2013年10月08日

差別


網野善彦『日本中世に何が起きたか』を読む。

著者が崩した常識は一杯あるが,本書は,そうした我々の常識崩しには格好の著作といっていい。

まず日本という国はいつ成立したのか。

「日本国」という国名は,七世紀末から八世紀初めに決まるのだと思います。浄御原令という令が決まった698年ごろだというのが今のところ,研究者の多数意見ですが,大ざっぱに言って,七世紀末から八世紀初めという点では一致していると思います。注意しておく必要のあるのは,その時点の日本国の領域には東北と南九州は入っていません。北海道,沖縄はもちろんです。

ということは,それ以前について,軽々に日本とか,日本人という言葉を使ってはいけない。日本人がずっといたかのようなイメージを懐きかねない危険がある,と指摘する。では倭人かというと,日本人と倭人は重ならないところがある。だから,

聖徳太子は倭人ではあるが日本人ではない,

と著者は言う。さらに,著者は,「列島東部人」「列島西部人」という言い方をしている。なぜか。埴原和郎氏の説を紹介しているが,

弥生文化が流入してから古墳時代まで,七,八百年から千年ぐらいの間に,百万人以上に及ぶ人が西の方から日本列島に入ったのではないかと言われています。

(「列島東部人」「列島西部人」)の間の差異,現代の東日本人と西日本人,とくに畿内人の差と,朝鮮半島の人びとと西日本人,とくに畿内人との差異とどちらが大きいかというと,前者の方がむしろ大きいのだそうです。

これは遺伝子レベルでの検討だと思われるが,日本が均一というあいまいな言い方は,ためにする場合を除くと,危険である,といっていい。関西人気質と関東人気質の差は,結構根が深い。

ところで,近世以前,百姓というと農民というイメージが強く,農業社会であった,と受け取られてきた。それについて,強烈に異質なメッセージを発し続けてきたのが著者だ。

近世においても「百姓」はその原義の通り,直ちに農民を意味するのではなく,実体に即してみても「農人」だけでなく,商人,船持,手工業者,金融業者等,多様な非農業民を含んでいること,また従来,貧農・小作農と見られてきた水呑,加賀・能登・越中の頭振,瀬戸内海地域の門男(亡土),越前の雑家,隠岐の間脇など,多様な呼称を持つ無高民のなかにも,土地を持てないのではなく全く持つ必要のない商人,廻船人,職人などの富裕な都市民が数多くいた事実を認識したのは,(中略)奥能登地域と時国家の調査を通じてであった。

いわゆる差別問題も,その視角から見ると,全く様相が変わる。転機は,十三~十四世紀と見られる。

遊女・白拍子・傀儡の地位は,十四世紀ごろまでの日本の社会の中ではかなり高かったと思うのです。(中略)鎌倉時代のごく初めの『右記』という…記録にも,遊女・白拍子は,「公庭」―朝廷に直属するものだとはっきり書いてあります。ですから,遊女の和歌は,勅撰和歌集にたくさん出てきますし,十四世紀,つまり南北朝前期のころまで,貴族たちは自分の母親が遊女・白拍子出身であることについて,何らひけめを感ずることなく堂々と系図に書いています。

そして著者はこう言う。

私はいわゆる被差別部落の直接の源流がはっきりと姿を見せるのは,やはり遊女が差別され始めるのと時期を同じくしていると考えているのです。

奈良時代に悲田院が設けられ,身寄りのない病人や捨て子が収容されていた。これが被差部落問題と深くかかわっている,と言われている。九世紀ころまでは,成人した孤児は,戸主の養子となったり,独立した戸を作ったりと,平民と同じ扱いを受けている。しかし九世紀末ころには,律令国家自体が崩れ,悲田院も維持できなくなる。そこで,そこにいる人は,何か仕事を探さなくてはならなくなる。さらには,

穢れの「清目」を一つの仕事,

とするようになり,十一世紀から十二世紀にかけて,悲田院に収容できなくなった人々を救済しようとする,聖,上人といわれる僧侶が関与し,

非人,乞食といわれるような人々の集団が十一世紀半ばごろになると,畿内―京都,奈良を中心に,まず姿を現してきます。

そうして,西日本には十二世紀から十三世紀にかけて,各地にこういう非人の集団が見られるようになる,

という。そして,

この人々が,…浄め-清目,つまり葬送や清掃,さらに罪の穢れを浄める機能を持った刑吏としての仕事,罪人の宅を壊し,人を追放する,あるいは人を処刑するような仕事に携わっていたことも,確認できるようになります。

同時に牛や馬の死体処理,その皮革の加工,細工に携わる者は,河原者と呼ばれているが,非人や河原者は,

遊女の社会的な地位が高かった時期,つまり十四世紀までは,非人にせよ,河原者にせよ,まだ社会的に固定された差別,賤視を受けていない,

と著者は見る。なぜかというと,

これらの人は神社の神人,寺院の寄人という立場に立っていたわけです。さらにまた京都―洛中洛外の非人の集団は,検非違使庁という天皇直属の官庁を通じて,天皇にも直接統括されています。

つまり,聖なる存在であめ天皇と直接つながっているという意味で,聖視される存在だったと,著者は見る。

天皇や神仏そのものに直属する地位にあるという意味で,「神奴」「寺奴」と表記され,神仏,天皇の奴婢として,

神人,寄人,供御人(天皇の直属民)という称号を持っていた。

つまり一般の平民と区別され,平民にできない職能を持っており,鎌倉時代の非人の訴状では,

神仏に直属して,「清目」という大事な職能によって神仏に奉仕するのが自分たちの使命としている,

と堂々と書いているという。

供御人,神人,寄人―商工業者,芸能民から遊女,非人を含む天皇,神仏の直属民は,一般平民の負担する課役は免除されております。そのかわりに,それぞれの芸能を通じて天皇神仏に奉仕をすることになるのですが,関所や津泊などの港でも交通税を免除されて,諸国を自由に通行することが出来ました。

供御人,神人,寄人は,非農業民なので,津や泊に根拠を持つことが多いが,非人の根拠地は,宿と言われている。それが,南北朝の動乱を機に,十五世紀にはいると,

非人の宿についてみても,鎌倉時代までは「宿」という字を使っております。…十六世紀ごろから,「夙」という字を非人の「宿」に関しては使うようになっております。

という。そして,「穢多」という文字も一部で使われ始める。なぜそうなったのか。著者は,こう結論づける。

では一体なぜ南北朝の動乱以後,遊女や非人の地位が決定的に低落したか,なぜ賤視されるようになったか。それはこの動乱を境に天皇,神仏の権威が決定的に低落したことと表裏をなしていると考えられます。

鎌倉幕府とそれを倒した後醍醐天皇の建武政府の崩壊,

いわば当時の日本国を統合していた幕府と天皇の二つの大きな権威が,一挙に崩れた,

同時に,それはそれまで続いてきた神仏の権威の失墜をも伴い,その権威に依存して職能を発揮してきた人々が,

聖別された存在から賤視の方向に差別された存在への転落が葉きりここに現れてくる…

と著者は言う。しかしそれは同時に,秩序だって管理されてきたものの崩壊といってもいいのだと思う。

悪党

というものが同時に,その時代の中で脚光を浴び始める。悪という言葉は,

どうもこれが差別の問題とどこかで関わりを持っている,

と著者は言い,多く,神人,寄人,供御人,非人と重なっている。

人の予想のつかない,自分にはわからない何か否応のない力に動かされる行為…

を悪という意味でとらえていたのではないか,そして,

一遍が「悪党」と呼ばれる集団に支えられていたことは,『一遍聖絵』という絵巻物にも描かれています。その一遍は,

「身命を山野にすて,居住を風雲にまかせて」遍歴する遊行。信・不信,浄・不浄を問わず,広くすべての人びとに名号札を賦る賦算。そして念仏する喜びを身体そのものの躍動によって表現する踊念仏

であり,その悪人を肯定し,その中に自らをも置く姿勢は,そのまま親鸞の悪人正機につながっていくように見える。

著者は,高校教師であった時に,

なぜ平安末・鎌倉という時代のみにすぐれた宗教家が輩出したのか,

という問いに応えようとしたもののひとつ,という言い方をあとがきがしている。それは,どういう時代なら,傑出した人物を生み出せるのか,というふうに問いを変えてみると,別の答えが見えてきそうである。

網野善彦『日本中世に何が起きたか』(歴史新書y)


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm





#網野善彦
#日本中世に何が起きたか
#日本
#差別
#非人
#悪党
#悲田院
#浄御原令
#後醍醐天皇
#建武中興


【関連する記事】
posted by Toshi at 05:20| Comment(3) | 中世 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
There are many fantastic publishing ideas and links of interest for you in regard to the バーバリーバッグ[url=http://a-greenlife.com/a/agreenlifeburberry.php]バーバリー 通販[/url] For the Loved ones board, as well as board etiquette and terminology to create your knowledge right here a lot easier.
Posted by アグブーツ at 2013年10月21日 06:24
ニューバランス 1300
ニューバランス キッズ http://www.dfyizhen.com/スニーカー-wy4-5.html
Posted by ニューバランス キッズ at 2013年10月25日 15:22
ミネトンカ 新作 ニューバランス ランニング http://www.baidulec.com/
Posted by ニューバランス ランニング at 2013年11月06日 14:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください