2014年05月30日

知る


たしか,映画『たそがれ清兵衛』の中で,娘が,裁縫を習うのは役に立つが,学問をすることが何の役に立つか,と問うところがあった。そのとき清兵衛は,自分の頭で考えることができる,という趣旨のことを答えていたと記憶する。

考えるについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/389704147.html

で触れたので,ここでは,知る,ということを考えてみたい。

知るには,語源的に二説ある。

ひとつは,

「シルシ(著し)」で,はっとはっきりわかるから,シル(著る)

という説。つまり,腑に落ちるというか,理解する,ということだ。いまひとつは,

心を占領する(領る),つまり占る,

だという。つまり,ある現象・状態を広く隅々まで自分のものにする,という意味だ。

学は思に原(もとづ)く

とはそういう意味のような気がする。

学びて思わざれば則ち罔(くら)く,

とはそのことだ。

それで思い出したが,前にも書いたことがあるが,

ライルが,知(ってい)る(knowing)には,

Knowing that



Knowing how

があると言っていた。

Knowing thatとは,

~ということを知っている

というこであり,

Knowing howとは,

いかに~するかを知っている

ということになる。ここで,清兵衛が答えたのは,前者の意味だ。それは,違う言い方をすると,

Knowing how

の持っている意味を知っていることこと,と言い替えていい。つまり,

メタ知識

である。現実にいま,われわれが直面しているのは,

解き方のわからないこと(問題,事態),

ではなく,

意味の分からないこと(問題,事態),

であり,それを解明することが,まさに考えることなのだといっていい。だとすると,そのときわれわれが,使えるのは,アナロジーなのではないか,と思う。

問う、如何なるか是れ、「近く思う」。曰く類を以って推(お)す

のと同じである。いわば,アナロジーというのは,自分の既知のものを,

異質な分野との対比を通して,

理解することといっていい。

例えば,Aを,それに似たXを通して見る(理解する)というのは,

・Aの仕組みをXの仕組みを通して理解する

・Aの構造を構造を通して理解する

・Aの組成をXの組成を通して理解する

・Aの機能をXの機能を通して理解する

等々。アナロジーで見たいのは,見えない関係を,「~を通して」見ることで見つけることである。

アナロジーは,次の2つにわけることができる。

●類似性に基づくアナロジーを,「類比」
●関係性に基づくアナロジーを,「類推」

前者は,内容の異質なモノやコトの中に形式的な相似(形・性質など),全体的な類似を見つけだすのに対して,後者は,両者の間の関係を見つけ出す。特に関係性が重要なのであるが,これには,次の2つのタイプがある。

・両者の構成要素のもつ関係性からの類推
・両者の関係から生み出す全体構造の類推

以上のことから,アナロジーによる理解には,次の3パターンがある。

・全体に関係が似ているものを見つける
・部分からつながりを見つけ,そこから逆算して関連するものを吸引する
・部分と部分の関係の断片から全体像を見つける

アナロジーのように,既知と未知について,こういう操作をしているということは,メタ・ポジションをとっていることといっていい。つまり,自分の既知と未知とを俯瞰していくメタの位置である。

知るとは,究極,

Knowing that

なのだが,知れば知るほど,

パースペクティブが深まる,

のは,結局,メタ・ポジションが,どんどん高くなっていく,言い換えると,

俯瞰する世界が広く大きくなっていくこと,

に他ならない。

博く学びて篤く志り,切に問いて近く思う,

知は,その中にある,

である。

参考文献;
G・ライル『心の概念』(みすず書房)
佐伯胖監修『LISPで学ぶ問題解決2』(東京大学出版会)




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:38| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください