2015年05月08日

やま



023-mountain-2000-color.jpg


やまは,



だが,

山を掛ける,
とか
山を張る,
とか
山を当てる,
とか
山勘,

という言い方の「山」は,どこからきているのだろう,直感では,

山勘

の山が,山師から来ているのではないか。山師は,

鉱山師の略,

とある(『大言海』)。つまり,

鉱物の鉱脈を探っている人,

となるが,山事,つまり,

投機的または冒険的な事業,

をしている人から来ているのだろうか。

山勘,

は,あてずっぽうという意味だが,語源には諸説があって,

例の山本勘助から来ている,という説,
山を掛けた,勘,という説,
山師の勘,という説,

と,(山本勘助説は,山を張るが使われ出した近世以降とは時代が合わないので)どうも堂々巡りする。そのそも「やま」というのは,

野や里に対して,人の住まない所,

という意味で,語源的にははっきりせず,

「ヤマの二音節を分析せず,一語其のものとしてみる」

として,

高くそびえ,盛り上がったところがやま,

である。

神が降下し,また神が領有する神聖な地として信仰の対象,

とされ,近畿では,都を守る山として,比叡山を指す。よく,山車や山鋒を,

やま,

といったりするのは,そこから来ている。「やま」の意味は,

平地より高く隆起した地塊。通例,丘より高いもの,

を言う。で,山になぞらえて,

うず高く盛ったもの,
や物事の絶頂,

といった用例の他に,

(山師の仕事のように)万一の幸を願ってすること,

というのがある。「やま」のもつそういう意味は,

鉱山師が,やま(鉱山)を賭ける,

という意味から派生したとみるのが順当なのだろう。いまや,山師は,

ペテン師,

とほぼ同義になっている。

やま

自体は,本来神聖なもので,山そのものがご神体と考えてきたのだから,ある意味,そういう信仰心の薄れたところから,山自体が,投機の対象に堕した時期以降に,「山勘」の「やま」の意味が生まれたのだろう。

かつては,

山上がり,

という言葉があり,野辺の喪屋に忌籠りする意味の,「山」であった。いまや,たとえば,

山出し,

は,

山から材木・薪・炭などを運び出すこと。またその運び出したものや運び出す人足
田舎の出身であること。田舎から出てきたままで洗練されていないようす。

という意味だが,本来は,「やまいだし」で,

山から運び出す,

という意味である。後者の田舎者は,江戸時代以降である。戦国期を抜けて,山は,いつの間にか,金儲けの対象であり,山は,それにつれて,意味が蔑視に変っていくように見える。

宝の山

ごみの山

借金の山

となり,

山分け

の山に成って行く。山勘は,あるいは,鉱山師の目利きを意味したのかもしれない。しかし,山のイメージが変るにつれて,いかがわしい意味に堕していった,そんなことを想像してみる。






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 04:53| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください