・シャリフ・シェイク・アーメドは、Shebabのemichaelbuscadeコンボイ方向に対して娘がいた。
Posted by ナイトキャップ at 2014年01月14日 15:17
昨日行いを選ぶ開始したすべてのカーフォンの倉庫には、確かに人気のiPhone 5、コンピュータiOS6を使用する最初の1カップルで、今年最大の転売スマートフォンです。
Posted by ipad ケース at 2014年01月14日 15:31
IndochinoTheディテール:11月 26 12月2日
Posted by iphone5 カバー ブランド at 2014年01月14日 15:31
Thanks for sharing your info. I really appreciate your efforts and I will be waiting for your next post thanks once again.|
ケイトスペード 財布 http://www.fandlmotors.com/
Posted by ケイトスペード 財布 at 2014年01月16日 13:15
You actually make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be really something that I think I would never understand. It seems too complicated and extremely broad for me. I'm looking forward for your next post, I'll try to get the hang of it!|
ダナー ポストマン http://www.pyrla.com/
Posted by ダナー ポストマン at 2014年01月16日 13:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください