2014年09月05日


戀の字の,「心」の上の部分は,

絲+言(ことばでけじめをつける)

からなり,

もつれた糸にけじめをつけようとしても容易に分けられないこと

といい,亂・乱(もつれる)と同系統の言葉という。

亂の左側は,

糸を上と下から手でひっぱるさま,

らしい。それに右側は,



印で抑える意。合わせて,もつれた糸を両手であしらうさま,だという。



は,亂を音符として,心を加えた字

で,

心がさまざまに乱れて思い詫び,思い切りがつかない

の意となる。

巒(きりなく連なって続く山々)

とも同系統という。

別の出典では,

「糸+言(つなぐ)+糸」+心

とも言う。

心を言葉で糸のようにつなぐ,

意味という。しかし,少し作為に過ぎる気がする。そうではない。心を言葉の糸でつなげないから,乱れるのではないか。

恋路の闇

という。


お七こそこいぢの闇の暗がりに,

と浄瑠璃でうたわれる所以である。

なぜなら,恋は盲目ではなく,妄想だからだ。

妄想とは,

ということを真面目に考えるとややこしくなるが,中国語では,

妄(みだり)+想(空想)

で,事実でないことを空想して信じ込むこと,という。要は,

根拠のない主観的な想像

ということになるが,違う言い方をすると,

勝手な思い込み,思い入れ,

ということになる。それは,基本的に,一方的なものだ。だから,僕は,恋は,基本,

片思い

なのだと思う。

仮に,その妄想を相手が受け入れても,同じ妄想とは限らない。相手も相手の思い入れの妄想を描く。言葉ではつながらない。同じ言葉でも,その言葉の向こうに見ているものが違うのだから。

こういうとシニカルに聞こえるかもしれないが,永年連れ添ったからといって,

思いが重なる

とは限らない。重なっていると思い込むことはできる。むしろ,

重ならないズレ

をお互いが了解し合っている,というところに,年月の積み重なった智恵がある(のかもしれない)。


参考文献;
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)




今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:52| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください