2014年08月29日

自画自賛


昨今自画自賛がおおはやりだ。中韓を貶めて,自分を褒めるというのもあるが,手放しの自画自賛もある。

自画自賛は,自己倫理の劣化以外の何ものでもない。

自分を褒めたい,

という言葉が有効なのは,42.195キロを走りきった有森裕子に許されるが,そうでないものに,そうそう口にするのは,ほとんどみっともないといっていい。思っても,口には出さないものだ。

それに似ているといっていい。

自画自賛は,野放図な自己肥大と地続きである。

日常はつつましやかで,謙虚であったが,箍がはずれると,途端に手のひらを返したように,尊大で,自己肥大する。これって,われわれ民族の宿痾ではないか,と思ってしまう。

自分を受け入れる

ことと,

自分を褒める

こととは違う,と僕は思っている。自己を褒めるには,褒める根拠がなくては,たんなる自己妄想である。妄想にいくら妄想を積み重ねても,自分の成長にはならない。

その果てに来るのは,根拠なき自信であり,根拠なき自画自賛であり,そのまま自己肥大していく。

自己を律するとは,自制である。別の言い方をすれば,

戒め

であり,

リミッターといっても言い。制約条件といっても言い。おのれを知るとは,

おのれ自身の現実を弁える

ということでもある。弁えをなくしたら,野放図に何でも言える。古いタイプの人間と言われるかもしれないが,そういう自制心こそが,その人の品格になる,と思っている。

本屋に行って感じるのは,そういう野放図な自己肥大の発露であり,目を背けたくなるような夜郎自大の横行である。恥を知る,という言葉は死語なのか。

学を好むは知に近く,力行は仁に近く,恥を知るは勇に近し

という。あるいは,士とは何かの問いに,

己を行うに恥有り

と,孔子は答えた。そして,あるところで読んだが,

「行己有恥」の四字を「博学於文」(ひろく文を学ぶ)と対句にし,門の扉の両側に対句としてしるしてあるのを,しばしば中国で見かける

という。

僕は,発奮のスイッチは,恥にあると思っている。おのれを恥じるからこそ,おのれを励まし,おのれを高めるバネになる。

はじ(らう)

は,

「端+づ」の連用形

から来ているらしい。

中央から外れている,端末にいる劣等感

が恥であるらしい。

面目がない,

という意味である。



は,

耳+心

で,

恥じらいの心が耳に出る,

のが語源とする説がある。

はじ

には,

恥,辱,愧,羞,慙,忝,忸,怩等々があるが,

恥は,心に恥ずかしく思う義,重き字なり,とある。

辱は,はずかしめであり,栄の反対。外聞の悪いことを言う。そこから転じて,かたじけなし,と訓む。

愧は,おのれの見苦しきを人に対して恥じる意で,恥ずかしくて心にしこりがあること

羞は,心が縮まること。愧じて眩しく,顔が合わせにくいこと。

慙は,愧と同じ。はづると訓む。はぢとは訓まない。心にじわじわと切りこまれた感じ。

忝は,辱と同じ。

怩・忸は,恥じる貌を意味する。心がいじけてきっぱりしない

おのれを恥じるからこそ,身を正し,振る舞いを改め,おのれを高めようとする。謙虚とは,そこから生まれる。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

は,もはや死語か。大口をたたくのが,時代の潮流なら,僕は,そこから降りる。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:17| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください