2013年09月15日

ミーディアム



天については,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11276568.html

でふれた。

中国の思想では,全ての人には天(天帝)から,一生をかけて行うべき命令(天命)が与えられており,それを実行しようとする人は天から助けを受け,天命に逆らう者は必ず滅ぶと考えられている。

非命は天命ではなく,だから横死と言われる。

天の声を聴くのを,

霊媒(medium)という。霊媒(medium)とは,

超自然的存在(霊的存在)と人間とを直接に媒介することが可能な人物のことである,

という。

一般には,

霊媒は意図的にみずからを通常とは異なった意識状態に置く。この状態は「トランス状態」(や「変性意識状態」)と呼ばれている。その間に超自然的存在が当人の身体に入り込み,人格が超自然的な状態(霊格)に変化する,

とされる。いま僕が学んでいるのは,グランディングとセットである。グランディングについては,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11081715.html

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11203478.html

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11216752.html

等々で触れてきた。地軸とつながることで,自分が自分の中にいる,と言うことを日々確認する作業になっている。それは,同時に生かされてある,と言う自分の状態についての感謝なのである。

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11264408.html

だからこそ,自分が回路(媒体)となって(昔風に言うと,憑代か),天の声を聴く,聞えるはずなのだが,僕は,自分が聴いているのが,

天の声なのか,

自分自身の声なのか,

の区別がつかない。自分の声といっても,

妄想なのか,

過去からの声なのか,

天の声の解釈し直しなのか,

幻聴なのか,

その区別もつかない。その上,自分には,性癖として,イメージが先に見える。クリアとばかりは行かないが,それが置かれている,あるいはいる状態の画像が見える。それは,いま学んでいるところでは,これを「霊能」と言い,よい性向とはみなされない。むしろ,何かが邪魔してきちんと耳を傾けていない例とされる。

ここは僕の想像だが,霊能がダメなのは,それが主体的というか能動的な関わり方であるからではないか。それは自力で,こちらの計らいでしかない。あくまで,

聞く(聞こうとする)のではなく,

聞え(てく)る,

でなくてはならない。

先輩に教えられたことに,

姿勢,

集中,

感謝

の3つが必要と言われる。自分に欠けているのは,感謝らしい。自分がやっていることのサポートを,自分の力のせいと思うところが強い。我執というか我意というか,それが邪魔するので,天の声は届かない,という。

これも,違う言い方をすると,

いまの自分が生かされている,

のではなく,

生かされてある,

という意味をかみしめるということになるのかもしれない。

自分が生かされてあることに,謙虚になる,そこが出発点であり,そこが究極の目的なのかもしれない。

まだまだである。

しかし,ひとつこれを学び出そうとした動機にあるのは,虚心坦懐ということを,体現するということだ。自分の我執の色眼鏡を捨てる,その一つの方法となるのではないか,という期待である。

その端緒は,ちょっと見えた気がする。



今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#ミーディアム
#霊媒
#霊能
#虚心坦懐
#天
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:24| Comment(1) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロレックス 214270 ロレックス デイトナ http://www.py85.com/
Posted by ロレックス デイトナ at 2013年10月24日 04:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください