2015年04月10日

堅実に


「粛々と」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/416946633.html?1428437361

で書いた。ところが,「粛々と」

が不評(?)だから,というので,これからは,

菅官房長官は「粛々」を改め「適切に対応したい」
中谷防衛相も「堅実に進める」

と,表現に変えた,という。(もっとも,安部首相は,菅義偉官房長官の禁止発言から僅か2日で,国会答弁で「粛々」と発言したようだが,それも含めて)笑うしかないが,とても笑えないのである。

ちったぁ反省するなら,別の言いようもある。

「粛は,『自粛』のように行動などをつつしむ,「粛正」のように厳しく対処する,「静粛」のようにおごそか,静か、という意味で用いられる漢字。この「粛」を重ねた「粛々」は、静かなさま、おごそかなさまを表す言葉」(http://www.fleapedia.com/%E4%BA%94%E5%8D%81%E9%9F%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/%E3%81%97/%E7%B2%9B%E7%B2%9B-%E7%B2%9B%E3%80%85%E3%81%A8%E3%81%AF-%E6%84%8F%E5%91%B3/
等々と言われるのだから,

厳粛に,

か,あるいは,その含意を汲んで,

慎重に,

丁寧に,

謙虚に,

ならともかく,「堅実に」「適切に」とは,確実にそのまま進める,という意味でしかない。

「適切に」とは,

状況・目的などにぴったり当てはまる,
その場や物事にふさわしいことよく適合している,

という意味であり,「適合」とは,

ある条件や事情にぴったり当てはまること。である。その条件や事情が,民意や異論との適合でないことは,いままでの経緯からはっきりしている。

堅実とは,

手堅く確実なこと,
確かであぶなげのないこと,

つまりは,(妥協の余地なく)確実にしとげること,要は,

(いままで通り)やる(べき)ことを確実に,

と言っているだけだから,まあ,

有無を言わせず,

やることをやるということを,より露骨に,表明したに過ぎない。

「堅実」の「堅」の字の,「臤」は,臣下のように,体を緊張させてこわばる動作を示す。それに「土」を加えて,

固く締まって,壊したり,形を変えたりできないこと,

という意味である。「実」(「實」)は,「宀(やね)+周(いっぱい)+貝(たから)」で,

家の中に財宝を一杯満たす意,中身が一杯で書け目がないこと,

で,実る,とか,みちる,という意味になる。つまりは,形を変えられないほど膨らんでいる,という意味にもとれる。

「適」の字の,「啇」は,啻(ただ)の変形したもので,一つにまとめる,真っ直ぐ一本になった,という意を含む,という。それに「辶」(足の動作)を加えた「適」は,

真直ぐに一筋にまともに向かう,

という意味になる。

いずれの語意をひもといても,要は,何があってもひたすら突き進むという真意を,まあ,露骨に言い換えただけだ。こういうのを,

語るに落ちる,

と言うのではあるまいか。

それにしても,この政権が権力を握ってから,話し合って何事をも決める,ということを全くと言っていいほど,しようとしない。それについては,ほぼ一貫した政権だ。稀に,被爆者の声を聞いたかと思うと,

見解の相違,

と切り捨てる。思えば,議論を戦わす,ということは,一切なくなったのではないか。

真意が伝わっていない,

ということを言い,

丁寧に説明する,

というが,「丁寧に説明する」ということが(丁寧に)説明することだと思っているとしか見えない。あるいは,

平然と噓を言う,

ことすら憚らない。よく聞いていると,ただ,

俺の言うこと(だけ)を聞け,

と言っているようだ。異論は,受け付けない。受け付けた例はない。終始一貫,

日本を取り戻す,

の路線を邁進している。それは,戦後レジームからの脱却ではなく,戦前への回帰であるとしか見えない。その追随者は,よほど戦前おいしい思いをしていた(裔)のだろう。その味が忘れられないに違いない。そう思うほか,この数年の進め方を理解のしようはない。

国民の意見を丁寧に聴く,

という手続すら,まっとうに踏まず,国会の議論は,

ニッキョウソ,ニッキョウソ,

と,ネトウヨそのものの野次で,質問者の質問を聞いていないか,すりかえて,たまに的を射たことを言われると,

逆切れ

し,議論を積み重ねないまま,閣議決定で,いわば,

こそこそと,

決定を積み重ね,国民を蚊帳の外に置いたまま,

秘密保護法,

をはじめとした

集団的自衛権,
戦争立法,
原発再稼働,

等々,これからは,

日米ガイドライン改訂,
派遣法改悪,
残業代ゼロ法案,
首切り自由化法案,
10%への消費税アップ,

等々,国民の間はおろか,国会ですら,まっとうに議論を尽くそうしたとは見えないし,これからもするようには思えない。そもそも真摯な質問に,

嘲笑
か,
野次
か,
すりかえ
か,

か,
居眠りする

姿しか,テレビで見たことはない。ひたすら閣議で決めたことを,それこそ,

粛々と,

失礼,

堅実に,

手続の瑕疵がないことにだけ心がけて進めているように見える。批判を封じるためか,

メディアとの頻繁な会食,
メディアへの介入,

を繰り返し,メディアを幇間化していく。まさに,

常軌を逸している,

としかいいようがない。しかし,ほぼ,大半は,

無関心

である。無関心は,

容認,

であるという自覚があるのかどうかは知らない。

いまだけ,
かねだけ,
じぶんだけ,

の狭い範囲に,自閉している。その方が気楽だろう。しかし,

子のある親は,

子の未来にも,関心がないのだろうか。

ツイッターで,

20130729麻生「ナチスの手口に学べ」
20141226石破「戦争をするにあたって」
20150316三原「八紘一宇」
20150320安倍「我が軍」
20150325菅 (我が軍は)「誤りにはまったく当たらない」

と,並べてみた人がいる。言外の意図がはっきり見える。杞憂だろうか。杞憂であろうと,予兆にはリスクヘッジをするものだ。2000年問題への備えを笑った人がいたが,杞憂に終わったと笑えるのは,それに備えたからだ。いま,それに備えている人が何人いるのか。

せっかく戦後,

民があってこそ国がある,

に変ったのに,いまや,

国があってこそ民がある,

に逆回転しようとしている。そのつけは,子供の世代が,身をもって払うことになる。それを承知の上なら,もはや何をか言わんや,老耄のやつがれは,

お先に失礼,

するばかりである。








今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 04:48| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください