2015年03月18日

きいたふう


「きいたふう」は,

利いた風

と当てるか,

聞いた風

と当てるかで違う(『広辞苑』)。同じく,

「きいたふうなことを言う」

でも,

「利いた風」なら,

気が利いていること,

になるし,

「聞いた風」なら,

いかにも物事に通じているように気取ること,
知ったかぶりで生意気なこと,

つまり,

なま聞き,半可通,

になる。しかし,どうも,どちらに当てても,

さも知っているような小生意気な様子,

を指して使う,とある(『語感の辞典』)。「風」が,そのニュアンスだから,「気が利いている」風であり,「知っている」風なのだろう。

ただ『語感の辞典』には,「古めかしく」とあり,

大学生にも通用しなくなった,

とある。昨今大学生は,知性のモデルではなく,病だれの「知性」の方だから,大学生が使わないからと言って,世間一般とは言い難い。むしろ「大学生にも」ではなく,「大学生には」なのではないか。

閑話休題。

語源的にも,

「利いた(ためした,物事に通じている)+風(様子)」

とあり,

わかりもしないのに,わかったような生意気な態度をする様子,

とある。

子曰く,道を聴きて塗(みち)に徳は,徳をこれ棄つるなり,

というのがとっさに浮かぶ。

衒う

というのがこれに当たるのだろう。「衒う」は,

(「照らふ」の意)かがやくようにする,見せびらかす,

という意味になる。「衒」の,「玄」は,

細くて見えにくい糸をあらわす,

といい,よく見えない,曖昧であるという意をもつ。「衒」は,「行+玄」で,

相手の目をごまかして,真相が見えないようにする行いのこと,

とある。だから,意識して,そうしている,という意味では,

すかす
とか
虚飾
とか
見栄
とか
体裁ぶる

とかに近い。顔や身なりを装うのと,知性を装うのとの違いに過ぎない。

類語は,

見識張る

というのが近いが,

曲学阿世

となると,追従にシフトしているので,若干ずれる。

管を以て天を窺う
とか
小知を以て大道を窺う

となると,井の中の蛙で,自覚していないから,さらにずれる。

おのれの分,

ということを意識する。つまり,

分け与えられた性質,地位,身のほど,力量,

の意味だ。天分,性分,分際,身分,分相応,という使い方をする,「分」である。「分」の字は,

「八印(左右にわかれる)+刀」

で,二つに分ける,意。

何と分けたのか,
何から別れたのか,

を考えるとき,知とは,世界から別れたことだ。しかし,見えている世界は,その別れ方,つまり,距離の取り方で異なる。同じく,全体の部分である,といっても,地上に立つのと,月から地球を見るのとは違う。

分を弁える,

とは,そういう意味だと思う。その距離が見えているかどうかが,聞いた風かどうかの別れ道なのだと思う。

由(子路)よ,汝に知ることを誨(おし)えんか。知れるを知るとなし,知らざるを知らざるとせよ。これ知るなり。

である。

参考文献;
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
貝塚茂樹訳注『論語』(中公文庫)
中村明『日本語語感の辞典』(岩波書店)





今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:10| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください