2015年03月11日

面白い


前に書いたかもしれないが,「面白い」(興味が感じられるという意味)の語源は,

「オモ(面)+白い」

で,顔面が白くなるのが語源とするの,がある。もう一つ説があって,

「面+著し」

で,顔の前がパッと明るくなる,という意味,という説がある。で,

「面白いは当て字という説や,どうも胡散臭いというので,教科書では,仮名書きにされていますが,これは語源に従った正しい書き方です。心に強く感じて,パッと顔の前が明るくなるような感情を,オモシロイというわけですから,面白いと書いて,合理的な表記です。」

と,補足説明がある。ネットの語源説明では,

「『面』は目の前を意味し,『白い』は明るくてはっきりしていることを意味した。そこから目の前が明るくなるような状態をさすようになり,目の前にある景色や美しさを指すようになった。さらに転じて,『楽しい』や『心地よい』等々の意味を持つようになり,明るい感情を表す言葉として使われるようになった。」

とあり,

「火を囲んで話をしていたところ,面白い話になると皆が一斉に顔を上げ,火に照らされた顔は白く浮かび上がったところからなどといった説」

を,俗説として退けている。しかし,そうだろうか。

『古語辞典』には,「面白し」について,

「オモは面,正面,面前の意。シロシは白し。明るい光景とか明るいものを見て,目の前がパッと開ける意。また気分の晴れ晴れとする意。それが音楽・遊興などの快さというようにひろまり,文芸・装飾その他に対する知的感興を一般に表すようになった。」

とある。

目の前がパッと明るくなる感じ,

というのは,

目の前がパッと開けた感じ,

でもある。それは,何も景色だけとは限らない,何かを見て,一瞬に世界が開く感じは,同じである。あるいは,何か思いついて,ひらめいた一瞬も視界が開いた感じがある。その意味で,囲炉裏で面白い話を聞いて,パッと眼前が開いた感じがしてもおかしくはない。

能の起源は,天の岩戸に引き籠った天照大御神の御心を捉えんとして,奏した神楽が,「申楽のはじめ」とされるそうだが,

「遊芸に愛で給ひて,大神岩戸を開かせ給ひし時,諸神の面,ことごとくあざやかに見て初めしを以て,『面白』と名付初められしなり。」

という,申楽起源に絡んだ「面白」語源説まである(『風姿花伝』)そうだから,日の前で,火に照らされてではないにしろ,パッと視界が開いた時に見せる表情そのものは,俗説とばかりはいえないだろう。

能芸論では,「面白し」を,

①岩戸前にて神に奏した神楽の遊びが納受されたときに起きた言葉であること
②それは「闇黒」から「明白」への開放・転換の形容語であること,
③それは,「うれし心」「歓喜」「微笑」といったものを内在させていること,
④表現としての「面白し」は,「闇黒」から「明白」へ,「うれし心」への契機を知的に捉えなおしたものであること,

とまとめて,

「面白とは,一点付けたる時の名也」
「明白となるは花,一点付けたるは面白なり」

という説もあるらしい。「一点付けたる」とは,点を一つ打つの意で,「事態を知的・客観的に捉えなおす」という意味らしい。よく分からないで言うのもなんだが,たとえば,書画を眺めていて,何か足りない気がして,点を付け足した,そうしたら面白い,となった,そんな感じであろうか。この段階では,それを「面白し」と言い得る,知的レベル,までに昇華されている,というべきか。

俗人には,ちょっと近づきがたいが,そのせいか,本来の「面白し」の意味は,

(景色や風物が明るくて)心が晴れ晴れするようだ
(気持ちが解放されて)快く楽しい
心惹かれる,感興がわく,

と,やはり知的である。一方,現代の「面白い」にも,『広辞苑』には,

(一説に,目の前が明るくなる感じを表すのが原義で,もと,美しい景色を形容する語)目の前が広々と開ける感じ

と,説明があって,

①気持ちが晴れるようだ,愉快である,たのしい,
②心が惹かれるさま,興趣がある,趣向がある,
③一風変わっている,滑稽だ,
④思い通りでこのましい(主に打消しの語をともなって,「面白くない」)

と,確かに「愉快系」にシフトしているが,しかし笑っているとき,我々の頭の中には,ひらめいたのと,似たことが起こっているのではないか。特に,落語の落ちや下げ,ジョークによって,とんでもないものがつながれ,むすびつけられたとき,一種視界が開く感覚がある。ああ,そうか,というように。それは,何かがひらめいた瞬間そっくりである。

それこそが,面白い,の真骨頂である。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
竹内整一『「おのずから」と「みずから」』(春秋社)





今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
ラベル:面白い
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:18| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください