2014年07月20日

仕儀


辞書を調べると,

ことの次第,
ことのなりゆき

とある。語源を調べようとしたが,持っているものでは載っていない。で,大槻 文彦編『新訂大言海 』を繰ると,

旨義
あるいは
時宜

の転か,とある。

旨義は,文章などで表現されているものの,おもむき,意味,とある。

時宜は,ときの宜しきにしたがうこと,程よき頃,とある。

そのとき

を少し長くすると,

過程

ということになり,

次第,

成り行き,

顛末,

経緯,

首尾,

結末,

とほぼ重なってくる。

仕儀の「仕」は,

つかえる

意味であり,「儀」は,

のり,手本となるべき基準,作法,

という意味だ。とすると,たんなる成り行きではない。かくあるべき流れに従って,矩につかえる,といった意味になる。

そう考えると,丸めると,次第とも顛末とも変わりなくなるが,あるレベルを維持して,かくなったという意味になる。

しかも,ものによっては,仕儀には,ただ,ニュートラルな成り行きではなく,

特に,思わしくない結果・事態,

を指すともある。

そう考えると,

左様なる次第にて,おわかれします,



左様なる仕儀にて,おわかれします,

とでは,お互いのそれまでの経緯が,まったくニュアンスが変わる。格式ばっているというようなことではない。

両者の関係が,ニュートラルな,あるいは友好的とは限らず,

かような事態になり,

かかる仕儀になり,

と,どこか詫びるニュアンスが出てくる。そこに,基準においているのが,

両者の期待値なのか,

世の中の求める規準なのか,

は別として,それから外れている,というニュアンスが出る。だから,

野辺の送りもでき兼ねる仕儀と相成り,

といった用例につながっていく。

いやはや,かかる仕儀にて,かようなる結末と相成り,面目次第もござりませぬ。

参考文献;
大槻 文彦編『新訂大言海 』(冨山房)




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:19| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください