2015年01月28日

敷居


「敷居」とは,

①地上に敷いて座る,筵の類
②古くは,閾。部屋の境の戸・障子・襖の下にあって,それを開け立てするための溝のついた横木

の意味で,ある意味,

門の内外を分けるために敷くもの

といってもいい。内と外の境界を意味していた。その対になるのが鴨居。

敷居ごし,

というと,隔てを意味するし,

敷居を跨げば七人の敵

というのも,その意味から来ている。閾値とか識閾というのは,境界を指す。



は,区切る,という意味だが,「門」の中の,「或」は,

領域を上下の境界線で囲んだカタチ+戈(ほこ)

で,区切りをしてその中を守る「域」の原字。「閾」は,「門+或」で,

門のところで内部と外部との区域を分けること

で,敷居の意味と区切る意味とがある。

昨今,「敷居が高い」の意味が,

「自分には分不相応」「手が届かない」
「高級(上品)すぎて入りにくい」

という,「ハードルが高い」「レベルが高い」と同じ意味で誤用されている,という。本来は,

不義理や面目ないことなどがあって,その人の家に行きにくい,
敷居を跨げない,

という自責の意味なのに,他責の意味に転じている。最近はやりの妖怪ウォッチのおかげて,自分の失敗やへまを妖怪のせいにするのと軌を一にする。問題の外在化そのものは悪くないが,他責までいっては,おのれを改めるという部分が消えてしまう。

しかし,実体として敷居が消えていけば,意味が変わっていくものかもしれない。

文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では,

http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2011_04/series_08/series_08.html

にあるように,「あそこは敷居が高い」を,本来の意味とされる「相手に不義理などをしてしまい,行きにくい」で使う人が42.1%,本来の意味ではない「高級すぎたり,上品すぎたりして,入りにくい」で使う人が45.6パーセントという。

もともと古い時代の日本の家屋は,開き戸かあげ戸が一般的で,引き戸ひいては引き戸に必要な敷居は用いられていなかった。敷居が一般化するのは,室町時代後期に個々の部屋を仕切る書院造が確立し,引き戸が用いられるようになってからであり,武家社会の浸透とともに普及した。礼儀作法において,敷居は踏んではいけないものとされているが,それほど古いものではない。

とあるように,この言葉自体がそんなに由緒あるものとは思えない。

小学館『大辞泉』編集部が集約した,

間違った意味で使われる言葉ランキング,

というのがあって,第一位は,ハッカーで,「コンピューターに侵入し,不正行為を行う人」ではなく,

インターネットやコンピュータに詳しい人,

という意味に代わって使われている。間違いではないが。。。第二位は,「確信犯」。「信念に基づいて『正しいことだ』と思い込んでする犯罪」ではなく,

悪いことであるとわかっていながらする犯罪

として使われがちだという。第三位は,「他力本願」は,

自分で努力するのでなく,他人からの助けに期待すること

で使われる。その意なら,他力本願したくなるわけだ。因みにも第四位は,「破天荒」。「いままで誰もしなかったことをする」ではなく,「豪快で大胆不敵」と矮小化されている。第五位は,「姑息な手段」の「姑息」。「その場逃れ」「医時事凌ぎ」ではなく,「卑怯」と意味が変わっている。第六位が,「失笑」。「可笑しさに堪えきれず,吹き出す」ではなく,「笑も出ないくらいあきれる」で使う。笑いを失う,という意味では,語意に忠実かもしれない。そして,第七位が,「敷居が高い」。ついで,「さわり」を,「話の最初の部分」と,「なしくずし」を,「物事をは少しずつ済ましていく」ではなく,「物事があいまいなまま進んでいくこと」。「悪びれる」を「気後れして卑屈な様子をする」ではなく,「虚性を張って悪事をしても悪いとは思わない態度をとる」に,変って使っている。「悪びれる」は,おおく,「悪びれない」という使い方をするので,こういう解釈になった。「なし崩し」は,僕自身も,「物事を少しずつ先送りして,帳消しにする」というニュアンスの意味で受け止めていた。

言葉は変化するので,意味が変るのは,当たり前だが,会話をしていて,自分の使った言葉が,自分の込めた意味かどうかは,注意深くなくてはならない。

会話は,後続する人が,どう返事するかで決まるので,修正できるが,文書の場合,世代が違えば,意味が変る,ということもある。

竿さす,

の誤用もそうだが,実体験に竿で船を操るところを見ていないと,文字だけで意味をとりがちになる。昔,

取りつくヒマがない,

を口癖にしていた先輩がいたが,「取り付く島がない」を耳でを覚えると,そういうことはある。

同様に,

言い間違いされる言葉ランキング

というのもあり,

第一位は,「途切れがちの会話などを,うまくつなぐことができない」の意味での,正しい「間が持てない」ではなく,「間が持たない」という使い方をする。第二位は,「声を荒らげる」ではなく,「声を荒げる」。つまり「ら」抜きである。第三位は,「足をすくう」を,「相手のすきをついて失敗させる」ではなく,「足もとをすくう」という意味で使う。喩えだったのだから,先祖返りみたいなものだ。ついで,「采配を振るう」ではなく,「「采配を振る」が正しい。「怒り心頭に発する」ではなく,「怒り心頭に達する」と使う。

こういうのは,「的を射る」を「的を得る」という言い方をするのに似て,実体験が無くなれば,音韻変化するのはやむを得ない。

最近,上にも出た,「食べれる,生きれる,来れる」という「ラ抜き言葉」,「書けれる」「読めれる」と余計な「れ」を足す「レ足す言葉」,「言わさせていただきます」「急がさせてすみません」と,「さ」を加える「サ入れ言葉」というのが,ことばの乱れを指摘する専門家の指摘するものだそうだが,いささか鼻白む。

「ら」抜きは,かなり古くから(江戸時代から)あったとする説もあり,別に誰も気にしなくなるだろう。尊敬語や謙譲語が礼儀上必要だったのは,身分社会の反映に過ぎない。それが簡素化していくプロセスで,余分になったり,不足したりすることはある。ほおっておけば,失礼な言葉は,消えていくだろう。

御苦労さま

は上から目線,

お疲れ様

が,どちらにもとれるニュートラル,というのが落ち着いてきたように。言葉に目くじらを立てるものは,言葉生きて使われているものだということを忘れている気がしてならない。

普通の人は,多分気にかけないだろう。なぜなら,最後に淘汰されたものだけが,文化の堆積の上に残ることを知っているから。

参考文献;
小学館の国語辞典『大辞泉』編集部
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000007379.html






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:36| Comment(0) | 言葉遣い | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください