2015年02月21日

感謝


感謝というのは,

有り難く感じて,謝意を評すること

という意味である。

ありがとう,

と言う。この「ありがとう」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163565.html

で書いた。別に,「お陰様」という言い方もする。これについても,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163470.html

に書いた。「お陰様」と「ありがとう」は,微妙な差がある。あるが,相手への感謝にかわりはない。

感謝は,

「感(感じる)+謝(礼をいう)」

だが,「感」は,

「心+咸」

「咸」は,戈で,ショックを与えて口を閉じさせること,

で,「緘(とじる)」の原字。で,「感」は,

心を強く動かすこと,

で,

強い打撃や刺激を与える,

という意を含んでいるようだ。だから,

強く心にこたえる(「感銘」)
強く相手の心を打つ
強く心にこたえるもの
神経の刺激によって得るもの,感じ,感覚
寒暑や環境のショックを受けること

といった意味になる。一方,「謝」は,

「射」が,はりつめた矢を手から離しているさま,
弓の緊張が解けてゆるむ

という意味で,「言」をつけることで,「謝」は,

言葉に表すことによって,負担や緊張をといて,気楽になること,

という意味になる。で,

あやまる,心の負担をおろしてせいせいできるように,礼,お詫びの意を表す(「謝謝」「謝礼」)
断る,言い訳をしてことわって心の負担をおろす(「謝絶」)
御礼,またはお詫びの気持ち,またはそれをあらわす金品(「薄謝」)
つげる,言葉を飾っていう
勢いが抜けてさる(「代謝」)
張りつめて開いた花や葉が,緊張を解いてぐったりする(「凋謝))
多謝,謝謝

という意味になる。

こう見ると,

ありがとうございます,
とか
お蔭様で

と言いつつ,実は,感謝と言うのは,する側の,心理的負担というか,心理的負い目というか,その借りを返すという心理がなくもないことを,鋭く,「謝」の字自体が示しているようである。

だから,確かに,感謝と言うのは大事だし,お蔭様でという気持ちも重要だが,そこに,当てにしているものがあるとすると,そこには下心があることになる。

ではなく,本心から,

ありがとう
あるいは,
お蔭様で,

と言える心性というのは,どういうものなのだろう。

たとえば,その関係そのものの中にいるのではなく,それを俯瞰する位置に自分を上げたとき,そこから見ると,感謝の意味が変わるのではないか。

誰かに,
とか,
何について,
とか,

ではなく,感謝自体の意味が見えてくる。そのとき,実は,

心の負担があるから,感謝するのではない,

逆に,

感謝すると,心に負担があったかのように感じる,

ということなのではないか。

心に負担はないが,

感謝した瞬間,

まるで心の負担が軽くなったような気持ちになる,と言うところが見えてくるような気がする。

つまり,感謝は,誰かのために,あるいは,何かのために,するのではなく,

感謝自体のために感謝する,

まるで心に何か負担があったかのように,その瞬間心が軽くなる。たとえば,

ありがとう,
あるいは,
お蔭様で,

と言うことで,あたかも,何かひとつ心の重荷が取れて,軽くなったような気になる。そういう効果が,あるということなのではないか。ということは,そう口に出せば出すほど,なにやら,

心が軽くなっていく,

そんな心地なのではあるまいか。







今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:19| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください