2014年05月05日

牢人


渡邊大門『牢人たちの戦国時代』を読む。

いわゆる牢人が歴史上現れるのは,源平争乱期からである。牢人には,

①郷土をはなれて,諸国を流浪する人
②主家を去り,封禄を失った人。

があり,前者は,律令国家で本貫地での税負担に窮乏化し,本貫地から逃げて浮浪人になっものを指す。国家の根柢を揺るがす問題であった。後者は,近世仕官していない武士を差した。江戸時代,浪人が定着する。

元来は,牢人と浪人は使い分けられており,『吾妻鑑』などでは,

浪人は,土地を離れた農民たちを,牢人は主のない本来武士身分にあったものを意味する,

ようである。

南北朝・室町期になると,守護がほろびると,牢人が生み出され,大きな問題となる。例えば,嘉吉の乱で滅ぼされた播磨・備前・美作の守護赤松氏の旧領に,山名氏が入部してくると,赤松氏被官の所領は闕所とされ,赤松支配下のものたちは,居場所を失い,牢人となっていく。かれらは,他国浪々を余儀なくされる。

こうした牢人たちが大量に出現するのが,戦国争乱期である。無数の主家を失った牢人を,例を挙げて紹介しているが,この時期有名なのは,尼子氏再興を懸けた,山中鹿之介である。

こうした主家再興は,そのまま,失った自分の所領や権益を取り戻す戦いでもある。その意味で,牢人は,あらたに入部したり,領有した支配者及びその被官人にとっては,自分たちの所領を脅かす,危険な爆弾といってもいい。

そのために,牢人規制が,その都度の支配者から発令される。古くは,室町幕府の,

浪人に家を貸してはいけない,

というものから,足利幕府の実権を握った三好長慶による,

浪人衆を許容するものは,聞きつけ次第成敗する,

というものまで,そして秀吉政権による,牢人停止令にとどめを刺す。

①主人を持たず,田畑を耕さないような士は村から追放せよ,
②もともと職人・承認の経験がある士なら,田畑を耕さなくても追放としない,
③主人のある奉公人は別にして,百姓は武具類の諸事を調査し,これを没収する,

百姓と武士の身分の厳格な区分を意図し,著者はこう書く,

主人持ちの奉公人身分でもなく,百姓,商人,職人にも属さない牢人は,村から追放されるか,武具を取り上げられる(実質的に武士身分を失う)かの,苦境に立たされた,

のであり,主取りの侍か,帰農するかの二者択一ということになる。

ここで言う奉公人とは,戦いの主力を担ったものであり,

①名字を持ち武士に寄子・被官として奉公する士・足軽
②名字をもたない中間・小者

を指す。主家を失った瞬間,身分を喪失し,社会の邪魔者となる。しかし,彼らが活躍の場を見つけるのは,

関ヶ原の合戦であり,大阪の陣であり,最期に島原の乱である(一説には,文禄・慶長の役も,あふれかえった牢人対策の側面があるとされる)。

この三回に,名が出てくるのが,宮本武蔵である。関ヶ原では,西軍についたという説があったが,近年,黒田家に属す新免家に組していたとされている。大阪の陣では,福山藩・水野家の客将として出陣している。そして,島原では,55歳で,中津城主・小笠原長次の後見として出陣し,一揆側の投石で負傷している。いずれも,仕官せず,最期は,細川家の客分のまま,五輪書を書き上げる。

しかし,大阪の陣後,

①落人を隠し置く者は,厳罰に処す,
②得体の知れない旅人の宿泊の禁止,

と,落人探索は,厳しく,多くの牢人は,失った所領の回復を果たすどころか,仕官の道も,当初は,

古参のもの,つまり,秀吉の代から仕えていたもののみ,

召し抱えてよいとされ,新参のもの,つまり大阪の陣で豊臣方についたものは,召し抱えてはならないという禁止がなされ,それが解かれるのは,十年後であった。

今も昔も,牢人は,あらたな仕官先を見つけるのは至難の業であったらしい。平和の時代に入ると,その困難は一層厳しいものになる。

これは,本書の対象ではないが,島原後,十数年,家光死後の,慶安の変,いわゆる由比正雪の乱も,大阪の陣以降の,改易,減封の中であふれた牢人問題が,背景にあった。

関ヶ原合戦後,牢人となった真田昌幸,信繁(いわゆる幸村)の父子は,配流先の九度山での生活は困窮をきわめ,信之への金の無心の手紙が多く残っている。いま和歌山の名産になっている「真田紐」は,生活を支えるために作製された。後世の講談のように,

来るべき日に備えて,虎視眈々と打倒徳川をうかがっていた,

生活とは程遠く,昌幸は,何度も郷里への帰国を規模していた,という。

秀忠軍三万八千を,わずか二千で上田城で翻弄し,関ヶ原に遅参させた,稀代の武将,真田昌幸も,

所領や軍勢を奪われ…,羽をもがれた鳥に等しい存在であった,

と,著者は言う。真田父子にして,これである。後は,推して知るべし,というところか。


参考文献;
渡邊大門『牢人たちの戦国時代』(平凡社新書)




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm


posted by Toshi at 05:12| Comment(2) | 書評 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Higorufu.comサイトは2013-2014年日本人気ゴルフクラブセットを購入、安心で激安ゴルフ用品通販ショップを選ぶなら。新発ゴルフクラブが安心の品质保障!格安ゴルフ用品大感謝祭!15日以内に、返品交換可能。全国送料無料でお得!
Posted by 人気ゴルフクラブセット at 2014年05月05日 11:30
www.cleanwv.com 日本人気ゴルフクラブセットを購入、安心で激安ゴルフ用品通販ショップを選ぶなら。人気ゴルフ用品、ゴルフクラブ新作、アイアン、ドライバー、パターなど大特集!
Posted by SpeedBlade アイアン at 2014年05月07日 11:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください