2015年03月19日

狷介


狷介とは,

頑固で自分の信じるところを固く守り,他人に心を開こうとしないこと。またそのさま。片意地。

と,一般の意味。『広辞苑』をみると,

「『狷』は,頑固,「介」は堅いこと。現在は多く悪い意味で使う,

と断りがあって,「固く自分の意志を守って人と妥協しないこと」という意味を書いている。確かに,狷介は,あまりいい意味には使わず,どちらかというと,とげとげしたと取り付く島のないイメージがある。しかし,『大言海』には,

「人の,おのれが分を守りて,不義をせざること,介は,精神の堅固にして抜くべからざること」

とあり,「人の性質に,頑なに志を執りて,情を容れず,聊かなる,不義,不正をも敢えてせざること」と,どちらかというと,志操堅固の意味が強い。

「狷」の字は,

「小回りしてせかせかとはしる犬,また小さく枠を構えて,その外へでないこと」

という原意があるようで,性急とか,片意地とか,鋭い,といったどちらかというといい意味を持たない。まあ,

心が狭い,

というニュアンスである。「介」の字は,

「人+八印(両脇にわかれる)」

で,両側に分かれること,とある。さらに,両側に分かれることは,両側から中の物を守ることでもあり,中に介在して両側を取り持つことでもある,という。だから,

はさむ(「介意」)
仲立ちをする(「仲介」)
助ける(「介助」「介護」)
両側から挟んで身を守るよろい(「介冑」)
鎧や殻のように固い(「耿介」耿)
両脇から孤立するさま,転じて大きい(「介立」)
ひとつ(「一介=一个」「一介」)

という意味になる。どちらかというと,挟んで仲立ちする意味なのに,「狷」と一緒になると,「堅い」とか「孤立」の意味が滲んでくるようである。『論語』の,

中行を得てこれを与にせずんば,必ずや狂狷か,狂者は進みて取り,狷者は為さざる所有るなり,

でいう「狷」は,

潔癖で強情な偏人,

と,貝塚茂樹注にある。中庸をベストとする孔子には,

中庸の徳たる,それ至れるかな,

という言葉がある。中庸とは,

偏らず常に変わらないこと,

とある。不偏不倚で過不及のないこと,

ともある。語源的には,「中(なかほど)+庸(かたよらない)」で,

物事の中ぐらいの節度を守る

ともある。

「中」とは,

もともと,旗竿を枠の真ん中に突き通した姿を描いたもので,真ん中の意。「突き通す」の意味があることを忘れてはいけないようだ。だから,

「決して過不及の中間をとりさえすればよいという意味ではない。」

ではないので,中途半端や足して2で割るというものではないようだ。そんな意なら埒もないことで,わざわざ言うに値しないだろう。

「庸」の字は,棒を手に持って突き通すこと。「通」と同じく,通用する,普通のという意を含む,とある。「通」の,「用」は,「卜(棒)+長方形の板」の会意文字で,「棒を板に通したことを示す会意文字。これに人を加えた「甬(よう)」は,人が足でとんとんと地板を踏み通すこと。「辶(足の動作)+甬」で,途中でつっかえ止まらず,とんと突き通ること,という意。

こうみると,実は,中庸は,それほど簡単ではない。貫き通す真ん中の位置が,常に通用するとはかぎらない,それでもそれを貫くから,

一以て貫く,

となるのだろう。現実と妥協しながら,生きていく人から見れば,それが時に頑なで頑迷固陋に見えるはずである。

四文字熟語の,

狷介固陋(かたくなに自分の意志を守って,人のことを受け入れないさま)

狷介孤高(自分の意志をかたくなに守って,他と協調しないさま)

というのも,その辺りの微妙なニュアンスを含んでする。僕には,儒学者・横井小楠の,

彼を是とし又此を非とすれば
是非一方に偏す
姑(しばら)く是非の心を置け
心虚なれば即ち天を見る

心虚なれば即ち天を見る
天理万物和す
紛々たる閑是非
一笑逝波に付さん

等々の詩は,そういう含意を持って,是非の二者択一ではない視点をいつも持つことを言っている。だから,勤皇派からは佐幕派に見え,佐幕派からは,勤皇派に見える。

人の生きるや直し

というのは,そういう貫いた軌跡を指しているに違いない。

参考文献;
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
貝塚茂樹訳注『論語』(中公文庫)
野口宗親『横井小楠漢詩文全釈』(熊本出版文化会館)








今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:48| Comment(0) | 立ち位置 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください